電子書籍サービスのおすすめ24選を徹底比較!目的別のおすすめサービスも

電子書籍サービスのおすすめ24選を徹底比較!目的別のおすすめサービスも

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

電子書籍サービスを利用すれば時間や場所を気にせず、手軽に本を読むことができます。各社が独自のサービスを展開しており、魅力的な特典が溢れていますが、実際にどのサービスが自分に適しているかわからない人も多いでしょう。

この記事では、数多くある電子書籍サービスから自分に適したサービスを比較検討したい方へ向けて、各サービスの内容やおすすめサービスを紹介します。この記事を読むことで、電子書籍サービスの選び方や各種サービスの内容、電子書籍のメリット・デメリットがわかります。

電子書籍をおすすめしたい人

便利な電子書籍ですが、実際にどのようなシチュエーションでその利便性を発揮するのでしょうか。

主に下記3つに当てはまる人は電子書籍の利用をおすすめします。

時間と場所を気にせず本を読みたい人

電子書籍サービスは、時間と場所を選ばず自由に本を楽しむことができます。

特に通勤通学などの移動時間にスマートフォンやタブレットを使用して読書ができるため、重い紙の本を持ち運ぶ負担がなくなります。混雑した電車や狭い空間でも気軽に読書が可能であるため、通勤時間を有効活用してビジネス書を読むことで仕事の前に勉強ができたり、帰宅時には漫画を楽しむことでリラックスや日々の疲れを癒やすことができます。

電子書籍サービスは、日常生活におけるスキマ時間を賢く活用し、読書習慣を豊かにするための素晴らしい手段と言えるでしょう。

できるだけお得に本を購入したい人

漫画や雑誌をもっと安く購入したいのであれば、電子書籍の利用がおすすめです。

電子書籍サービスには、ポイント還元、キャッシュバック、特別な値引きキャンペーンなど、さまざまな特典があります。特にdポイントや楽天ポイントなど、普段から使っているポイントサービスを提供している電子書籍では、読書で得たポイントを日常のショッピングに活用できます。

さらに、ポイントサイトを通じて電子書籍を購入すると、ポイントサイトと電子書籍サービスの両方からポイントがもらえます。二重にポイントを取得することで、さらにお得に漫画や雑誌を楽しむことができるでしょう。

本を置く収納スペースがない人

電子書籍サービスは、自宅の収納スペースが広くない人にとって非常に便利です。紙の書籍と違い、電子書籍は物理的な保管スペースを必要とせず、アプリやオンラインで簡単に管理できます。これにより、部屋が狭くなる心配や、家族による勝手な使用や紛失のリスクがなくなります。また、読み終わった後や不要になったときに処分する手間も省くことができ、頻繁に引っ越しをする人にもおすすめできます。

電子書籍サービスの比較ポイント3つ

電子書籍サービスは数が多く、どのサービスが自分に適しているのかわからない人もいるでしょう。悩んでいる人は3つのポイントに絞って比較検討してみてください。

取り扱い数・ジャンルで比較する

1つ目のポイントは、取り扱っている冊数やジャンル数で比較することです。サービスによって取り扱っている電子書籍の冊数は異なります。また、雑誌の取り扱いがメイン、漫画のシェアが大きい、小説の品揃えが豊富などサービスによって特色は千差万別です。

自分が電子書籍サービスを通して読みたいジャンルはどれか、そのジャンルにおける取り扱い冊数は他のサイトとどの程度変わるのかを比較しながら検討すると良いでしょう。

利用料金で比較する

2つ目のポイントは、各電子書籍サービスの利用料金を比較することです。月額料金制なのか、必要なときに専用ポイントを購入するのか、サービスによって料金体系は異なるため必ず確認しましょう。

また、サービスごとに利用できるクーポンやキャンペーン、ポイントの還元率は異なります。クーポンの配布回数が多いタイミングや、好きなジャンルにまつわるキャンペーンが積極的に企画されているのかも判断材料に入れてみましょう。日頃使っているポイントを利用できるのであれば、普段のお買い物で貯めたポイントを有効活用できるかもしれません。

使いやすさで比較する

3つ目のポイントは、サイト自体の使いやすさを比較することです。サイトの作り込みは電子書籍サービスごとに異なります。せっかくストレス発散を目的にサービスを利用していたとしても、使いづらくて余計にストレスが溜まってしまうかもしれません。

使い勝手は登録して見てみないとわからないため、まずは無料で会員登録するなどして実際に利用することをおすすめします。

目的別、あなたにピッタリの電子書籍サービスを紹介

ここからは、ジャンルごとに特徴をまとめたおすすめ電子書籍サービスを紹介します。漫画をメインに楽しみたい人、ラノベや小説をメインで読みたい人、といったようにジャンル分けをしているため、利用目的に沿って各サービスを比較検討してください。

漫画メインで読む人におすすめサービス5選

サービス月額料金読み放題プラン冊数
ブック放題550円(税込)あり漫画60,000冊以上雑誌800誌以上
スキマ無料(広告/待ち時間あり)あり漫画32,000冊以上
シーモア読み放題ライト:780円(税込)フル:1,480円(税込)ありライト:漫画25,638タイトル / 68,656冊フル:漫画66,544タイトル / 154,443冊
BOOK☆WALKER836円(税込)あり漫画30,000冊以上漫画雑誌90誌以上
FODプレミアム976円(税込)あり漫画700,000冊以上雑誌200誌以上

漫画を中心に読みたい方には、月額料金、掲載漫画の冊数、使い勝手を総合的に考慮してブック放題が特におすすめです。

掲載漫画の量では、シーモア読み放題フルタイプが最も多くの漫画を提供しているため、お気に入りの作品を見つけやすいでしょう。

また、料金を重視するなら、基本料金無料のスキマが適していますが、広告や待ち時間がある点を考慮する必要があります。最新の漫画雑誌を読みたい方にはBOOK☆WALKERが、漫画だけでなく動画も楽しみたい方にはFODプレミアムが適しています。

ラノベ・小説メインで読む人におすすめサービス5選

ラノベ・小説をメインで読む人におすすめのサービスは以下の通りです。

サービス月額料金読み放題プラン冊数
BOOK☆WALKER1,100円(税込)あり20,000冊以上
Kindle Unlimited980円(税込)あり40,000冊以上
シーモア読み放題ライト/780円(税込)フル/1,480円(税込)ありライト/1,400冊以上フル/2,800冊以上
auブックパス618円(税込)あり200冊以上
U-NEXT2,189円(税込)ありラノベ50,000冊以上

月額利用料金、掲載冊数から考えると最もおすすめのサービスはKindle Unlimitedでしょう。月額料金は1,000円以下であるにも関わらず、掲載冊数は40,000冊以上と豊富な品揃えが魅力的です。次点でBOOK☆WALKERをおすすめします。こちらも掲載冊数が20,000冊以上と豊富な品揃えを目玉として押し出しています。

シーモア読み放題はプランによって掲載冊数に違いはあるものの、十分な数のラノベ・小説が掲載されているため、ライトプランでも十分に楽しめるでしょう。

月額料金の安さではauブックパスが安いですが、取り扱っている冊数がそれほど多くないため、注意が必要です。

U-NEXTはオリジナル小説も含めた独創性のあるサービスが特徴です。動画も合わせて楽しめるなど、幅広いサービスを受けたい人におすすめできます。

雑誌メインで読む人におすすめサービス5選

雑誌をメインで読む人におすすめのサービスは以下の通りです。

サービス月額料金読み放題プラン冊数
楽天マガジン418円(税込)あり雑誌1,400誌以上
dマガジン580円(税込)あり雑誌1,400誌以上
ブック放題550円(税込)あり雑誌800誌以上漫画60,000冊以上
Kindle Unlimited980円(税込)あり雑誌280誌以上総合200万冊以上
auブックパスマガジンコース:418円(税込)総合コース:618円(税込)あり雑誌370誌以上

月額料金の安さと雑誌の取り扱い冊数で見ると、楽天マガジンがコストパフォーマンスに優れています。6,000冊以上の豊富なバックナンバーを含む掲載数で、価格も非常にリーズナブルです。

dマガジンも似たサービスを提供しており、料金面では楽天マガジンに次ぐ位置にありますが、ブック放題とほぼ同じ料金設定で、雑誌の掲載数は少なめです。

Kindle Unlimitedは雑誌の掲載数は少ないものの、雑誌以外の書籍の取り扱いが非常に多く、多様な読書ニーズに応えることができます。auブックパスのマガジンコースは、掲載数は少ないですが、その格安な料金設定が魅力的です。

子どもと一緒に楽しめるおすすめサービス5選

子どもと一緒に楽しめるおすすめのサービスは以下の通りです。

サービス月額料金読み放題プラン冊数
Kindle Unlimited980円(税込)あり要問い合わせ
Amazon Kids+980円(税込)※プライム会員は480円(税込)あり1,000冊以上
PIBO(ピーボ)480円(税込)あり360冊以上
森のえほん館360円(税込)あり500冊以上

Amazon Kids+は、絵本だけでなくビデオや学習用アプリも利用でき、子どもの教育に幅広く対応しています。

PIBOはプロによる読み聞かせ機能があり、年齢に応じた絵本を選ぶことができます。

森のえほん館は、読書時にBGMや効果音が流れ、臨場感あふれる体験ができるサービスです。

ビジネス書籍メインで読む人におすすめサービス5選

ビジネス書籍をメインで読む人におすすめのサービスは以下の通りです。

サービス月額料金読み放題プラン冊数
Kindle Unlimited980円(税込)あり120,000冊以上
BOOK☆WALKER1,100円(税込)あり要問い合わせ
BookLive!500円(月額ポイント500)
1,000円(月額ポイント1000)
2,000円(月額ポイント2000)
3,000円(月額ポイント3000)
5,000円(月額ポイント5000)
10,000円(月額ポイント10000)
なし非公開
auブックパスマガジンコース:418円(税込)
総合コース:618円(税込)
あり雑誌370誌以上

Kindle Unlimitedは、豊富な品揃えと手頃な月額料金を兼ね備えたおすすめの電子書籍サービスです。120,000冊以上の幅広い書籍が揃っており、様々な情報や知識を得るのに適しています。

auブックパスは、Kindle Unlimitedほどの書籍数はありませんが、他サービスと比べても品揃えは豊富で、月額料金も手頃です。

BookLive!に読み放題プランはありませんが、必要な書籍を選んで購入できるため、特定の本を求めている人に適しています。

auブックパスは、掲載数は少なめですが、月額料金が低く設定されているため、電子書籍サービスを初めて使う人にも挑戦しやすいサービスです。

電子書籍サービス24選を徹底比較

おすすめの電子書籍サービス24選を徹底比較します。

各サービスの特徴・料金形態などを参考にして、自分に合ったサービスを見つけましょう。

サービス読み放題プラン料金形態扱うジャンル特徴
楽天マガジン月額プラン年額プラン月額プラン:418円(税込)
年額プラン:3,960円(税込)
ファッション
ライフスタイル
グルメ
トラベル
スポーツ
アウトドア
IT
ガジェット
ビジネス
経済
ニュース
週刊誌
生活・暮らし
料理
初めての登録なら初回31日間無料、楽天ポイントが使える・貯まる
dマガジン月額プラン月額プラン:580円(税込)週刊誌
月刊誌
女性誌
男性誌
趣味など
複数端末でサービスを利用できる
auブックパス総合コース
マガジンコース
総合コース:618円(税込)
マガジンコース:418円(税込)
漫画
一般雑誌など
電子書籍の購入もでき、Pontaポイントが使える・貯まる
ブック放題月額プラン月額プラン:550円(税込)一般雑誌
旅行ガイド
漫画
雑誌も漫画もジャンル別に検索できるため使い勝手が良い
スキマプレミアム会員月額:528円※2024年3月現在はサービス終了(無料会員のみ継続)漫画全般無料で読んだページ数に合わせて電子マネーや現金と交換できるポイントが付与される
めちゃコミック月額コース購入するポイント数によって変動※詳細は後述漫画
オリジナル作品
購入商品は退会後でも読める
BOOK☆WALKERマンガコースMAXコースマンガコース:月額836円(税込)
MAXコース:月額1,100円(税込)
マンガコース:漫画、雑誌
MAXコース:ライトノベル、文芸、実用書
角川文庫のグループが運営しているため品揃えが豊富
KindleKindle Unlimited月額980円(税込)漫画
雑誌
書籍全般
Kindle端末以外の端末でも豊富な電子書籍サービスを楽しめる
Amebaマンガ月額プラン購入するポイント数によって変動※詳細は後述漫画
オリジナル作品
漫画を読むと貯まるポイントが50種類以上の他サービスポイントに変換できる
まんが王国月額コース購入するポイント数によって変動※詳細は後述漫画運営開始から18年の実績が特徴
BookLive!月額コース電子書籍の購入金額による漫画
ライトノベル
雑誌
毎日引けるクーポンガチャなどお得に読むためのキャンペーンが豊富
Prime Reading月額プラン年額プランAmazonプライム会員
月額プラン:600円(税込
)年額プラン:5,900円(税込)
小説
ビジネス本
実用書
漫画
雑誌
洋書など
プライム会員の特典であるため、会員になるとプライムビデオなども楽しめる
Renta!なし電子書籍の購入金額による漫画全般購入とレンタルのどちらも利用できる
U-NEXT月額プラン月額:2,189円(税込)漫画全般会員登録をすることで動画も見放題になる
マンガ図書館Z無料会員プレミアム会員プレミアム会員:月額330円(税込)漫画全般
※プレミアム会員は成人向け作品もあり
お気に入りの作品を本棚に登録することですぐにアクセスできる
コミックシーモア月額メニュー購入するポイント数によって変動
※詳細は後述
漫画全般作品ごとに評価レビューがあるためお気に入りが見つかりやすい
読み放題プレミアム月額プラン月額:550円(税込)漫画
ファッション誌
旅行ガイド
実用書
2024年3月31日で既存の読み放題プレミアムプランは終了する
FODプレミアム月額コース月額:976円(税込)漫画
雑誌全般
メインは動画視聴サービス、雑誌は読み放題だが漫画は買い切り型
Fujisanタダ読み無料雑誌全般雑誌の買い切り型サービスがメイン
楽天Koboなし電子書籍の購入金額によるコミック
小説
ビジネス書
ラノベ
BL・TL
雑誌
洋書など
電子書籍の買い切り型サービス、楽天ポイントが使える・貯まる
hontoなし電子書籍の購入金額による漫画
コミック
文庫
小説・文学
ライトノベル
経済
ビジネス
暮らし
実用
児童書
絵本など
丸善やジュンク堂、文教堂などとポイント連携が行えるサービス
紀伊國屋書店ウェブストアなし電子書籍の購入金額による和書洋書紀伊国屋書店が運営する買い切り型サービス
ピッコマ月額コース購入するポイント数によって変動
※詳細は後述
漫画
全般
豊富な品揃えとオリジナル作品の充実さがポイント
マンガBANGブックスなし電子書籍の購入金額による漫画全般お得なキャンペーンや購入金額の50%がポイント還元される

楽天マガジン

豊富な品揃えと便利なポイント利用が魅力

楽天マガジンは、楽天市場などのサービスで有名な楽天グループが運営している電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 雑誌全般を幅広く取り扱っており、人気雑誌が常時6,000冊以上(バックナンバー含む)読み放題です。また、楽天ポイントを料金の支払いに使えたり、利用金額に応じて貯まったりします。

・料金プラン

 利用料金は月額プランと年額プランに分かれています。各プランの金額は以下の通りです。

 月額プラン:418円(税込)

 年額プラン:3,960円(税込)

 年額プランを利用すると、月額プランの料金を支払い続けるより年間で1,056円お得です。

 初めてサービスを利用する人は、初回31日間は無料で利用できます。

・登録方法

 登録時に楽天IDでログインが必要です。

・おすすめしたい人

 楽天のサービスを日常的に活用している人

 楽天ポイントを有効活用したい人

・取り扱っているジャンル

 ファッション・ライフスタイル、グルメ・トラベル、スポーツ・アウトドア、IT・ガジェット、ビジネス・経済、ニュース・週刊誌、家事・インテリア

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

dマガジン

複数端末でサービスを利用できる

dマガジンは携帯電話キャリアのNTTドコモが運営している電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 最新号、バックナンバー含めて3,300冊以上が読み放題であり、スマートフォンやタブレット、パソコンと複数端末にわたってサービスを利用できます。

・料金プラン

 月額プランが用意されています。料金は次の通りです。

 月額プラン:580円(税込)

 これから初めてサービスを契約する場合、契約日から31日間は無料でサービスを利用できます。無料期間中にサービスを途中解約した場合、利用料金は発生しません。

・登録方法

 ドコモ回線を契約していなくてもサービスを利用できますが、dアカウントの会員登録が必要です。dアカウントにログイン後、会員登録が発生します。

・おすすめしたい人

 ドコモユーザーの人、dポイントを日常的に利用している人

・取り扱っているジャンル

 週刊誌・月刊誌、女性誌、男性誌、趣味に関する雑誌など

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

auブックパス

Pontaポイントの活用におすすめ

auブックパスは携帯電話キャリアのauが提供している電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 100万冊以上の豊富な品揃えと、無料で読める本や値引きクーポンが魅力です。また、Pontaポイントを書籍の購入やサービス利用時に利用でき、支払額に応じてポイントを貯められます。

・料金プラン

 auブックパスには、雑誌やコミック、実用書が読み放題になる総合コースと、雑誌だけ読み放題になるマガジンコースの2つのプランが用意されています。各料金は次の通りです。

 総合コース:月額618円(税込)

 マガジンコース:月額418円(税込)

 一方で、買い切り型サービスとして利用したい場合は、読みたい書籍の料金を支払う必要があります。

・登録方法

 サービスを利用するにあたって、au IDの登録が必要です。au以外のキャリアを利用している方でも本サービスは利用できます。

・おすすめしたい人

 auユーザーの人、Pontaポイントを日常生活の中で頻繁に利用している人

・取り扱っているジャンル

 コミック・雑誌・実用書・小説など

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

ブック放題

漫画の取り扱い数はトップクラス

ブック放題は掲載数の多さでは、他の電子書籍サービスの中でもトップクラスの電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 ブック放題は雑誌800冊以上、漫画60,000冊以上、100誌以上の漫画雑誌など、豊富な品揃えをお手ごろな月額料金で楽しめます。利用端末にダウンロードすると、オフライン状態でも漫画が読めるため、費用や時間を気にせずサービスを利用できる点が特徴です。

・料金プラン

 月額プランが用意されており、料金は次の通りです。

 月額プラン:550円(税込)

 また、初めてサービスを利用する人は、初回1ヵ月分の利用料金が無料になる特典がついています。

・登録方法

 メールアカウントをはじめ、My SoftBank ID、SNS(LINE、Facebook、X)、Apple IDを用いて会員登録できます。

・おすすめしたい人

 雑誌も漫画も楽しみたい人。お得に電子書籍にアクセスしたい人

・取り扱っているジャンル

 週刊誌・ファッション誌・実話誌・ビジネス誌、旅行ガイド、漫画など

・口コミ

View post on Twitter

スキマ

漫画に特化したポイ活サービス

漫画全巻ドットコムやまんが王を運営しているTORICOが展開している電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 読んだページ数によってポイントが付与されますが、このポイントがギフトカードや電子マネー、現金に交換できるため、漫画を読むことでお得になる魅力たっぷりのサービスです。また、話題の人気作品が無料で読めるキャンペーンが毎日実施されているため、お得に漫画を楽しめます。

・料金プラン

 会員登録は必要ですが、基本的には無料会員としてサービスを利用できます。作品の中には「待てば無料」として、1話読むと次の話は24時間のチャージ後にしか読めない設定の作品も用意されています。

 もし、作品を閲覧中に表示される広告を非表示にしたい場合は、プレミアム会員として月額528円(税込)を支払わなければなりません。

・登録方法

 メールアドレス、もしくはGoogleアカウント・Yahoo! JAPAN ID・Apple IDやSNS(LINE、X、Facebook)を利用して会員登録しましょう。

・おすすめしたい人

 漫画を読んで更にポイントを稼ぎたい人

ポイ活と漫画の2つを楽しみたい人

・取り扱っているジャンル

 少年漫画、少女漫画、青年漫画、女性漫画

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

めちゃコミック

CMでも有名な漫画サービス

「めちゃコミ」としてCMでもおなじみの電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 豊富な作品数はもちろんのこと、オリジナル作品や毎日無料の作品を取り扱っています。スマートフォンやパソコンの専用アプリを必要としないので、いつでもいつまでも読める点が特徴です。特に一度購入した電子書籍は退会後も引き続き読める点は嬉しいサービスです。

・料金プラン

 月額コースとして自分に必要なポイントを購入し、保有するポイントに応じて欲しい漫画を購入します。コースの料金は以下の通りです。

料金(税込)ポイントボーナス
330円300ポイント 
550円500ポイント+50ポイント
1,100円1,000ポイント+200ポイント
2,200円2,000ポイント+450ポイント
5,500円5,000ポイント+1,200ポイント
11,000円10,000ポイント+2,500ポイント
22,000円20,000ポイント+6,000ポイント

・登録方法

 メールアドレス、Yahoo! JAPAN ID、Amazon ID、Googleアカウント、SNS(LINE、Facebook)を利用して会員登録します。

・おすすめしたい人

 各漫画にレビューが表示されるので、安心して漫画を楽しみたい人

・取り扱っているジャンル

 少年漫画、少女漫画、青年漫画、女性漫画

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

BOOK☆WALKER

大手出版社らしい品揃えが特徴

KADOKAWAグループが運営している電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 漫画をはじめ、雑誌やラノベの品揃えも充実しており、幅広い分野の作品を楽しめる点が魅力的なサービスです。読み放題作品の中にもイチオシ商品の特集が組まれていたり、出版社シリーズの特集が組まれていたりと、見やすいジャンル分けがサービスとしての使いやすさを感じられるでしょう。

・料金プラン

 読み放題の種類に応じた2つの読み放題プランが用意されています。1つは漫画と雑誌のみが読み放題になる「マンガコース」、もう1つはマンガコースにラノベや文芸書・新文芸書、実用書が読み放題に追加された「MAXコース」です。各プランの月額料金は以下の通りです。

 マンガコース:月額836円(税込)

 MAXコース:月額1,100円(税込)

また、各プランともに初めてサービスを利用する人に向けて14日間の無料お試しキャンペーンが提供されます。支払方法は以下の通りです。

 支払方法コイン
Web・クレジットカード
・BOOK☆WALKERコイン
・ニコニコポイント
・キャリア決済
・キャッシュレス決済
・ペイディ
・楽天Edy
・LINE Pay
・モバイルSuica
・BIT CASH
100~90,000円まで購入できる
※1回の購入で最大90,000円まで
※コンビニ決済を利用する場合、1,000~20,000円まで一度に購入できる

一度に10,000円ごとの購入で300円分のおまけがつく

おまかせオートチャージを申し込むと、毎日20時にコイン残高が3,000円を下回れば10,000円のコインが自働購入される
Androidアプリ購入したコインでしか支払いできないGoogle Play決済で購入可能Androidアプリ内では1回につき最大100~90,000円まで購入できる
iOSアプリApple ID決済のみ利用可能 

・登録方法

 メールアドレスのほか、GoogleアカウントやApple ID、ニコニコID、Yahoo! JAPAN ID、dアカウント、SNSアカウント(LINE、X、Facebook)で会員登録が必要です。

・おすすめしたい人

 漫画だけでなく、雑誌や実用書を含めた幅広いジャンルを楽しみたい人

・取り扱っているジャンル

漫画、雑誌、ライトノベル、文芸、実用書など

View post on Twitter
View post on Twitter

Kindle

Amazonの人気サービス

KindleはAmazonが提供している電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 KindleはAmazonが提供しているだけあって品揃えが豊富です。また、読み放題プランとしてKindle Unlimitedが設けられているなど、買い切り型、読み放題型のどちらのニーズにも応えられるサービス設計が魅力的です。

・料金プラン

 読み放題プランであるKindle Unlimitedの月額料金は以下の通りです。

 月額:960円(税込)

 こちらのプランについても、初回30日間は無料でサービスを利用できます。

・登録方法

 Amazonアカウントを作成して利用申請します。

・おすすめしたい人

 Amazonサービスを日常的に利用されている人

・取り扱っているジャンル

 漫画、一般雑誌など

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

Amebaマンガ

お得なキャンペーンがたくさん

Amebaマンガは、人気SNSのAmebaブログを展開しているサイバーエージェントが提供している電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 国内の主要ポイントに交換できるマンガポイントを活用している電子書籍アプリです。交換先は50種類以上あるにもかかわらず交換手数料は無料であるため、ポイントをお得に貯められる、使える点が特徴のサービスです。

・料金プラン

 買い切り型サービスですが、書籍の購入に必要なポイントを月額で購入できます。

・登録方法

基本的にはアメーバIDの作成が必要です。アカウント作成時にはメールアドレスも用意しましょう。また、アメーバIDがない場合、次のSNSやアプリのアカウントでも登録できます。

・LINE ID

・Xアカウント・Yahoo! Japan ID

・Google アカウント

・Facebookアカウント

・Apple ID

・おすすめしたい人

マンガコインと交換できるポイントが多数揃えられているため、お得にポイント活動をしながら漫画を読みたい人

・取り扱っているジャンル

 漫画全般

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

まんが王国

漫画の購入ならお得感No.1

まんが王国は、読みたい作品がきっと見つかる豊富な品揃えが特徴の電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 買い切り型サービスとしてお得感No.1を押し出しているため、ポイント還元率が他の電子書籍サービスと比較しても高く設定されています。購入金額に応じてポイントが還元されたり、漫画を読むためにポイントを使っても還元されたりと、とにかくポイントが貯まりやすい点が特徴です。

・料金プラン

 買い切り型サービスですが、月額コースも用意されています。内容は以下の通りです。

コースポイント(税込金額)ボーナスポイント
月額まんが 300300(330円)-
月額まんが 500500(550円)+50
月額まんが 1,0001,000(1,100円)+150
月額まんが 2,0002,000(2,200円)+500
月額まんが 3,0003,000(3,300円)+780
月額まんが 5,0005,000(5,500円)+1,400
月額まんが 10,00010,000(11,000円)+3,000

・登録方法

 メールアドレス、Apple ID、楽天IDを利用して会員登録します。

・おすすめしたい人

 サービス提供を17年続けているため、安心してサービスを利用したい人におすすめします。

・取り扱っているジャンル

 漫画全般

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

BookLive!

漫画に特化したサービスとして根強い人気

BookLive!は、TOPPANグループやカルチュア・コンビニエンス・クラブなどから出資を受けて運営されている電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 無料漫画、ラノベなど豊富なラインナップや、毎日引けるクーポンガチャなど、楽しいサービスが展開されています。10年以上続いている電子書籍サービスなので、安心して利用できる点も嬉しいポイントです。

・料金プラン

 基本的には購入したい商品の料金代のみ支払います。また、月額ポイントコースも用意されており、内容と金額は以下の通りです。

コース名月額料金(税込)初月付与ポイント(ボーナス)継続付与ポイント(ボーナス)
月額ポイント1000010,000円11,200 pt(1,200 pt)12,000 pt(2,000 pt)
月額ポイント50005,000円5,500 pt(500 pt)5,800 pt(800 pt)
月額ポイント30003,000円3,300 pt(300 pt)3,450 pt(450 pt)
月額ポイント20002,000円2,200 pt(200 pt)2,250 pt(250 pt)
月額ポイント10001,000円1,100 pt(100 pt)1,100 pt(100 pt)
月額ポイント500500円500 pt(0 pt)550 pt(50 pt)

・登録方法

 メールアドレス、Yahoo! JAPAN ID、Apple ID、SNSアカウント(LINE、Facebook)で会員登録します。

・おすすめしたい人

 ガチャ要素などエンターテイメント要素も楽しみたい人

・取り扱っているジャンル

 漫画全般、ラノベ、ビジネス書、写真集

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

Prime Reading

電子書籍以外のコンテンツも豊富

Kindleと同じく、Amazonが提供している電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 Amazonのプライム会員になると利用できるサービスであり、Amazonらしい幅広いジャンルの取り扱いと、プライム会員であれば無料で利用できる点が嬉しい特徴です。

・料金プラン

 Prime Reading単体の料金設定はありませんが、プライム会員でなければ利用できないため、Amazonプライムの会費を支払わなければなりません。

 月額プランであれば600円、年間プランであれば5,900円が必要です。

・登録方法

 Amazonプライム会員に登録しましょう。

・おすすめしたい人

 プライム会員として日頃サービス利用している人

・取り扱っているジャンル

 小説、ビジネス本、実用書、漫画、雑誌、洋書など

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

Renta!

レンタルだけでなく購入もできる

漫画のレンタルとして有名なRenta!ですが、電子書籍の購入もできるので紹介します。

・サービスの特徴

 電子貸本Renta!は、電子書籍のレンタルや購入ができるサービスとして人気を博しています。レンタル本はおよそ40万冊以上、購入用商品であればおよそ90万冊以上と漫画の品揃えが豊富な点が特徴です。

・料金プラン

 月額プランはなく、購入に必要なポイントを事前に購入しなければなりません。購入できるポイントの内容は以下の通りです。

ポイント数金額(税込)
100ポイント110円
300ポイント330円
1,000ポイント1,100円
3,000ポイント3,300円
5,000ポイント5,500円
10,000ポイント11,000円

・登録方法

  メールアドレスとパスワードを登録します。また、メールサービス以外にもSNSアカウント(LINE、Facebook)やYahoo! JAPAN ID、Googleアカウントが活用できます。

・おすすめしたい人

 漫画のレンタルも利用したい人

・取り扱っているジャンル

 漫画全般

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

クラシルリワード経由で、Rentaを利用すると、3.5%ポイント還元!

U-NEXT

動画視聴も楽しみたい人向け

U-NEXTは動画配信サービスとしても人気を博しています。

・サービスの特徴

 動画配信サービスの印象が強いU-NEXTですが、無料漫画の掲載数や読み放題の雑誌の多さは、他の電子書籍サービスに引けを取らないでしょう。また、動画視聴と書籍の閲覧をひとつのアプリで完結できる点も魅力的です。

・料金プラン

 動画視聴も合わせて月額2,189円でサービスを利用できます。また、毎月1,200円分のポイントが配布されるので、書籍を購入したくなってもお得に買い物ができます。

・登録方法

 初めて利用する場合、31日間のトライアル期間に申し込みます。トライアル期間終了後は自動的に会員登録されます。

・おすすめしたい人

 電子書籍以外のコンテンツも楽しみたい人

・取り扱っているジャンル

 漫画全般、一般雑誌など

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

マンガ図書館Z

無料で読み放題

漫画が無料で読み放題と嬉しいサービスを提供しているサイトです。

・サービスの特徴

たくさんの漫画を無料で読めるだけでなく、運営サイト側が厳選する漫画をジャンル別に表示させたりと、ユーザーの読みやすさを意識したサービスが特徴です。また、プレミアム会員になると成人向け作品も読み放題の対象に含まれるなど他サービスとの差別化が見られます。

・料金プラン

 基本的には無料会員のままでも漫画は閲覧できますが、対象ジャンルの拡充や閲覧中の広告削除といった特典を受けたい人は、プレミアム会員へのランクアップがおすすめです。月額料金は以下の通りです。

 月額料金:330円(税込)

・登録方法

 まずは無料会員登録からはじめます。メールアドレスを登録し、ログインします。

・おすすめしたい人

 無料でお得に漫画を読みたい人

・取り扱っているジャンル

 漫画全般(絶版含む)

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

コミックシーモア

国内最大級の品揃え

コミックシーモアは、漫画部門の電子書籍業界において最大級の品揃えを誇っている大手電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 常時129万冊以上を購読できる豊富なラインナップが特徴で、無料で読める漫画やセール品も多数取り揃えられているため、漫画をお得に読むことに適しています。

・料金プラン

 購読用のポイントを事前に購入しておき、読みたい作品に設定されたポイントを支払って電子書籍を購入します。

 支払方法や金額は次の通りです。

支払方法料金(税込)獲得ポイント
月額料金330円300
550円500 
1,100円1,000 
2,200円2,000 
3,300円3,000 
5,500円5,000 
11,000円10,000 
通常支払い1ポイント=1円 

・登録方法

 メールアドレスもしくはYahoo! JAPAN ID、Googleアカウント、Apple ID、SNSアカウント(LINE、X、Facebook)を用いて登録します。

・おすすめしたい人

 大手サービスでお得に漫画を読みたい人

・取り扱っているジャンル

 漫画全般

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

読み放題プレミアム

コスパの良い読み放題プランあり

読み放題プレミアムは、株式会社ビューンが提供している電子書籍サービスです。LINEヤフー株式会社が提供する「LYPプレミアム」の特典として利用できるサービスで、事前にLYPプレミアムへの登録が必要です。

・サービスの特徴

 雑誌800冊以上、漫画50,000冊以上と取り扱い数の多さが特徴的なサービスです。現行の読み放題プランが2024年3月末で終了するため、新プランの「ブック放題」を紹介します。

・料金プラン

サービス終了にともない移行するブック放題は新プランは月額550円(税込)でサービスが利用でき、プラン切り替え時期に登録すると最大3ヵ月間の無料期間が提供されます。

・登録方法

 メールアドレスもしくはSNSアカウント(LINE、X、Facebook)で登録します。

・おすすめしたい人

 雑誌も漫画もたくさん楽しみたい人

・取り扱っているジャンル

 漫画全般、雑誌全般

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

FODプレミアム

動画と漫画の両立ができる

FODプレミアムは、フジテレビが提供する動画視聴と電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 大きな資本のもと運営されているサービスであるため、動画、レンタル、漫画、雑誌と取り扱っているサービスが豊富で、ひとつのアプリで複数サービスを利用できる利便性の良さが特徴です。

・料金プラン

 全てのサービスを月額976円(税込)で利用できます。

・登録方法

 メールアドレスを登録してアカウント作成後にログインします。

・おすすめしたい人

 電子書籍以外のサービスも楽しみたい人

・取り扱っているジャンル

 漫画全般、雑誌全般

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

Fujisan

オンライン書店としての品揃えが魅力

Fujisanは、雑誌のオンライン書店として電子書籍サービスを提供しています。

・サービスの特徴

 登録雑誌は10,000タイトル以上と、他の電子書籍サービスと比較しても雑誌の取り扱い数が群を抜いています。書店に並ばない雑誌もあるため、お気に入りの雑誌に出会えるでしょう。

・料金プラン

 読み放題プランとして月額料金は設定されていません。無料会員として読み放題プランを利用できます。ただし、珍しい雑誌を手に入れたい場合は、購入代金を支払って入手しましょう。

・登録方法

 メールアドレスとパスワードを設定して会員登録します。

・おすすめしたい人

 珍しい雑誌に出会いたい人

・取り扱っているジャンル

 雑誌全般

View post on Twitter
View post on Twitter

楽天Kobo

楽天サービスをお得に活用

楽天Koboは、楽天サービスの一部として電子書籍サービスを提供しているアプリです。

・サービスの特徴

 豊富な品揃えはもちろんのこと、各種楽天サービスで使えるポイントが貯まるため、ポイントの還元率と貯まりやすさ、使いやすさが魅力的です。他サービスと組み合わせることでポイント還元率は上昇するため、利用するサービスが増えれば増えるほどポイントが貯めやすくなります。読み放題型のサービスではなく、買い切り型サービスを展開しています。

・料金プラン

 読みたい電子書籍の金額を支払う必要があるため、月額料金やデポジット制は導入されていません。一方で、楽天サービスの中で貯めたポイントを1ポイント=1円で利用できます。支払方法はクレジットカードやキャリア決済などを選べますが、ポイントの還元率を考慮すると楽天カードを利用して支払うことをおすすめします。

・登録方法

 ログイン時には楽天 IDの入力を求められるため、事前に取得しておきましょう。

・おすすめしたい人

 日常生活から楽天の各種サービス活用している人

・取り扱っているジャンル

 雑誌全般、漫画全般

honto

紙の本と電子書籍をどちらもお得に

hontoは、大日本印刷が提供するハイブリッド型複合書店として電子書籍サービスを提供しています。

・サービスの特徴

 電子書籍と本の通販を合わせて展開しており、利用できるサービスの幅の広さが特徴です。無料閲覧ができる作品の場合、23時間の無料チャージを待たなければなりませんが、縦読み型コミックアプリの「ホンコミ」と合わせてサービスを利用すると待たずに読めるギフトチケットをプレゼントしてもらえるなど、他のアプリにはないサービスが展開されています。

・料金プラン

 基本的に電子書籍を購入する必要があるため、支払額は書籍ごとに異なります。一方で、電子書籍を購入することで得られるポイントは、次の書籍購入時や、実店舗での支払い時に使用できる点が魅力的です。

・登録方法

 メールアドレスもしくはYahoo! JAPAN ID、Googleアカウント、SNSアカウント(LINE、Facebook)を利用して会員登録します。

・おすすめしたい人

 Webで販売されている電子書籍以外にも、丸善などグループ店舗も合わせて利用している人

・取り扱っているジャンル

 漫画・コミック、文庫、小説・文学、ライトノベル、経済ビジネス、暮らし・実用、児童書・絵本など

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

紀伊國屋書店ウェブストア

ジャンルレスな品揃えが魅力

紀伊国屋書店ウェブストアは、大手書店である紀伊国屋書店が実店舗とは別に運営している電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 洋書や和書含めジャンルを問わない幅広い品揃えが特徴です。書店を実店舗で構えているため、新書の取り寄せはもちろんのこと、出版社ごとのフェアやジャンルごとの割引など、お得な特典を数多く取り揃えています。

・料金プラン

 電子書籍は読み放題型ではなく買い切り型としてサービス提供されているため、月額料金の設定はありません。必要な金額を支払いましょう。

・登録方法

 必要な登録情報は、メールアドレスとパスワードです。ウェブストアおよび独自アプリのウェブKinoppyともに同じ情報を登録する必要があります。

・おすすめしたい人

 和洋関係なく幅広く書籍を購読したい人

・取り扱っているジャンル

 和書・洋書問わず多ジャンル

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

ピッコマ

オリジナル作品も楽しみたい人へ

ピッコマは、巷で人気の漫画に加えてアプリでしか読めないオリジナルの漫画を多数取り揃えている電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

 無料購読に指定された漫画であれば、読書後23時間経過すると最新話が読めるため、1日当たりに読める漫画数は少なくなるもののお得に漫画を読めます。

 また、ボーナス対象商品であれば、最新刊を当日購入すると100ポイント還元されるなど、独自色の強いサービスを展開しています。

・料金プラン

 アプリ内で利用できるポイントを購入し、そのポイントを書籍の購入に充てることでサービスを利用できます。

・登録方法

 メールアドレスやSNSアカウント(Facebook、X)、Apple IDで会員登録します。

・おすすめしたい人

 オリジナル作品も含めて漫画を楽しみたい人

・取り扱っているジャンル

 漫画全般

・口コミ

View post on Twitter
View post on Twitter

マンガBANGブックス

最新話に強い

マンガBANGブックスは豊富なジャンルの漫画が取り揃えられており、最新話をどのアプリよりも早く読める電子書籍サービスです。

・サービスの特徴

掲載数や取り扱いジャンルが豊富で無料で読み放題を使える点が嬉しいポイントです。作品が毎日1話のみ無料で読めるため、時間はかかりますがお得に漫画を読める点が魅力的です。

・料金プラン

 書籍が欲しい場合は、マンガBANGブックスもしくはKindleにて購入しなければなりません。Kindleで購入する場合は、別途支払方法を確認しましょう。

・登録方法

 メールアドレスを登録します。

・おすすめしたい人

 時間はかかっても無料で漫画を読みたい人

・取り扱っているジャンル

 漫画全般

View post on Twitter
View post on Twitter

電子書籍サービスのメリットは3つ

ここからは電子書籍サービスのメリットを紹介します。

デジタルデバイスで書籍を読める

電子書籍はスマートフォンやタブレット、パソコンなどで読めるため、紙の書籍に抵抗がある人だとしても読みやすい傾向があります。手軽に読めるため、仕事前にビジネス書を読んだり、通勤通学時に文庫本を読んだりなど、移動時間やスキマ時間を有効活用できるのもメリットです。移動中や仕事の合間を活用して文庫本やビジネス書を読みたいという方にも適しています。

また、デジタルデバイスは日常的に触る機会が多いため、操作にも慣れているでしょう。

物理的なスペースが不要

紙の本を多く購入する場合、自宅や自室に収納スペースが必要です。特に漫画の場合は、シリーズで集めると広いスペースが必要になるでしょう。

しかし、電子書籍であればデジタルデバイスの中にデータが入っているため、物理的なスペースは不要です。収納スペースがないからと、本の購読や収集をあきらめる必要はありません。

お得に書籍を購入できる

書店で本を購入する場合、店頭ではあまり大きな割引は見られません。しかし、電子書籍であればサービスごとにお得なキャンペーンを展開しており、50%オフや70%オフなどの大きな値引きやポイント還元が定期的に開催されています。そのため、気になっていたけれど予算面で購入をためらっていた書籍が購入しやすくなるといったメリットがあげられます。

電子書籍サービスのデメリットは3つ

ここからは電子書籍サービスのデメリットを紹介します。電子書籍サービスのメリットだけでなくデメリットを把握すると登録後のミスマッチを減らせるでしょう。

サービスごとに料金やプラン設定が異なる

電子書籍はサービスごとに書籍の価格やプラン料金が異なるため、お得に利用できるサービスを見つける手間がかかります。買い切り型のサービスであればクーポンによる値引き率、読み放題型のサービスであれば月額料金が重要な比較ポイントです。特にクーポンによる値引きは価格が大きく変化するため、複数のサービスをチェックすることをおすすめします。

サービス終了の可能性がある

電子書籍サービスは続々と新規参入があり、大小さまざまなサイトやサービスが提供されています。競合サービスが増加していることから規模の小さなサービスは差別化が図りにくく、サービスの利用中に終了となる可能性もあるでしょう。また、掲載されている作品が海賊版でないかどうかも注意しなければなりません。

もし判断に困るようであれば、掲載している冊数を比較してみましょう。取り扱い数が多い場合は安心要素になりえます。

目に負担がかかる可能性がある

電子書籍はデジタルデバイスを使って書籍を読むため、目の疲れを感じやすくなります。長時間同じ大きさや明るさの画面を見続けると、首や肩の筋肉もこわばり、目以外にも身体の不調をきたすかもしれません。

そのため、デジタルデバイスを使用する場合は、ブルーライトカットのメガネを使用したり、適切に休憩を挟んだりすることが大切です。定期的に遠くの景色を見てみましょう。通勤や通学のようなコマ切れのスキマ時間であれば、一度にたくさんの作品を見られないので、目の負担は少なくなるためおすすめです。

電子書籍で読書を楽しもう

この記事では、お気に入りの電子書籍サービスを見つけるための比較方法やジャンル別のおすすめサイト、各サイトの詳細な特徴を紹介しました。サービスを比較検討する場合は、取り扱い数やジャンル、利用料金、サイトやアプリの使いやすさの3点を軸に考えてみましょう。

また、この記事を読んで電子書籍に興味を持った方は改めて自分がどんなサービスを求めているかイメージした上でサイトやアプリを選択すると、素敵なサイトに出会えるようになるでしょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のサービスカテゴリー

新着記事

カテゴリー