買い切り型の電子書籍アプリおすすめ14選!お得に購入するポイントや特徴を紹介

買い切り型の電子書籍アプリおすすめ14選!お得に購入するポイントや特徴を紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

電子書籍はスマートフォンやタブレット端末を使って気軽に書籍やマンガを楽しめる点が魅力的なネットサービスです。しかし、数多くのサイトがサービスを運営しており、どのサイトを活用すると良いのか分からない方も多いでしょう。

本記事では、自分に合った電子書籍サービスを知りたい方に向けて、おすすめのサービスを紹介します。また、読み放題サービスのメリットやデメリットを分かりやすく解説するので、電子書籍を検討している方はぜひ参考にしてください。

電子書籍は買い切り型と読み放題型がある

電子書籍サービスは大きくわけて、買い切り型と読み放題型の2つのタイプがあります。

電子書籍の買い切り型は、一度購入したら何度でも読み返せるサービスです。通常、購入した書籍をダウンロードして自分のデバイスに保存できるため、購入済みの書籍であればインターネット接続がない場所でも読めます。実店舗での書籍購入と同様に、気に入った本を1冊ずつ購入する形式のため、購入する書籍の冊数や種類によって金額が変動する点も特徴です。

読み放題型は買い切り型と異なり、毎月定額の料金を支払うことで対象の書籍を何冊でも読めるサービスです。一般的に読み放題型では、幅広いジャンルやテーマの書籍が提供されていますが、最新の書籍や人気作品が含まれていない場合があるため注意しましょう。

自分の読書スタイルや予算に合わせて、電子書籍サービスを選ぶことが大切です。

電子書籍買い切りのメリット

好きな時に読める

買い切り型電子書籍サービスのメリットは以下の4つです。

  • 半永久的に所有できる
  • 新刊をすぐに読める
  • 一度購入すれば、追加料金は発生しない
  • ポイント還元やクーポン利用といった特典でお得に購入できる

買い切り型サービスは、新刊を含め購入できる書籍の選択肢が豊富です。一度購入すれば、追加料金を支払うことなくいつでも読み返せるため、お気に入りの書籍を何度でも楽しめます。また、紙の書籍と同時期に発売されることが多いため、忙しくて本屋に行けない状況でもすぐに手に入れられる点もメリットといえるでしょう。

電子書籍買い切りのデメリット

料金とサービス終了に注意

買い切り型電子書籍サービスのデメリットは以下の4つです。

  • 読み放題型サービスと比較すると、1冊あたりの金額が高い
  • 購入する書籍の数が増えるとその分費用がかさむ
  • サービスが終了すると読めなくなる可能性がある
  • ブラウザやストアから購入する必要がある

買い切り型は読み放題型よりも1冊あたりにかかる料金が高いです。読み放題型は支払料金が一定であるのに対して、買い切り型は一冊ずつ購入する必要があるため、購入点数が増えるほど費用が高額になります。

また、購入した書籍はいつでもどこでも好きな時に何度でも読むことができますが、サービスが終了してしまうと、今まで購入した作品が読めなくなる可能性があります。

しかし、サービスの提供が続く限り何度も見返せる点は、読み放題型にはない特徴です。ご自身の希望や読書スタイルによってサービスを使い分けましょう。

電子書籍アプリ選び方のポイント

電子書籍のアプリは非常に多くの種類があります。

自分に適したアプリを見つけるために選び方のポイントを紹介します。

電子書籍の購読方法で決める

電子書籍の購読方法には、買い切り型と読み放題型の2つがあります。

買い切り型は一度購入すれば、半永久的に書籍を所有できるため、お気に入りの本を繰り返し何度も読みたい方におすすめです。

読み放題型は毎月定額を支払えば、対象の書籍を好きなだけ読めます。料金を気にすることなく多くの作品を読むことができるため、幅広いジャンルの書籍を楽しみたい方におすすめの購読方法です。

アプリによって購読方法は異なるため、事前によく確認しましょう。

好きなジャンルの作品が多いかで決める

電子書籍サービスによって、得意なジャンルは異なります。一般書籍が得意なサービスがあれば、マンガに特化したサービスもあるため、ご自身が好きなジャンルに特化したサービスを選ぶと満足度は高くなります。

電子書籍サービスによって取り扱っているジャンルの幅は異なるため、自分の好きなジャンルの取り扱い数が多いアプリを選ぶとよいでしょう。

無料お試し期間やポイント制度の有無で決める

電子書籍は、サービスによって利用料金やポイント制度の内容が異なります。例えば、dポイントを活用できる「dマガジン」や「dブック」、楽天ポイントを活用できる「楽天Kobo」など、日々の生活で活用しているポイントを使えるサービスもあります。

また、無料お試し期間が設けられているサービスであれば、希望する書籍を数冊無料で閲覧可能です。本格的に利用する前に、無料お試し期間を使って使い勝手を確認するとよいでしょう。

ポイントサイト経由ならもっと安くなる

電子書籍を安く入手したい場合、ポイントサイトを経由しての電子書籍購入がおすすめです。サイトを経由して電子書籍を購入するだけで、ポイントを二重取りできるため、効率よくポイントを貯められます。

ポイントサイトの一つであるクラシルリワードでは、サイトを経由して各サービスを利用するだけでポイントを貯められます。電子書籍サイトの利用でもポイントを獲得できるため、クラシルリワードを利用してお得に電子書籍を購入してみてください。

ポイントが貯まったら好きな特典と交換できます。Amazonギフト券や楽天ポイント、Tポイント、dポイントなど、他にもたくさんの特典と交換できるため、普段利用している方法にあわせて特典を選ぶとよいでしょう。

また、本記事で紹介する電子書籍サービスには、クラシルリワードを経由してお得に電子書籍を購入できるサービスがあります。Google アカウントやApple IDなどで簡単に会員登録が可能なので、ぜひ試してみてください。

【買い切り型】おすすめ電子書籍アプリ14選

おすすめの買い切り型電子書籍アプリを紹介します。各アプリの特徴、取り扱いジャンルなどを詳しくまとめているため、アプリ選びの参考にしてください。

サイト名扱うジャンル特徴
紀伊國屋書店ウェブストア漫画
雑誌
ラノベ
文芸
新文芸
実用書
実店舗があるため紙書籍の取り寄せも可能
電子貸本Renta!漫画全般買い切りだけでなくレンタルも可能
ピッコマ漫画
オリジナル作品
オリジナル漫画も読める
ebookjapan漫画全般PayPay支払ですぐに読める
コミックシーモア漫画全般業界最大級の品揃え
Amebaマンガ漫画
オリジナル作品
ポイントの交換先が豊富
dブックビジネス本
実用書
マンガ
雑誌
洋書
ドコモユーザーにおすすめ
Kindleビジネス本
実用書
マンガ
雑誌
洋書
Amazonユーザーは利便性が高い
マンガBANGコミックス漫画全般毎日無料で漫画を読み進められる
楽天Kobo漫画
雑誌
ラノベ
文芸
新文芸
実用書
楽天ユーザーにおすすめ
BOOK☆WALKER漫画
雑誌
ラノベ
文芸
新文芸
実用書
角川書店が運営するサイトのアプリ
honto漫画
雑誌
ラノベ
文芸
新文芸
実用書
ハイブリッド型複合書店
Reader Store漫画
雑誌
ラノベ
文芸
新文芸
実用書
オーディオブックも充実
DMMブックス漫画全般動画配信と合わせて楽しめる

紀伊國屋書店ウェブストア

ジャンルを問わない幅広い品揃え

紀伊国屋書店ウェブストアは和書・洋書いずれも豊富な品揃えが特徴です。電子書籍に関しては、独自アプリであるKinoppyを利用して購読できます。Kinoppyはスマートフォンであれば、iOSまたはAndroidのアプリが提供されており、パソコンではWindowsもしくはMacで利用できるため、利用端末による制限はありません。

なお、紀伊國屋書店では実店舗を構えているため、新書の取り寄せはもちろんのこと、出版社のフェアなど、お得に書籍を購入するための特典を数多く取り揃えています。電子書籍も紙の書籍も扱える点が強みです。

電子書籍の支払方法は次の通りです。

支払方法ウェブストアウェブKinoppyKinoppy for iOS
クレジットカード×
Kinokuniya Point×
PayPay×
d払い×
auかんたん決済×
ソフトバンク/ワイモバイル まとめて支払×
BitCash×
WebMoney×
Apple ID××

電子書籍購入のために必要な登録情報は、メールアドレスとパスワードです。ウェブストアおよびウェブKinoppyともに同じ情報を登録する必要があります。

紀伊国屋書店ウェブストアは、和書・洋書問わず多ジャンルの書籍に触れたい方におすすめです。

Renta!

豊富なジャンルのマンガを展開

Renta!は電子書籍のレンタルや購入ができる人気のアプリです。マンガの品揃えが豊富で、レンタルでは37万冊以上、購入では86万冊以上の取り扱いがあります。また、アプリ内のすべての作品には無料サンプルがついているため、購入したけどおもしろくなかった、という後悔がないようにサービスが設計されています。

サービスを利用する場合、アプリ内で使用できるポイントを事前に購入しなければなりません。ポイントごとの購入金額は下記の通りです。

ポイント数金額(税込)
100ポイント110円
300ポイント330円
1,000ポイント1,100円
3,000ポイント3,300円
5,000ポイント5,500円
10,000ポイント11,000円

購入予定の作品ごとに必要なポイント数が設定されているため、購入したポイントを用いて欲しい作品を購入しましょう。ただし、ひと月で購入できるポイント数の上限は、100,000円(税抜)分に設定されているため注意が必要です。

また、ポイントを購入する場合、クレジットカードやPayPay、Amazon Pay、LINE Pay、d払いなど各種電子マネーやポイント払いの利用も可能です。貯めたいポイントに紐づいた支払方法を活用するとお得に購読できます。

アプリの登録には、メールアドレスもしくはSNSアカウントが必要です。パソコンまたはスマートフォンで無料登録を行うとアプリを利用できるようになります。

  • LINE ID
  • Yahoo! JAPAN ID
  • Xアカウント
  • Google アカウント

Renta!はレンタル・購買用書籍を合わせて120万冊以上から作品を選べるため、様々なジャンルのマンガを読みたい方におすすめです。

ピッコマ

オリジナル漫画が読める

ピッコマは人気マンガに加えて、アプリでしか読めないオリジナルマンガを多数取り揃えている点が特徴です。無料購読に指定されたマンガであれば、読書後23時間経過すると最新話が読めるため、1日あたりに読めるマンガ数は少ないもののお得にマンガを楽しめます。

また、ボーナス対象商品であれば、最新巻を配信当日中に購入すると100ポイント還元されるなど、独自のサービスを展開しています。

ピッコマは、アプリ内で購入したポイントを使って書籍を購入するサービスです。ポイントの購入方法は月額コースと通常チャージに分かれており、支払方法は以下の11種類から選べます。

支払い方法
  • クレジットカード
  • PayPayd払い
  • auかんたん決済/au WALLET
  • ソフトバンクまとめて支払/ワイモバイルまとめて支払
  • コンビニ払い
  • 楽天ペイ
  • Amazon Pay
  • WebMoney
  • BitCash
  • NET CASH

購入できるポイントは次の通りです。

月額料金(継続登録で初月無料)月額料金(継続登録で初月無料)通常チャージ通常チャージ
獲得ポイント数料金(税込)獲得ポイント数金額
320翌月以降:310月額300円300300円
700翌月以降:660月額600円600600円
1,220翌月以降:1,200月額1,000円1,0301,000円
2,500翌月以降:2,450月額2,000円2,0802,000円
6,500翌月以降:6,200月額5,000円5,2505,000円
14,000翌月以降:12,500月額10,000円10,60010,000円
29,500翌月以降:25,500月額20,000円21,50020,000円
  32,50030,000円

アプリの登録は、メールアドレスやSNSアカウント(Facebook、X)で行います。iPhoneやiPadを利用している方であればApple IDを利用可能です。

ピッコマは他の電子書籍サイトでも扱うような漫画に加えて、フルカラーで縦読みができるSMARTOON(スマトゥーン)やオリジナル作品も多数取り揃えています。マンガ好きでピッコマでしか読めないオリジナルマンガに興味がある方におすすめのサービスです。

ebookjapan

PayPay支払でとってもお得

ebookjapanはマンガを中心に100万冊以上の電子書籍が購入できることに加え、18,000冊以上の無料マンガを取り扱っている点が特徴です。毎週金〜日曜はPayPay支払を利用すると20~30%のPayPayポイントが戻ってきたり、火曜・木曜はまとめ買いがお得になるクーポンのプレゼントがあったりと、お得なキャンペーンを展開している点も魅力といえるでしょう。

ebookjapanでは、欲しい書籍の購入ページへ進み、支払方法を選択するだけで電子書籍を購入できます。支払方法は次の通りです。

支払い方法
  • PayPay
  • クレジットカード
  • ソフトバンクまとめて支払/ワイモバイルまとめて支払
  • auかんたん決済/au WALLETd払い

アプリの登録はiPhone/iPadであればApple Storeから、AndroidであればGoogle Playから行えます。電子書籍はebookjapanのサイト上で購入する必要があるため、ログイン用にYahoo! JAPAN IDを作成しましょう。

ebookjapanは、日常生活でPayPayを頻繁に活用している方におすすめです。本を読む機会が増える週末は、PayPayポイントの還元率がアップするため、よりお得にサービスを利用できるでしょう。

コミックシーモアは、マンガ部門において業界最大級の品揃えを誇るアプリです。常時132万冊以上を購読できる豊富なラインナップが特徴で、無料で読めるマンガやセール品も多数取り揃えられているため、マンガをお得に楽しめます。

コミックシーモアでは購読用のポイントを事前に購入し、読みたい作品に設定されたポイントを支払って電子書籍を購入します。

支払方法や料金は次の通りです。

支払い方法 料金(税込)獲得ポイント
月額料金クレジットカード
d払い
au/UQ mobile
ソフトバンクまとめて支払
300円300
  550円500
  1,100円1,000
  2,200円2,000
  3,300円3,000
  5,500円5,000
  11,000円10,000
通常支払クレジットカード
d払い
au/UQ mobile
ソフトバンクまとめて支払/ワイモバイルまとめて支払
PayPay
LINE Pay
Apple Pay
PayPal
WebMoney
楽天Edy
BitCash
NET CASH
楽天ペイ
Yahoo!ウォレット
 1ポイント=1円

月額の上限金額は30,000円(税込)と決まっているため注意しましょう。

またアプリの登録は、メールアドレスもしくは以下のSNSおよびアプリアカウントで行います。

  • LINE ID
  • Xアカウント
  • Yahoo! Japan ID
  • Google アカウント
  • Facebookアカウント
  • Apple ID

コミックシーモアはマンガの取り扱い数の多さだけではなく、サービスを提供して19年の実績がある点も特徴です。NTTグループの企業が運営しているため、サービスの持続性は確立されています。サービスの安全性や安心感を求める方におすすめのアプリといえるでしょう。

Amebaマンガ

活用できるポイントの豊富さが魅力

Amebaマンガは、国内の主要ポイントに交換できるマンガポイントを活用している電子書籍アプリです。50種類以上の交換先があり、交換手数料も無料なので、ポイントをお得に貯めて利用できる点が特徴のサービスです。

Amebaマンガではクレジットカードなどを使用して書籍を購入できますが、おすすめはポイントを都度購入したり月額チャージしたりしてお得に購入する方法です。

買い切りできる電子書籍購入サイトの特徴を把握しよう

買い切り型は読み放題型と比べて、一度購入すると期限を気にせずに書籍を楽しめる点がメリットです。ポイントやキャンペーンを活用することで、気になる作品をお得に購入できます。

買い切り型電子書籍アプリは種類が多いため、サービス内容や料金などを比較し、ご自身の読書スタイルにあったアプリを選びましょう。

Amebaマンガの登録には、アメーバIDとメールアドレスが必要です。アメーバIDがない場合は、以下のSNSやアプリのアカウントでも登録できます。

  • LINE ID
  • Xアカウント・Yahoo! Japan ID
  • Google アカウント
  • Facebookアカウント
  • Apple ID

Amebaマンガは、マンガコインと交換できるポイントが多数用意されているため、ポイントを集めながらマンガを読みたい方におすすめです。

dブック

dポイントをメインに使いたい場合はコレ

dブックの最大の魅力はdポイントが使いやすく、貯めやすい点です。dブックを利用するだけで購入金額100円に対して1ポイント還元、さらにdカードを組み合わせて支払うと2ポイント還元になります。毎月10日、20日、30日はdポイントが20%還元されるなど、ポイント還元率が高い点が魅力です。

dブックでは月額料金やポイント制は導入されていないため、読みたい書籍があったら都度購入する必要があります。支払方法は以下の通りです。

  • クレジットカード
  • dポイント
  • 電話料金合算払い
  • d払い残高

dブックの利用には、dアカウントの作成が必須です。アカウントの作成にはメールアドレスが必要ですが、一度設定すれば他の端末でも利用できる点は便利といえるでしょう。

dブックはdポイントの還元率が高いため、ポイントをお得に貯めながら書籍を読みたい人におすすめです。

Kindle

Amazonを利用している人にピッタリ

KindleはAmazonが提供する電子書籍サービスです。Amazonは世界中の人々が利用しているECサイトであり、Kindle以外にもプライムビデオなど様々なサービスを提供しています。

Kindleのサービスには、Fliptoon、Kindle Unlimited、Prime Readingの3種類があります。一般書籍や雑誌、マンガなどそれぞれのジャンルに特化した複数サービスを展開している点が特徴です。

各プランの利用料金は次の通りです。

プラン名料金(税込)支払方法
Fliptoon無料-
Kindle Unlimited月額980円クレジットカードデビットカード後払い(ペイディ)携帯電話キャリア決済PayPayAmazon Pay
Prime Reading無料(プライム会員の場合) 

Kindleの利用には、Amazonアカウントの作成とKindleアプリのダウンロードが必要です。

書籍の購入にAmazonポイントを使用できるので、日常生活でAmazonをよく利用している方におすすめのサービスです。

マンガBANGコミックス

毎日無料でマンガが読める

マンガBANGコミックスは豊富なジャンルのマンガが取り揃えられており、最新話をどのアプリよりも早く読める点が特徴です。すべての作品が毎日1話ずつ無料で読めるため、お得にマンガを楽しめる電子書籍サービスといえるでしょう。

電子書籍を購入する場合は、マンガBANGブックスもしくはKindleで購入する必要があります。マンガBANGブックスでは、クレジットカード決済もしくはキャリア決済、PayPayが利用可能です。Kindleで購入する場合は、上述した内容を参考にしてください。

サービスを利用するためには、アカウントの作成が必要です。メールアドレスを登録するだけで簡単に登録できます。

マンガBANGコミックスは、シリーズを読破するまでに時間はかかりますが、毎日無料でマンガを読める点が魅力です。もし続きが読みたくなってもマンガBANGブックスやKindleで購入できるため、自分の読書スタイルにあわせてサービスを使いわけましょう。

楽天Kobo

楽天経済圏を活用する人におすすめ

楽天Koboは楽天が提供している電子書籍アプリです。楽天ポイントを中心とした楽天経済圏の一角をなしているサービスであるため、豊富な品揃えはもちろんのこと、ポイントの貯まりやすさや使いやすさが魅力的です。

楽天Koboも、月額料金やポイント制は導入されていないため、読みたい書籍があったら都度購入する必要があります。支払方法はクレジットカードやキャリア決済などを選べますが、ポイントの還元率を考慮すると楽天カードを利用して支払うことをおすすめします。他の楽天サービスで貯めたポイントを1ポイント=1円で利用することも可能です。

アプリを利用する場合は、ダウンロードした後に楽天IDでログインする必要があるため、事前に取得しておきましょう。

楽天Koboは日常生活から楽天経済圏を活用している方におすすめです。楽天の他サービスと組み合わせることでポイント還元率が上昇するため、利用するサービスが増えれば増えるほどポイントが貯めやすくなるでしょう。

BOOK☆WALKER

BOOK☆WALKERはKADOKAWAが運営する電子書籍アプリです。マンガやライトノベル、小説をはじめとした幅広いラインナップが特徴で、出版社直営の強みを十分に感じられます。配信出版社は1,400社以上、配信されている電子書籍数は143万冊以上と豊富な商品展開が魅力的です。

電子書籍の購読方法はWeb、Androidアプリ、iOSアプリの3つに分かれています。

それぞれの支払方法は次のとおりです。

 支払方法コイン
Webストア・クレジットカード(VISA/Master/JCB/AMEX/Diners)
・ニコニコポイント
・d払い
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払
・PayPal
・WebMoney
・楽天ペイ
・楽天Edy
・モバイルSuica
・BitCash
・LINE Pay
・PayPay
・Amazon Pay
・メルペイ
・ペイディ
・BOOK☆WALKERコイン(プリペイドコイン含む)
※プリペイドコイン利用時は図書カードNEXT、図書カードネットギフトの使用が可能
100~90,000円まで購入できる
※1回の購入で最大90,000円まで

※コンビニ決済を利用する場合、1,000~20,000円まで一度に購入できる

一度に10,000円ごとの購入で300円分のおまけがつく

おまかせオートチャージを申し込むと、毎日20時にコイン残高が3,000円を下回れば10,000円のコインが自働購入される
Androidアプリ購入したコインでしか支払できないGoogle Play決済で購入可能Androidアプリ内では1回につき最大100~9,000コインまで購入可能
iOSアプリApple ID決済のみ 

サービスの利用には、メールアドレスもしくはSNSアカウントでの会員登録が必要です。

BOOK☆WALKERアプリは幅広いジャンルを取り揃えているため、読みたい電子書籍がたくさんある方におすすめです。

honto

お得に購入して無料先読みもできる

hontoは大日本印刷が提供する電子書籍サービスです。雑誌の定期購読ができたり紙書籍の通販も扱っていたり、利用できるサービスの幅広さが特徴的です。縦読み型コミックアプリの「ホンコミ」と合わせてhontoを利用すると、ギフトチケットがプレゼントされ、23時間の無料チャージを待たずに続きを読めるなど、他アプリにはないサービスが展開されています。

電子書籍の支払方法は次の通りです。

支払い方法
  • クレジットカード
  • spモード決済
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払
  • WebMoney
  • BitCash
  • リクルートかんたん支払
  • LINE Pay
  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • 図書カードNEXT
  • hontoポイント・クーポン利用

電子書籍の購入で得られたポイントは、次回の購入時や、実店舗での支払時に使用できる点が魅力的です。

サービスを利用するためには会員登録が必要ですが、メールアドレスのみで簡単に登録できます。メールアドレス以外にも各SNSアカウントを利用したログインも可能です。

hontoは丸善などのリアル店舗とも連携しており、取り置きや在庫の取り寄せなどの対応も可能なので、電子書籍と紙書籍の両方を利用されている方におすすめのサービスです。

Reader Store

目と耳で本が読める

Reader Storeはソニーが運営する電子書籍アプリです。一般書籍からマンガ、雑誌など幅広いジャンルの書籍を提供しています。オーディオブックも展開しているため、通勤時に本を読みたいビジネスマン向けのサービスも充実している点が魅力的です。

支払方法や利用可能なサービスは次の通りです。

支払方法可能なサービス
クレジットカード
ポイント支払(Readerポイント、ソニーポイント)
auかんたん決済
d払い
PayPay
新刊の予約
販売雑誌の新刊自動購入
続巻自動購入

購入金額に応じて設定されたランクによってポイント還元率が変動するため、サービスを利用するほどお得に購読できます。

サービスを利用するためには会員登録が必要です。購入した電子書籍をスマートフォンやタブレットで読みたい場合はReaderアプリをダウンロードしましょう。

公式アプリである「Reader™ Store」は電子書籍と合わせてオーディオブックも活用したい方におすすめです。

DMMブックス

品揃えの豊富さが魅力的

DMMブックスは、動画配信サービスなどのインターネットコンテンツを展開しているDMMグループが提供する電子書籍サービスです。話題の作品から絶版した作品まで幅広く取り揃えられており、手軽にデジタルコンテンツを楽しめる点が特徴です。

支払方法は次の通りです。

商品代金を直接支払うデポジット制を利用して支払う
クレジットカード
PayPal
DMMポイント
DMMプリペイドカード

月額プランは設定されていないため、都度代金を支払う必要があります。クレジットカードを使えない場合は、DMMポイントやDMMプリペイドカードを事前に購入しておくことをおすすめします。

また、DMMブックスアプリを利用するには会員登録が必要です。会員登録にはメールアドレスがあれば問題ありません。DMMアカウントを一度作成すれば、宅配レンタルやオンラインクリニックサービスも利用できます。

DMMブックスアプリは、DMMグループが提供するサービスを日頃から利用している方におすすめです。とくにDMM JCBカードを利用するとポイント還元率が4%になる点は魅力的といえるでしょう。

※本記事に掲載しているサービスの情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各公式サイトやメーカーにてご確認ください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のサービスカテゴリー

新着記事

カテゴリー