電子書籍の読み放題サービスを徹底比較!目的ごとのおすすめサービスも紹介

電子書籍の読み放題サービスを徹底比較!目的ごとのおすすめサービスも紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

近年、電子書籍サービスが数多く展開され、漫画・雑誌などの書籍をスマホやタブレットで読む人が増えています。電子書籍の読み放題サービスは数が多いため、それぞれの特徴を理解しながら自分に合うサービスを見つけることが重要です。

本記事では、電子書籍の読み放題サービス27選を徹底比較します。

料金や各サービスの特徴だけでなく、ビジネス・漫画・雑誌など取り扱っている書籍の種類についても紹介しているので、参考にしてみてください。

読み放題電子書籍サービスにおける選び方のポイント

スマホやタブレットで読める電子書籍の読み放題サービスは、非常に数が多く、選ぶのも一苦労です。

6つのポイントを意識して自分に合ったサービスを選びましょう。

読みたい書籍が取り扱われているか

電子書籍の読み放題サービスには「雑誌に強い」「漫画の種類が豊富」などの特徴が異なるため、自分が読みたい種類の書籍が充実しているサービスを選択します。

なお、取り扱っている書籍の種類でサービスを選ぶ際は、読み放題のプランに自分が読みたい書籍が含まれているか必ず確認しましょう。

当然ながらサービスによっては一切取り扱っていない書籍もあるため十分注意が必要です。

読みたいジャンルが多岐にわたる場合は、シンプルに取扱数の多いサービスを利用すればまず間違いはないでしょう。

利用料金が安いか

利用料金を基準に選ぶ方は多いのではないでしょうか。各電子書籍サービスによって月額料金は変わるため、自分の読書量や予算に合ったプランを選ぶことが重要です。

また、初回登録時の無料期間や割引キャンペーンを提供しているサービスもあり、賢く節約しながら電子書籍を楽しむことができます。中には、ポイントサービス経由で登録できるサービスもあるため、ポイントを貯めながらお得に電子書籍を読めるサービスもあります。

0円で試し読みできるか

最近では、0円で試し読みできる電子書籍サービスもあります。契約後に読みたい本がなかったり、操作性が悪かったりすると、支払った料金が無駄になってしまうため、試し読みでサービスの良し悪しを確認してみるのも1つの手でしょう。

お試し方法はサービスによって異なり、無料試し読みという形ではなく、配布されたお試しクーポンを使用して数冊無料で読めるサービスもあります。

支払い方法が豊富か

4つ目は支払い方法の利便性です。電子書籍は一般的にクレジットカードやPayPay、スマホのキャリア決済などオンラインで支払いを行います。そのため、すべて自宅で支払いが完結し、スムーズに読書できます。

しかし、該当する支払い方法を用意できない場合は、登録や利用が難しいでしょう。登録する前に支払い方法を確認し、自分が払いやすいサービスを選択することが大切です。なお、おすすめはスマートフォンの決済と合わせて支払えるものです。クレジットカードの登録などが不要なため、効率的に支払いができるでしょう。

ダウンロードして読めるか

電子書籍サービスの多くはダウンロードに対応していますが、中には対応しておらずオンラインでのみ利用できるサービスもあります。ダウンロードすることができれば、通信環境に依存せずサービスを利用できるため、非常に使い勝手がいいといえます。

また、オンライン環境が必須の場合は読むたびにログインしたり、さまざまな広告が流れたりと煩わしさを感じますが、ダウンロード可能なサービスでは、そうした手間を省くことができます。電子書籍サービス自体がいつでもどこでも書籍が楽しめるというメリットがありますが、ダウンロードができるとより利便性が高まるでしょう。

電子書籍読み放題サービスのおすすめ27選

電子書籍サービス27選のプランや利用料金、取り扱いジャンル、特徴を一覧表にまとめました。

電子書籍の読み放題サービスは非常に種類が多いため、それぞれの異なる特徴を知ったうえで自分に合ったサービスを利用しましょう。

サービス名プラン・料金(税込)扱うジャンル特徴
楽天マガジン月額プラン:418円年額プラン:3,960円雑誌楽天ポイントを活用できる
ブックパス総合コース月額:618円マガジンコース月額:418円総合コース:漫画、雑誌、小説、実用書マガジンコース:雑誌ポンタポイントを活用できる
dマガジンdマガジン月額:580円雑誌、漫画(雑誌連載の漫画のみ)複数端末から使用できる
ブック放題読み放題月額:550円雑誌、旅行ガイド、漫画気になる書籍を検索しやすい
スキマプレミアム会員月額:528円※2024年3月現在はサービス終了(無料会員のみ継続)漫画漫画を読んでポイ活ができる
めちゃコミック月額コース※購入するポイント数によって変動漫画(オリジナル作品あり)退会後も購入商品を読める
BOOK☆WALKERマンガコース月額:836円MAXコース月額:1,100円マンガコース:漫画、雑誌MAXコース:ライトノベル、文芸、実用書角川書店運営で品揃えが豊富である
KindleUnlimitedkindleUnlimited月額:980円漫画、雑誌、書籍全般kindle端末以外の端末でも楽しめる
Amebaマンガ月額プラン※購入するポイント数によって変動漫画(オリジナル作品あり)ポイントの使用用途が多彩である
まんが王国メンズコミック誌読み放題パック月額:1,100円恋愛コミック誌読み放題パック月額:550円漫画無料で読める作品やオリジナル作品がある
BookLive!電子書籍の購入金額により異なる漫画、ライトノベル、雑誌キャンペーンが豊富である
PrimeReading月額プラン:600円年間プラン:5,900円小説、ビジネス本、実用書、マンガ、雑誌、洋書Prime会員として他サービスもお得に楽しめる
TanZak1週間プラン:360円1か月プラン:780円3か月プラン:1,950円集英社のノベライズ版書籍チャット形式でラノベが読める
U-NEXT月額2,189円漫画全般会員登録で動画も見放題である
マンガ図書館Zプレミアム会員:月額330円(無料会員あり)漫画全般(プレミアム会員なら成人向け作品も)漫画の閲覧だけでなく投稿も行える
コミックシーモア読み放題フル月額:1,480円読み放題ライト月額:780円漫画充実のレビューをもとに漫画を探せる
読み放題プレミアム月額508円※2024年3月31日で既存の読み放題プレミアムプランは終了している漫画、雑誌、旅行ガイド、実用書YahooショップでPayPayを使う場合はお得に利用できる
FODプレミアム月額976円漫画、雑誌雑誌は読み放題だが漫画は買い切り型である※動画視聴サービスがメイン
ノベルバ無料ライトノベル、小説小説を読むだけでなく書いて投稿できる
小説家になろう無料ライトノベル、小説書籍化やアニメ化の小説多数掲載している
みいみ月額500円絵本100冊以上の絵本を音声で楽しめる
PIBO(ピーボ)月額315円絵本360冊以上の本を選べる
AmazonKids+Amazon会員:480円一般会員:980円漫画、図鑑、児童文学、学習マンガ子ども向けのさまざまなコンテンツが充実している
ひかりTVブック電子書籍の購入金額による漫画、ライトノベル、小説、文芸、ビジネス、実用書、雑誌3台までデバイスを繋いで読める
Renta!電子書籍の購入金額による漫画購入とレンタルを選択できる
タブホ読み放題月額550円雑誌個人向けのサービスだけでなく法人向けもある
エブリスタ月額264円小説月額プランでは毎月132円分の独自図書券をもらえる

ここからは、各サービスの具体的なプランや登録方法を紹介します。

楽天マガジン

楽天ポイントで雑誌が読める

特徴楽天ポイントで雑誌が読める
月額料金(税込)月額プラン:418円
年額プラン:3,960円
登録方法1.楽天会員に登録
2.楽天マガジンを31日間無料で体験を選択する
3.アプリをダウンロードして利用開始
おすすめしたい人雑誌をサクサク読みたい人

楽天マガジンは月額418円で6,000冊以上の雑誌が読み放題になるサービスです。最新の雑誌を閲覧でき、お試し読みもあります。ファッションや美容、ビジネスや週刊誌などあらゆるジャンルの雑誌を扱っているため、多くの方が満足できるでしょう。

「はじめての方限定で楽天ポイントプレゼント」「初回のみ◯%割引」など、さまざまな特典が用意されています。いずれも楽天ポイントを使えるため、普段から楽天サービスを利用し、ポイントが貯まっている人におすすめです。通常は月額プランのみ用意するサービスが多い中、楽天マガジンは年間のプランが設けられています。

また、楽天マガジンはスマートフォンだけでなく、タブレットやパソコンでも閲覧可能で、最大5台まで使える点も特徴的です。また、ダウンロードしてオフラインで雑誌を読めるため電波の悪い場所やオフラインの状態でも楽しめます。

ここからは、楽天マガジンの口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

ブックパス

Pontaポイントと連携できる

特徴Pontaポイントを使って本を購入できる
月額料金(税込)総合コース:618円
マガジンコース:418円
登録方法1.au IDを作成する
2.ブックパスへの会員登録を行う
3.読書開始
おすすめしたい人auユーザーの人

KDDIが運営するブックパスは、月額料金で雑誌やコミック小説などを読めます。auかんたん決済に対応しているため、auユーザーにとっては利便性の高いサービスでしょう。

月額料金がマガジンコースで418円と非常にリーズナブルなため、毎月2冊以上、雑誌を購入する場合は非常におすすめです。100万冊以上あるコミックや雑誌、小説や実用書などから自分が気になる本を選べます。

コースは2つあり、雑誌のみ楽しみたい方はマガジンコースを選びましょう。一方で、漫画や小説なども読みたい場合は月額618円の総合コースが適しています。

なお、ブックパスは読み放題以外に会員登録せず無料で読めるものや、1冊ずつ購入できるものもあります。まずはお試しからはじめて、読み放題に進みましょう。登録するにはau IDの作成が必要ですが、登録はどのキャリアの方でも行えます。

ここからは、ブックパスの口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

ブックパスは、読みやすいという意見や、懐かしい漫画が読めるとして人気を集めているようです。

dマガジン

複数端末で利用可能

特徴31日間の無料期間がある
月額料金(税込)月額プラン:580円
登録方法1.dアカウントを作成する
2.dアカウントにログイン後会員登録を行う
3.31日間の無料期間開始
おすすめしたい人dポイントを普段から使用する人

dマガジンはNTTドコモが運営している雑誌読み放題のサービスです。週刊誌や月刊誌、趣味に関する雑誌など広いジャンルで約1,400誌以上の雑誌が月額580円で読み放題になります。ドコモのユーザーはもちろん、普段使用していない方でもアカウントを作成して読み放題に登録可能です。dポイントはネットショッピングや飲食店など、さまざまな場所で使えるため、ユーザー以外も利便性が高いでしょう。

初回31日間は無料体験期間として設けられているため、雑誌の読み放題をはじめて検討する場合におすすめのサービスです。なお、無料期間中に解約した場合でも料金がかからない点が嬉しいポイントです。バックナンバーを含めるとその合計冊数は3,300冊を超え、また複数の端末からアクセスも可能なため利便性が高いといえます。

ここからは、dマガジンの口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

ブック放題

検索機能が使いやすい

特徴雑誌と漫画、漫画雑誌が読み放題に含まれれる
月額料金(税込)月額:550円
登録方法1.自分が保有するアカウントにログイン
2.ログイン後に会員登録
3.読書開始
おすすめしたい人アプリの高い操作性を求める方

ブック放題は月額550円で漫画や雑誌を読み放題できるサービスです。最大1か月の無料体験が設けられているため、操作性をはじめとした使用感を試してみるのも良いでしょう。多くのサービスでは漫画、もしくは雑誌などジャンルごとに読み放題プランが設けられていますが、ブック放題は両方を550円で楽しめます。雑誌の取扱数は800種以上、漫画の取扱数は6万冊以上と豊富なため自分が読みたい本がきっと見つかるはずです。

なお、スマホやタブレットパソコンに対応しておりオフライン環境にもダウンロードで対応できます。さらに、アプリの評価は非常に高くストア評価で4.3の数値が出ている点も信頼できるポイントです。

スマホアプリで電子書籍を選ぶ場合操作性が気になるところですが、ブック放題では直感的に検索や読書が行えるため、ストレスフリーで使用できるでしょう。デバイスの接続は、ブラウザは1台、アプリは最大5台まで同時に楽しめます。

ここからは、ブック放題の口コミを紹介します。

View post on Twitter

スキマ

漫画を楽しみながらポイ活

特徴ポイ活しながら漫画を楽しめる
月額料金(税込)※無料プレミアム会員:528円
登録方法1.GoogleアカウントやLINEアカウントなどからログインを行う
2.ログインできたらサービス利用開始
おすすめしたい人普段からポイ活を行っている人

スキマは3万2,000冊以上の漫画を読めるサービスです。広告を見ることで無料で漫画を読めるため、コストを抑えて読みたい漫画を楽しめます。扱う書籍は正式に許諾を受けたもののため、安心して読むことが可能です。無料のサービスではあるものの、詳細な検索機能やレビュー投稿、お気に入りの漫画新刊通知など豊富な便利機能が備わっており、ログインしてスムーズに読書を楽しめます。

広告を見て読書を楽しむサービスの場合、読める数が制限されていて「続きを早く読みたいけれど時間がまだまだある」といったことがあるでしょう。しかし、スキマでは無料で配布しているボーナスチケットを使ってサクサク読むことができます。

また、アプリ版においては広告動画を見てチケットを入手することも可能です。読むだけでなく漫画を書きたい人にもスキマは適しています。クリエイター活動を支援しているため、自分の作品を届けたい場合もチェックしてみましょう。

なお、スキマは会員登録せずとも漫画を楽しめますが、会員登録することでポイントの獲得や交換などを行えます。そのため、利用頻度が高い人や積極的にポイントを貯めたり使用したい人は会員登録を検討しましょう。ログインする場合はGoogleアカウントやLINEアカウント、X(旧:Twitter)アカウントから自動で登録できるため手間を省けます。

※「スキマ」と「電子書籍」等で検索しましたが適切な口コミはありませんでした。

めちゃコミック

退会後も購入商品を読める

特徴知名度が高いサービス
月額料金(税込)購入するポイント数によって変動
登録方法1.支払い方法を決定する
2.ログイン方法を選択して登録を行うコースを選択する
3.読書開始
おすすめしたい人安心してサービスを長く利用したい人

めちゃコミックはCMや広告などで評判が高い国内最大級のサービスです。スマホの画面に漫画を1個ずつ表示できるため、読みやすい特徴があります。取扱数が豊富で新作から過去に人気があった名作まで幅広い作品を楽しめます。

実際に利用した読者のレビューが600万以上あるため、読んだ人の感想を見てから自分に合った作品を探しやすい点もおすすめのポイントです。また、月額コースで読み放題を使って解約した場合も会員情報が残っており、購入した作品を引き続き読める点が特徴的です。

めちゃコミックIDを登録しておくと、機種変更の場合も引き続き読書を楽しめるため、悩みを解決できるでしょう。サービス開始から15年以上続く、老舗サービスのためサービス終了の心配も少なく、長く安心して利用できます。

ここからは、めちゃコミックの口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

めちゃコミックは、ポイントを貯めやすいうえに幅広いジャンルが楽しめるとして人気を集めています。

BOOK☆WALKER

品揃えが豊富

特徴豊富な品ぞろえが魅力
月額料金(税込)マンガコース:月額836円MAXコース:月額1,100円
登録方法1.手持ちのアカウントで会員登録を行う
2.コースを選択して決済を行う
3.読書開始
おすすめしたい人ノベルティも気になる人

BOOK☆WALKERは、漫画やライトノベル、小説などさまざまな商品を扱う角川書店の電子書籍サービスです。1,420,000冊以上の配信があり、アニメ化や映画化ドラマ化された人気作品も楽しめます。

読み放題では漫画コースとMAXコースの設定があり、マンガコースでは漫画と雑誌が楽しめます。いずれも14日間無料でお試しができるため、一度試してから継続するかどうかを決めるのも良いでしょう。雑誌と漫画のみの漫画コースの場合は月額836円で、単行本は30,000冊以上が読み放題です。なお、特典やキャンペーンも豊富で、電子書籍を購入するたびにコインがもらえ、半額還元やコイン、還元キャンペーンなども定期的に実施しています。

さらに、購入特典も取り扱いがあり、デジタルメッセージペーパーや書き下ろしショートストーリーなど紙の書籍に引けを取らない豪華な特典が付いています。アプリなしで読むことはもちろん、アプリをダウンロードしてオフラインで楽しむことも可能です。

ここからは、BOOK☆WALKERの口コミを紹介します。 

View post on Twitter

カドカワはなんと言ってもラノベが強い。

同社直営の電子書籍ストアBOOK☆WALKERはラノベ閲覧に特化した機能,独自特典,予約購入はポイントアップ,読書日記機能などの差別化でラノベファンを取り込んでAmazon一強の電書界でうまく成長している

BOOK☆WALKERは、キャンペーンが多くお得に利用できる点が魅力のようです。

Kindle Unlimited

Amazonユーザーにおすすめ

特徴取扱作品が豊富
月額料金(税込)月額980円
登録方法1.Amazonの会員登録を行い、Kindle Unlimitedの登録ページにアクセスする
2.専用ページからログインを行い、読み放題開始
おすすめしたい人Amazonユーザーの人

Kindle Unlimitedは200万以上が好きな端末で読めるサービスです。小説やビジネス、実用書やコミックなど幅広いジャンルから読みたい本を選べるため、ジャンルを特定せず、読書を楽しみたい方に適しています。

Kindle端末はもちろんスマートフォンやタブレットパソコンでも利用できるため、幅広いニーズに対応しています。初めて利用する場合は30日間無料体験できるため、使い勝手を試してみるのも良いでしょう。とくに、ビジネス書籍に関しては取扱数が豊富で、しおりを挟んだりカスタマイズして読み込めるため通勤や通学のお供に最適です。

配信作品数は読み放題サービスの中でも最大級で、自分の読みたい本が見つかりやすいでしょう。端末ダウンロード数としては20冊と設定されています。既にアマゾン会員となっている場合は、書籍の検索が簡単で、アマゾンのトップから気になる本のキーワード検索を行うと見つけられます。多くの書籍の中からKindleで読む場合は「0円Kindle Unlimited」と記載がなっているものが対象です。

ここからは、Kindle Unlimitedの口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

Kindle Unlimitedは、無料体験があるため気になる本を探しやすい点が魅力です。

Amebaマンガ

ポイントの使用用途が多彩

特徴Amebaサービスの一環
月額料金(税込)購入するポイント数によって変動
登録方法1.Ameba IDを登録して入手
2.公式サービスから無料会員登録をタップして登録を進める
3.IDを登録しない場合は、GoogleやYahoo!、 Twitterなどのアカウントからもログインが可能
おすすめしたい人普段からAmebaを利用している人

Amebaマンガはブログで有名なAmebaユーザーの6人に1人が使っている漫画サービスです。国内最大級の品揃えかつ、無料漫画が豊富に取り揃えられています。また、新規登録した場合100冊が50%還元になるキャンペーンを実施している点も特徴的です。無料漫画は毎日1万冊以上更新されるため、会員登録せずともたくさんの漫画を楽しめます。

さらに、専用アプリを使えばオフラインでも漫画を楽しめます。読み放題サービスは設けていませんが、無料で読める冊数が多く、漫画の価格が抑えられているためリーズナブルに気になる漫画を読めるでしょう。また、漫画コインを購入できる月額プランが設けられています。

ここからは、Amebaマンガの口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

Amebaマンガは、使い勝手の良さが評判のようです。

まんが王国

運営17年の実績

特徴有数の老舗サービスサービス
月額料金(税込)購入するポイント数によって変動
登録方法1.トップページの新規登録をタップして、ログイン方法を選
2.引き継ぎがある場合は、コードを入力するない場合は、次に進み会員登録を行う
3.読書開始
おすすめしたい人無料作品を豊富に読みたい人

まんが王国は無料の漫画や電子コミックが1万冊以上、かつ1冊丸ごと無料の作品もあるお得なサービスです。サービス開始から17年で多くのユーザを獲得しており、会員数は800万人以上に上ります。料金形態は読みたい漫画に合わせてポイントを追加で購入する方法のほか、月額で300ポイントや500ポイントなどを購入するコースがあります。月額コースの場合、ボーナスポイントがプラスでもらえるため、お得に漫画を購入可能です。。

読み放題のサービスはありませんが、じっくり試し読みを使って、ある程度漫画を読んだ上で自分が気になる書籍を購入すると、無駄なく読書を楽しめるでしょう。漫画レポ機能という独自の機能が備わっており、漫画を読んだあとにレポートを投稿するとサービスに掲載されます。場合によっては作家の先生本人から返事が来ることもあるといった嬉しいチャンスも期待できます。

ここからは、まんが王国の口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

まんが王国は、本棚機能が追加されたことやクーポンが利用できる点が好まれているようです。

BookLive!

キャンペーンが充実

特徴初回のサービスが充実
月額料金(税込)電子書籍の購入金額により異なる
登録方法1.公式サービスからメールアドレスを登録して送信する。もしくは他サービスのアカウントで会員登録を行う。
2.支払い方法を選択
3.読書を開始、またはアプリをダウンロードして読書開始
おすすめしたい人クーポンを重視したい人

「いつも心に漫画部屋を」をキャッチコピーに運営するBookLive!は漫画はもちろん、ライトノベル、ビジネス書籍や雑誌、写真集までさまざまな書籍を楽しめるサービスサービスです。読み放題プランは設定されておらず、自分が気になる書籍を買い切り型で入手します。お得な機能が豊富で、毎日クーポンを引けたり、会員登録なしで無料作品を読めたりします。またクーポンが気に入らない場合は、結果をSNSでシェアして再挑戦できる点が特徴的です。

さらに、来店ごとにポイントをもらえ、1ポイントあたり1円で使用できます。なお、初心者応援キャンペーンとして10回目まではポイントアップされ、合計200ポイントがもらえる点は見逃せません。また、月額プランではポイントコースが設けられており、500ポイントから1万ポイントまで選択可能です。1万ポイントになるとボーナスが1,200ポイントもらえるため、よりお得に読書を楽しめるでしょう。

レビューポイントや友達、紹介などお得機能があり、漫画や本があることで、心を豊かにするといった企業の意思がきめ細やかなサービスに現れているといえます。

ここからは、BookLive!の口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

BookLive!は、豊富なクーポンをお得に感じている人が多いようです。

Prime Reading

Prime会員はお得に利用できる

特徴カジュアルに読み放題を楽しめる
月額料金(税込)月額プラン:600円年額プラン:5,900円
登録方法1.まずはアマゾンのトップページからプライム会員に登録する
2.Prime Readingの画面に行き、読み放題開始
おすすめしたい人Amazonユーザーの人

Prime ReadingはAmazon Prime会員の方が使える電子書籍の読み放題サービスです。プライム会員になっている場合は、追加の料金なしで対象となる漫画や雑誌を無料で読めます。

Amazon Primeの会員特典の一つで、Prime VideoやAmazonミュージックプライムなどさまざまな特典と合わせて利用できます。Prime Readingでは1,000冊以上の電子書籍が読み放題で、小説やビジネス書籍コミックや絵本など多くのジャンルが対象です。スマートフォンやタブレットのほか、パソコンやKindle端末などさまざまなデバイスで活用できるため、読みたいものによって使い分けも行えます。たとえば、漫画の場合はスマホで読んだり、雑誌の場合は画面が大きなタブレットを利用したりすると良いでしょう。同時に保有できる本は10冊までのため、10冊を超えた場合は保存されている本を手放して新たなものをダウンロードします。

ここからは、Prime Readingの口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

Prime Readingには学割があるため、費用がお得になる点を魅力に感じている人もいるようです。

TanZak

チャット形式で漫画のノベライズが読める

特徴チャットで小説を読める
月額料金(税込)360円/週
780円/月
1,950円/3か月
登録方法1.アプリをダウンロードして登録
おすすめしたい人小説をサクサク読み進めたい人

TanZakはオリジナルから話題の作品までチャット形式で楽しめる新しいアプリです。iPhoneやアンドロイドからアプリをダウンロードしてサービスを利用します。ベストセラーの小説をSNSのチャットの感覚で楽しめるため、長文を読むのが苦手な方にもおすすめです。

タップするだけで文章が流れてくるため、自分のペースで楽しめます。読める作品は、集英社の掲載漫画におけるノベライズ版で、1,000作品以上の扱いがあります。また、TanZakのためにプロ作家が書き下ろしたオリジナルストーリーもあるため、毎日少しずつ読み進めるのも良いでしょう。定額読み放題は3つの種類が用意されており、1か月プランと3か月プランには3日間無料のトライアルが適用されます。

※口コミはありません

U-NEXT

動画も見放題

特徴動画と漫画を欲張りたい人向け
月額料金(税込)月額:2,189円
登録方法1.U-NEXTの公式サービスにアクセスし、会員登録を行う
2.ユーザ登録を行う。支払い方法を選択
3.読書・動画の開始
おすすめしたい人動画も書籍も欲張りたい人

U-NEXTは見ると読むが1つのアプリで行える便利なサービスです。近年は映画化される漫画が多くあるため、原作漫画を読んだあとに改めて動画閲覧サービスで映画やドラマを見る、という方もいるでしょう。

U-NEXTでは映画やドラマ原作漫画を1つのサービスでまとめてチェックできます。そのため、自分が好きな作品を深掘りできるでしょう。利用においては毎月1,200ポイントもらえる点も特徴的で、最新映画のレンタルや漫画の購入に活用できます。また、受け取ったポイントは翌月に持ち込せるため、まとめて好きな作品に使うのも良いでしょう。漫画の購入においては最大40%をポイントで還元されるため、還元されたポイントで気になる書籍をチェックするのもおすすめの使用方法です。

ダウンロード機能で作品を事前にダウンロードしておくと、オフラインの場所でも作品を楽しめます。月額料金は動画と漫画、雑誌などをすべて含めて月額2,189円と、他のサービスサービスと比較して高いように考えられますが、扱っているコンテンツが多いため充分満足できるでしょう。また、ファミリーアカウントで最大4つのアカウントを作れるため、家族4人での利用の場合は、実質一人当たり500円で利用できリーズナブルです。

ここからは、U-NEXTの口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

U-NEXTは、映画やドラマだけではなく書籍も読み放題な点が人気を集めているようです。

マンガ図書館Z

漫画の閲覧・投稿が行える

特徴レアな漫画の閲覧が可能
月額料金(税込)プレミアム会員:月額330円
登録方法1.登録はログイン「無料会員登録」をタップ
2.メールアドレスや性別、生年月日、パスワードなどを入力し、登録を行う
3.サービス利用開始
おすすめしたい人ニッチな漫画を読みたい人

漫画図書館Zは懐かしい漫画や単行本化されていない漫画などが全巻無料で読める電子書籍サービスです。他の電子書籍サービスは人気の作品を多く扱っている一方で、漫画図書館Zではややマイナーな漫画や、単行本で読めない漫画を漫画家や権利者の方、出版社の人から許可を受けて配信されています。そのため、他では読めない漫画を読めるでしょう。

1万7,845冊以上の取り扱いがあるため、毎日少しずつ読み進めるのがおすすめです。気に入った作品はPDFで購入でき、オフラインでの読書にも役立ちます。PDFで購入すると売り上げが漫画家に届くため、先生を直接応援することにもつながります。

さらに、プレミアム会員登録を行うとPDFが毎月1冊無料になるサービスが付いてきます。月額330円で広告が非表示になり、かつおまけが付いてくるお得なサービスです。なお、このサービスは読者だけでなく、漫画を投稿する側からの視点も含まれており、漫画家として活躍する赤松健先生の監修が加わっています。読書をする方はもちろん、漫画を描いて多くの人に読んでもらいたい方にも適したサービスです。

ここからは、マンガ図書館Zの口コミを紹介します。

View post on Twitter

コミックシーモア

みんなのレビューから漫画を選べる

特徴充実のレビューをもとに漫画を探せる
月額料金(税込)購入するポイント数によって変動
登録方法1.自分が持っているアカウントで、ログインを行う
2.支払い方法を選択する
3.読書を開始するもしくはアプリのダウンロードを行う
おすすめしたい人サービス終了を避けたい、運営歴が長いサービスを探している人

コミックシーモアは19年以上運営される老舗の電子書籍サービスです。無料の書籍や小説が豊富で、お得にさまざまな作品を楽しめます。漫画やライトノベル、小説や雑誌、写真集などの総数は132冊以上あるため、自分の好きな作品が見つかりやすいでしょう。

無料コミックは3万冊以上と充実しているため、まずは無料で読めることがおすすめです。コミックシーモアは電子書籍サービスの中でもとくに代表的なサービスサービスとして知られており、コミックシーモアの誕生日は「電子コミックの日」に認定されています。

読み放題としての月額プランは設けられていませんが、月額メニューで300ポイントから1万ポイントまでボーナスがつくプランが設けられています。1万ポイントの月額メニューにおいては、初回特典ポイントで2,500ポイント付くため、非常にお得なサービスといえるでしょう。またアプリをダウンロードすると、オフラインでも読書を楽しめます。最大100個の本棚をアプリ内で作れるため、普段からたくさんの漫画を読む方に適しています。

ここからは、 コミックシーモアの口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

読み放題プレミアム

もうすぐ終了のサービス

特徴Yahoo!プレミアム特典の一環
月額料金(税込)月額500円
登録方法現在は新たに会員登録は行われていませんが、参考までに流れを紹介
1.Yahoo!プレミアムの会員登録を行う
2.読み放題プレミアムにログイン
3.読み放題サービスの利用を開始
おすすめしたい人ソフトバンクやYahoo!のサービスを利用する人

読み放題プレミアムはYahoo!プレミアム会員のサービスの1つで、雑誌を読み放題で読めます。かつては漫画の配信も行っていましたが、現在は雑誌のみの読み放題を実施しており、雑誌においても2024年3月31日には配信が終了されます。月額500円で豊富な雑誌を読めるため、人気が高いサービスです。なお、Yahoo!プレミアムの簡易特典としては他に下記が挙げられます。

・PayPayの還元率を優遇

・ヤフオク販売手数料の優遇

・スポーツのライブ中継が見られる

・Yahoo!ショッピングやトラブルにおいて手厚い保証が受けられる

読み放題プレミアム終了に伴い、サービスを新たに検討する場合は同じ会社が運営する「ブック放題」がおすすめです。ブック放題では月額150円で60,000冊以上の漫画や800以上の雑誌を楽しめるため、満足できるでしょう。ただし、ブック放題においてはYahoo!プレミアム会員の特典は付属されません。なお、読み放題プレミアムはアプリの場合、最大5台まで端末登録が可能です。

参考までに、現在読み放題プレミアムに登録されている場合は、サービス終了に伴い、自動的に会員登録が解除されます。

ここからは、 読み放題プレミアムの口コミを紹介します。

View post on Twitter

読み放題で便利な点が人気で、2024年3月31日にサービスが終了してしまうのを惜しむ声が見られます。

FODプレミアム

動画を見られる

特徴動画と書籍どちらも楽しめる
月額料金(税込)月額:976円
登録方法1.FODアカウントを作成し、各種情報を登録する
2.月額構成の登録を行い、支払い方法を選択する
3.サービスを楽しむ
おすすめしたい人フジテレビの番組をよく閲覧する人

FODプレミアムはフジテレビが運営する動画配信及び雑誌の読み放題サービスです。80,000本以上のフジテレビの作品が見放題で、最新作から過去の名作までいつでも楽しめます。また、FODオリジナル作品も配信中のため、ここだけの作品が見られる点も特徴的です。

電子書籍においては、雑誌が200字以上、読み放題で週刊誌や女性誌、経済雑誌などさまざまなジャンルに対応しています。また、漫画についてもお得に購入できたり、無料で読めたりするものがあるため、さまざまなコンテンツをチェックしたい方におすすめです。月額976円で動画と電子書籍が見られるため、非常にお得なサービスといえるでしょう。

ここからは、 FODプレミアムの口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

FODプレミアムは動画だけではなく、雑誌も読み放題である点や、お得なポイントが付く日が設定されている点が好まれているようです。

ノベルバ

小説が読める・書ける

特徴小説の読み手と作者がつながれる
月額料金(税込)無料
登録方法1.ブラウザ版の場合は会員登録から情報を入力し、登録を進める。SNSアカウントでも登録が可能。
2.アプリの場合はアプリをインストールした後に質問ページに回答し、マイページからアカウント登録を行う
おすすめしたい人小説を読むだけでなく書いて評価されたい人

ノベルバは「誰もがデジタルデバイスであらゆる小説を読む世界を実現する」といった目的を持ち、作者と読者をつなげるサービスです。小説を読む人はもちろん、書く人も活用できるサービスです。

投稿作品を無料で閲覧でき、取り扱い作品数は14,000以上と豊富にあります。読者は無料で多くの作品を読め、かつここだけの作品に触れられる点がノベルバのメリットです。また、普段から趣味で小説を書いている場合はノベルバに投稿し、多くの方に読んでもらうことも可能です。ブログのように小説を投稿できるため、初めてオンラインで公開する人も操作しやすいでしょう。なお、小説は無料で投稿できるだけでなく、閲覧数に応じて報酬が支払われるため、自分の作品がどれぐらいの人に支持されているか判断するのにも適しています。

ここからは、ノベルバの口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

ノベルバは、字が大きく読みやすいという意見がありました。また、縦スクロールのため、中断したときにどこまで読んだのかわからなくなるとの意見もあります。

小説家になろう

話題作続々輩出のサービス

特徴書籍化やアニメ化される小説が多数
月額料金(税込)無料
登録方法1.ユーザ登録のボタンをタップし、メール認証を行う
2.本登録で個人情報を入力する
3.登録完了。サービスの利用開始
おすすめしたい人小説を読んで投稿したい人

小説家になろうは日本最大級の投稿型小説サービスで、パソコンとスマートフォンから利用できます。扱う小説は書籍化やアニメ化がされたものが多く、実績も豊富なため「読んだ作品が後になり有名になった」ということも考えられます。

無料サービスではあるもののお気に入り登録やしおりを挟む機能など、さまざまな便利機能が搭載されているため、使い勝手が良いサービスといえるでしょう。作品数としては100万作品以上が掲載されており、随時増えることから毎日小説を楽しめます。なお、小説は縦書きのPDF形式でも読め、オフラインでの利用も可能です。

適切な口コミはありませんでした。

みいみ

絵本を音声で楽しめる

特徴寝かしつけに最適なアプリ
月額料金(税込)月額:500円
登録方法1.公式サービスのトップページから登録
おすすめしたい人お試しから絵本の読み聞かせを使用したい人

みいみは子どもが耳で音声を聞いて、声で遊べる絵本アプリです。1か月無料ですべての機能をお試しできるため、気軽に始められます。お子さんの就寝前に寝かしつけの新たな選択肢として活用できるでしょう。100冊以上の絵本の読み聞かせをきれいな音声で楽しめ、プロのナレーターが朗読するためお子さんが聞きやすく保護者の方の読み聞かせ負担を軽減できます。また、セリフの一部分を自分の声で吹き替えられるため、お子さんが絵本のキャラクターになりきることも可能です。

扱う作品は有名出版社から出ている人気絵本で、安心して閲覧可能です。月額500円ですが、ラインナップが充実しているため毎日使い込めるでしょう。読み聞かせ時は画面を暗くでき、寝かしつけの読み聞かせに最適です。「絵本を自分で読んであげることが恥ずかしい」といった場合にもおすすめしたいアプリです。

口コミはありませんでした。

PIBO(ピーボ)

豊富な絵本数で子どもが大満足

特徴安心して読める絵本の取り扱いが多数
月額料金(税込)月額:315円
登録方法1.アプリをダウンロードして、個人情報を入力
2.有料会員の場合は別途支払い方法を選択する
3.アプリの利用開始
おすすめしたい人多言語の絵本の読み聞かせを使用したい人

PIBO(ピーボ)は120万人の保護者の方が利用する絵本アプリです。10年以上の運営実績があり、子どもの知育にぴったりなサービスといえるでしょう。ひらがなだけでなく、カタカナや英語の絵本も扱っているため、お子さんがさまざまな言葉に触れられます。

360冊以上の絵本があるため、年齢や興味に合わせて作品を選びましょう。自動の読み上げだけでなく、自動でページめくりをしてくれるため、スムーズな読み聞かせが叶います。読み聞かせのアプリで日本語力向上に効果が期待できるでしょう。

ここからは、PIBO(ピーボ)の口コミを紹介します。

View post on Twitter

PIBOは、朗読のみと挿絵が豊かな点が話題のようです。

Amazon Kids+

子ども向けコンテンツが充実

特徴子どもが好むコンテンツを集約
月額料金(税込)Amazon会員:480円一般会員:980円
登録方法1.480円のプランに加入する場合は、まずプライム会員の会員登録を行う
2.既にプライム会員の場合は、AmazonKids+の「プランを選ぶ」から無料体験を開始
3.無料体験が終わったあとは、自動的に有料会員に登録が移行する
おすすめしたい人すでにAmazon Prime会員の人

Amazon kids+は数あるAmazonのサブスクの中でも子どものサービスに特化しています。月額480円から利用でき、絵本や知育コンテンツ、ビデオゲームなど数千点のコンテンツが提供されています。

扱うコンテンツは専任のチームが内容を確認し対象年齢を決定しているため、安心して利用できるでしょう。3歳から12歳向けのコンテンツを扱っており、設定画面で子供の年齢を入力すると自動表示される仕組みです。また、楽しむだけでなく、学習もできるため、お子さまの自主的な学習への取り組みに効果的でしょう。本はスマートフォンや専用端末パソコンなどさまざまなデバイスで使用可能できますが、アプリやゲームに関しては専用タブレットの用意が必要です。

なお、料金はAmazon Primeに加入している場合は月額480円、プライム会員以外の場合は月額980円がかかります。支払いは年額プランや3か月プランの用意もあります。

ここからは、Amazon Kids+の口コミを紹介します。

View post on Twitter

Amazon kidsは学習支援としての活用がしやすいとして話題を呼んでいるようです。

ひかりTVブック

3台のデバイスを繋いで読める

特徴dアカウントユーザーにおすすめ
月額料金(税込)電子書籍の購入金額により異なる
登録方法1.公式サービスの新規登録をクリック
2.dアカウントを所有している場合は使用して登録を進める
3.dアカウントを所有していない場合は新たに取得
4.ひかりTVブックのみ使用する場合は「Web ID」アカウントの取得を行って登録を進める
おすすめしたい人すでにdアカウントのサービスを利用している人

ひかりTVブックはNTTドコモが提供する電子書籍のサービスです。「ひかりTV」を契約していない場合でも、dアカウントを登録すると利用可能です。サービスはWebブラウザで使用するため、アプリのダウンロードがなくとも問題ありません。ただし、アプリを使うと本棚機能を使って作品を一括管理できるため、冊数が増えた場合は検討しましょう。

取り扱いは漫画やライトノベル、文芸小説やビジネス、書籍などジャンルが豊富です。複数のデバイスをつなげるため、自分の読書シーンに合わせて使い分けましょう。

ここからは、ひかりTVブックの口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

ひかりTVブックは、ダウンロードが早いと評判です。また、ポイント付与率が高い点も魅力といえるでしょう。

Renta!

購入とレンタルから選べる

特徴48時間レンタルで漫画が読める
月額料金(税込)電子書籍の購入金額による
登録方法1.公式ホームページの無料登録ページからメールアドレスを認証し登録を行う
2.SNSアカウントを保有している場合は、各アカウントで登録を行う
3.気になる作品を見つけたらポイントを購入して利用を開始
おすすめしたい人お得に漫画をたくさん読みたい人

Renta!は、900万人が利用するレンタルと購入いずれも可能な電子書籍サービスです。レンタルできる作品は37万冊以上、購入は86万冊以上の扱いがあるため、話題の作品から懐かしの作品まで気になるものを読めるでしょう。作品を選んでいくと「レンタル」「購入」選択でき、レンタルは作品よりも低価格で作品を読めます。レンタル時間は48時間のため、少し読んでみたいといった場合は、お得なレンタルのほうがおすすめです。また、レンタルで気に入った作品は差額で購入も可能です。そのため、利用し始めてしばらくはレンタルで借りて、慣れてきたら購入に進むといった方法が良いでしょう。

Renta!の場合、読み放題サービスはありませんが、使えば使うほどお得になるシステムが整っています。たとえば、会員ランクが設けられており漫画を購入するたびに還元されるポイントの利率が増えたり、毎日スタンプを貯めてポイントと交換したりすることが可能です。また、ポイントを購入するとボーナスポイントが付与される点も見逃せません。

キャンペーンでお得に読める作品も多く見られ、1話10ポイントから読めるものもあります。レンタルは通常1冊100ポイント以上ですが、1話10ポイントの場合は非常にリーズナブルに書籍を楽しめます。

ここからは、Renta!の口コミを紹介します。

View post on Twitter

Renta!は、漫画の種類によってはほかの電子書籍サービスより早く読めるようです。また、ゴミ箱に入れても、完全削除しなければ本棚に戻せる点も魅力といえます。

タブホ

個人・法人サービスがある

特徴個人と法人両方に対応したサービス
月額料金(税込)月額:550円
登録方法1.公式サービスよりタブホのアカウントを取得
2.タブホのアカウントを登録後にサービスに登録
おすすめしたい人ニッチなジャンルの雑誌も読みたい人

タブホは月額550円で人気雑誌が読み放題のサービスです。1,000誌以上の雑誌を読めるため、読みたい雑誌を見つけやすいでしょう。人気のジャンルだけでなく、ニッチなジャンルまで取り扱っているため、紙派でも書店でなかなか見つからない雑誌を探す場合の利用もおすすめです。

雑誌の電子書籍の場合、ページをめくるのに時間がかかることがあります。しかし、タブホでは雑誌が開くまでの待ち時間を短縮してサクサク読めるでしょう。仕事や勉強のスキマ時間に読むのはもちろん、ガイドブックが豊富で旅のおともとしても活用できます。スマートフォン、タブレットパソコンに対応しており、最大3台まで利用可能なため、使用シーンにあわせて使い分けましょう。

アプリの場合は7日間までオフラインで雑誌を楽しめるため、通信環境の悪い場所でも安心して利用できます。なお、タブホでは法人向けのサービスも展開しています。美容院やエステサロンなど、お客様の待ち時間を楽しみに変えるサービスのため、企業や個人で店舗をお餅の場合も検討しましょう。なお、法人においても取扱数は個人用と同様です。法人の場合は利用サービスが異なり、すでに手持ちの端末がある場合は年間6,000円から、エリア限定で利用する場合は年間33,000円で登録可能です。

ここからは、タブホの口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

タブホの口コミを見てみると、雑誌が読み放題な点を気に入っている人が多いようです。

エブリスタ

オリジナル図書券が特徴的

特徴小説を読める・投稿できる
月額料金(税込)エブリスタEX 月額:264円
登録方法1.公式サービスの「新規登録」からメールアドレス入力して登録
おすすめしたい人小説を読んで投稿もしたい人

エブリスタはこれまでに1,000作品以上、書籍化した実績がある小説投稿サービスです。閲覧だけでなく投稿も可能で、小説コンテストの比較も実施されているため、作家としてのデビューを目指す人にもおすすめのサービスです。

なお、各作品を読んだあとは、各ページから作家さんに対してスタンプやテキストで応援メッセージを送れます。そのため、作家さんとつながりながら読んでいるかのような感覚を味わえるでしょう。投稿される小説は、短編小説が多く、5分程度で読めるものが多い点が特徴です。通勤時間やすきま時間などに小説を読みリフレッシュしたり、温かい気持ちになったりできるでしょう。

利用者数が多く、毎日たくさんの人が物語を投稿しているため継続してたくさんの作品を読み続けられます。過去にたくさんの小説がドラマ化やアニメ化された実績もあるため、自分が読んだ本があとになってテレビで見られる可能性もあるでしょう。

なお、サービス内では「エブリスタ図書券」という独自のサービスが展開されています。エブリスタ図書券ではプレミアム小説やコミックなどを購入可能です。有効期限は6か月と決まっているため、期限に注意しながら利用しましょう。

ここからは、エブリスタの口コミを紹介します。

View post on Twitter
View post on Twitter

エブリスタは、ページごとにコメントを付けられる機能があり、投稿者と読み手の距離が近い印象があります。

種類別に電子書籍のおすすめサービスを紹介

ここからはジャンル別目的別におすすめサービスを紹介します。電子書籍サービスはそれぞれ漫画に強い、雑誌に強いなど特色が異なります。そのため、自分が読みたいものに注力しているサービス選びが必要です。

今回は漫画雑誌ライトノベルや子ども向け絵本など、ジャンルごとにおすすめのサービスを5つ紹介します。

漫画メインで読む人におすすめサービス5選

電子書籍で漫画をメインに読みたい場合は下記5つのサービスがおすすめです。いずれも読み放題の月額料金があることはもちろん、漫画の取り扱い数が豊富です。

サービス名月額料金(税込)読み放題の有無冊数
ブック放題550円漫画:60,000冊
旅行ガイド:300冊
雑誌:800誌
コミックシーモア購入するポイント数によって変動全100万冊以上
KindleUnlimited980円全200万冊以上
BOOK☆WALKERマンガコース:836円
MAXコース:1,100円
21,000冊以上
マンガ図書館Z330円17,838冊以上

漫画の読み放題を実施しているサービスは多く見られますが、今回はとくに使い勝手が良かったり価格を抑えて利用できたりするところを紹介しています。ブック放題は無料で読める作品が多く、自分に適しているか把握しやすいでしょう。

コミックシーモアはユーザーの読者をもとに、書籍を見られる点が嬉しいポイントです。KindleUnlimitedは漫画を含め200万冊以上の書籍の扱いがあるため、選択肢が豊富です。BOOK☆WALKERはコースの選択肢が豊富なため、自分の予算や好みにあわせて選べます。

マンガ図書館Zは無料のコースがあるため、そこからお試し感覚でスタートできるでしょう。

ラノベ・小説メインで読む人におすすめサービス5選

ライトノベルや小説をメインで読みたい方におすすめのサービスは下記の5つです。料金のリーズナブルな点はもちろん、小説ならではの操作性も良好なサービスです。

サービス名月額料金(税込)読み放題の有無冊数
BookLive!電子書籍の購入金額により異なる100万冊以上
BOOK☆WALKERマンガコース:月額836円』MAXコース:月額1,100円21,000冊以上
ノベルバ無料76万作以上
小説家になろう無料100万作以上
ひかりTVブック電子書籍の購入金額により異なる全29万冊以上

小説を読めるサービスは漫画を読めるサービスと重複しているものがBookLiveやBOOK☆WALKER、ひかりTVブックなど挙げられますが、ノベルバや小説家になろうといった小説に特化したサービスもあります。ノベンバは無料で豊富な小説を読めるほか、個人が小説を投稿できるため、読むだけでなく「書く」をしたい方にも適しています。

また、個人の小説を読みたい場合は20年以上の運営実績がある小説家になろう、もおすすめです。日本最大級の小説投稿サービスのため、心ゆくまで作品を楽しめるでしょう。

雑誌メインで読む人におすすめサービス5選

雑誌をメインで読みたい方におすすめのサービスは下記の5つです。これから紹介する5つのサービスは、さまざまな雑誌に対応しているため、どのサービスを選んでも満足できるでしょう。

サービス名月額料金(税込)読み放題の有無冊数
dマガジン月額プラン:580円1,400誌
楽天マガジン月額プラン:418円
年額プラン:3,960円
6,000誌
ブックパス総合コース:618円
マガジンコース:418円
全100万冊以上
ブック放題月額:550円雑誌700冊以上
KindleUnlimited月額980円全200万冊以上

dマガジンは利用に応じてdポイント、楽天マガジンは楽天ポイントを貯めながら雑誌を楽しめます。ブックパスは雑誌のみの月額コースがあるためコストパフォーマンスよく読書を楽しめるでしょう。また、ブック放題は雑誌とあわせて漫画もバランスよく楽しめます。そしてKindleUnlimitedは雑誌はもちろん、その他の書籍も網羅して多くの冊数を扱っているため、幅広いジャンルを欲張りたい人に適しています。

子どもと一緒に楽しめるおすすめサービス5選

近年は電子書籍の中でも絵本や童話など子供向けのアイテムを扱うサービスも見られます。スマートフォンやタブレットなどのデバイスを使ってお子さんと本を楽しみたい場合、下記5つのサービスがおすすめです。

サービス名月額料金(税込)読み放題の有無冊数
みいみ月額:500円170冊
PIBO(ピーボ)月額:315円128冊
AmazonKids+Amazon会員:480円
一般会員:980円
1,000冊以上
コミックシーモア購入するポイント数によって変動100万冊以上
KindleUnlimited月額980円全200万冊以上

みいみはワンコインで170冊以上の絵本を読め、かつ広い年齢層のお子さんが楽しめる特徴があります。PIBO(ピーボ)は月額315円と非常にリーズナブルに有名な著者の書籍を読めます。また、AmazonKids+では、絵本だけでなく動画やアプリもあわせて楽しめます。普段から動画を見る機会が多いお子さんや、アプリで知育が気になる方に適しているでしょう。

お子さんが比較的大きい場合はコミックシーモアやKindlUnlimitedなど、大人も一緒に楽しめるサービスが良いでしょう。親子で漫画を楽しみ、会話の機会を増やせます。

ビジネス書籍メインで読む人におすすめサービス5選

電子書籍はいつでもどこでも読めることから、通勤中にビジネス書籍を読む方も多いでしょう。ビジネス書籍をメインで読む人におすすめのサービスは下記の5つです。

サービス名月額料金(税込)読み放題の有無冊数
KindleUnlimited月額980円200万冊以上
PrimeReading月額プラン:600円
年額プラン:5900円
1,200冊程度
読み放題プレミアム月額500円110誌以上
ひかりTVブック電子書籍の購入金額により異なる29万冊以上
auブックパス月額618円300誌以上

KindleUnlimitedやPrimeReadingはAmazon会員で普段からお買い物を楽しむ人におすすめです。いずれもスマートフォンやタブレットなどから細かい文字の書籍を読みやすいため、電車の中でも使い勝手が良いでしょう。

また、ビジネスなどの専門誌を雑誌で読みたい場合は読み放題プレミアムやひかりTVブック、auブックパスなどの雑誌読み放題がおすすめです。とくにauブックパスは雑誌のみにもかかわらず300誌以上の扱いがあるため、自分が富みたい1冊を見つけやすいでしょう。

読み放題タイプ電子書籍のメリット

ここからは読み放題タイプの電子書籍におけるメリットを5つ紹介します。電子書籍のサービスには、読み放題と買い切りの2種類があります。その中でも読み放題の場合は、少し気になった本でも気軽に読めたり、お気に入りの本が何度でも繰り返し読めたりするメリットがあります。

紹介するメリットを確認して、自分に合っていると思った場合は電子書籍での読書を検討しましょう。

漫画以外の書籍も読み放題の対象になっている

近年は読み放題において雑誌や小説、写真集などさまざまなジャンルでサービスが設けられています。読み放題は漫画を扱うイメージが強いと感じる方もいるでしょう。しかし、現在は、漫画以外の書籍も読み放題で取り扱っているため、さまざまなジャンルを読みたい方におすすめです。

たとえば、美容関係やアパレル関係の方の場合、毎月いくつものファッション雑誌を読むことがあるでしょう。その場合に読み放題のサービスを利用すると、コストを気にせずさまざまな雑誌を読めます。雑誌は1冊あたりの価格が1,000円以上とコストがかかるため、読み放題のサービスは魅力的でしょう。

また、お子さんと絵本を読む場合も読み放題が適しています。絵本を購入すると1冊あたり1,500円かかる商品も見られます。その場合、お子さんが欲しがってもなかなか購入しづらいと感じるかもしれません。絵本の読み放題サービスを利用すれば、コストパフォーマンス高く利用できます。お子さんが気になる絵本をお金を気にせず、何冊でも読んであげられます。少し大きくなったお子さんの場合は、読み放題を使って自分で絵本を読んでもらうのも良いでしょう。

お試し感覚で利用しやすい

読み放題はお試し感覚で利用できるメリットもあります。多くの読み放題プランは500円程度に設定されているため、購入を迷っている本を1冊買うお金でプランをお試し可能です。

たとえば、漫画において購入を迷っている本を読み放題プランに加入して読んでみる方法がおすすめです。万が一、気になる本が面白くなかったとしても他の漫画や雑誌を読み放題で読めるため「損をした」と感じる可能性が低いといえます。

また、読み放題を使って普段読まないジャンルに挑戦するのもおすすめです。たとえば、普段は少女漫画しか読まないけれど、読み放題を使って少年漫画も読んでみるといったものが挙げられます。雑誌や小説もあわせて読めるプランであれば、そちらに挑戦するのも良いでしょう。読み放題を利用して読書の幅を広げ、新しい価値観に触れることもできます。

何冊も何度でも繰り返し読める

読み放題は同じ本を何度でも繰り返し読めます。読み放題の契約期間中であれば同じ本を何度でも読めるため「あのシーンをもう一度見たい」「どのような話だったかな」と、過去に読んだ作品が気になった場合にいつでも読み進められます。

電子書籍の購入には買い切り型やレンタル型など、さまざまなプランがあります。レンタル制の場合は、同じ本をもう一度レンタルしなければなりません。しかし、読み放題の場合は追加料金なしで書籍を繰り返し読めるメリットがあります。サービスによっては退会後も作品を読める場合もあるため、選択肢が豊富でしょう。

ただし、読み放題のプランによっては気になる本が期間限定で読み放題に設定されている場合もあるため、会員登録する際は読み放題の期間を確認して購入してください。

月額一定料金で好きな本が読める

読み放題プランは多くの場合、月額料金で設定されており、固定料金で契約します。そのため、毎月一定金額で好きな本が読めるでしょう。紙で書籍を購入する場合、1冊あたり数百円から数千円程度かかります。とくに、雑誌や小説の場合は1,000円以上かかる商品も多くあるため、購入をためらうことがあるでしょう。読み放題は、数百円で何冊でも読みたい本を読めるため、月に何冊も本を購入している方と相性が良いサービスです。

読みたい冊数が多くてもコストを抑えられる

読み放題は金額が一定かつオンラインでデータを管理できるメリットがあります。そのため、漫画や書籍を定期的に購入し、書籍代や収納スペースがかさむ人におすすめです。プランによって冊数が決まっている場合もありますが、1冊購入するよりもお得に読めるため、コストを抑えたい方に適しています。

さらに、読みたい本の冊数が多い場合、紙では収納場所に困ります。しかし、電子書籍の場合はスマートフォンやタブレットなど、デジタルデバイスにデータとして保存されるため収納場所は必要ありません。読みたい冊数が多い方でも、コストと収納スペースを抑えながら読書を楽しめるでしょう。

読み放題タイプ電子書籍のデメリット

メリットが豊富な電子書籍の読み放題ですが、あらかじめ知っておきたいデメリットもあります。ここでは電子書籍で読み放題を活用するデメリットを5つ紹介します。メリットだけでなく、デメリットも把握したうえで登録に進みましょう。

最新書籍の取り扱いが少ない

読み放題のサービスによっては最新書籍の取り扱いがない可能性もあります。最新の書籍や人気作品が対象外になっていて、結局課金しなければいけなかった、というケースも考えられます。

また、定額読み放題になっている電子書籍は一部のみというサービスも少なくありません。「全100話の漫画を読みたくて登録したものの、20話までしか読めなかった」といったケースもあるでしょう。

ほかにも「広告で見かけた人気の漫画を読もうとして読み放題に登録したけれど、その漫画は読み放題に含まれていなかった」という場合もあります。そのため、読み放題に登録する場合は最新書籍の取り扱いがあるか、また自分が読みたい書籍が含まれているかを必ず確認しましょう。もう一つ注意点として、プランによって毎月の冊数に上限が設けられている場合もあります。

古書は扱いがない

読み放題タイプの電子書籍においては古書の取り扱いがない可能性もあります。たとえば、数十年前の漫画が読みたくなったけれど、取り扱いがなくて結局紙で購入したといったケースがあります。近年は電子書籍を扱うサービスが古い漫画や雑誌もアップロードを進めていますが、それでもなお古書の扱いは少ない状態です。そのため、懐かしさから昔の漫画や小説を読みたいと思っても扱いがない可能性があるでしょう。また、仮に古書を扱っていたとしても元々の状態から、画像が荒かったり見にくかったりする可能性があります。

なお、古書の扱いとして電子書籍サービスでは「古本」という概念がありません。紙媒体の古本は状態が悪くなっていることから価格が抑えられています。しかし、電子書籍の場合はオンラインで管理しているため、古いという概念がありません。古い本であっても安く購入できるわけではないため注意しましょう。書籍は古くとも新しくとも料金が一律です。

解約した後は読めなくなる

電子書籍の場合、多くのサービスでは解約するとこれまで購入した方が読めなくなります。紙の場合、購入して自宅に置いておく限り読み続けられますが、電子書籍は解約した日から書籍を読めません。

また、電子書籍は常に更新されることから、対象作品の入れ替えが起こると読めなくなる可能性もあります。たとえば、比較的古い書籍を気に入って読んでいても商品の入れ替えとして一定期間を過ぎると読めなくなることがあります。

人気が高い書籍は対象外の場合もある

電子書籍の中でも人気が高い書籍は読み放題に含まれていない可能性があります。テレビで話題になった漫画を読もうと読み放題に登録したけれど、実際は含まれていなかったといったケースが挙げられます。読み放題に登録する際は自分が読みたい本が読み放題の対象に含まれているか、読み放題には期間限定で含まれていないかなどを確認しましょう。

サービス終了の可能性がある

利用するサービスが小規模の場合や解説してもない場合、突然サービスが終了する可能性があります。そのため、取扱者数が多かったり長く運営していたりするサービスの選択がおすすめです。読み放題は毎月たくさんの書籍を読めるため非常に魅力的ですが、サービス自体が終了してしまうと二度と書籍を読めなくなります。そこで、サービスの終了の可能性が低いサービスを選びましょう。具体的には、広告を頻繁に打ち出している大手のサービスや運営元が大きな会社のサービスがおすすめです。

まとめ

電子書籍は読み放題で楽しもう

電子書籍はスマートフォンやタブレットから気軽にお気に入りの本を読める便利なツールです。しかし、たくさんのサービスがサービスを展開していることから、サービスを選びにくくなっているという悩みもあるでしょう。その場合は自分が読みたいものを重点的に取り扱っているサービスや、長く安心して読めるサービスを検討しましょう。

電子書籍はいつでもどこでもお気に入りの本を読めるサービスです。これまで紙媒体で読書を楽しんでいた人もぜひ検討してみましょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のサービスカテゴリー

新着記事

カテゴリー