この記事で紹介されている商品
30Lの登山リュックおすすめ18選!良コスパの安い商品を中心にご紹介・選び方も解説

30Lの登山リュックおすすめ18選!良コスパの安い商品を中心にご紹介・選び方も解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

日帰りからテント泊までできて、コスパのよい「30Lの登山リュック」。登山リュックとしてはコンパクトサイズなので、価格も比較的安いですよ。防水素材やおしゃれなデザイン、レディース向けに設計されたものなどさまざまな商品があります。この記事ではおすすめの登山リュックをご紹介しているのでぜひ参考にしてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

30Lの登山リュックの使用用途

30L程度の容量は日帰りでの登山にぴったりですが、自炊しないなら山小屋での1泊まで使える、汎用性の高いサイズです。富士登山向けとしても30L前後の容量が最適とされています。

なお、荷物が多くなりがちな方は30〜40Lと余裕をもった容量を選ぶのもよいですが、30Lで雨蓋が付いているものやロールアップ式など、本来の容量よりも少し多めに収納できるタイプを選ぶのもおすすめですよ。

必要以上に大きいリュック(ザック)は使えるシーンが限られますが、30Lなら季節やシーンを問わず使いやすいので、1つだけお気に入りのリュックを購入するなら30L前後を選ぶとよいでしょう。

30Lの登山リュックの選び方

30Lの登山リュックを購入する際には、自分の体格に合ったサイズ選びや、登山向けに使いやすいよう工夫されたものを選ぶことが大切です。自分が重視したいポイントは何なのか考えながらチェックしてみてくださいね。

1.長時間使っても疲れにくいものを選ぶ

登山リュックは、できる限り疲れにくいものを選びたいですよね。疲れにくさは体へのフィット感や重さが大切なポイントになってくるので、以下を参考にして自分の体格に合ったサイズを選びましょう。

背面長に合ったサイズを選ぶ

「背面長(はいめんちょう)」とは、背骨の長さのこと。通販では実際に背負ってサイズを確かめられないので、自分の体格とリュックの背面長が合っているかをチェックしましょう。

なお、リュックの背面長はショルダーベルトの付け根からウエストベルトまでの長さを指しています。体の背面長は、腰骨あたりから首の後ろの付け根あたりに突き出している骨(真下を向くとわかりやすい)までの長さを計ってみてください。

中には背面長を微調整できるリュックもあるので、サイズが合うか心配な方はこのようなタイプを選ぶのもよいでしょう。

リュックの重さに注目

登山に適したリュック(荷物含む)の重さの目安は、リュックの容量や使用する人の体格によってある程度決まっています。30Lの登山用リュックには約8kgまでの荷物が収納できるとされており、使用する人の体重の10〜15%の重さが目安です。

同じ30Lなら軽量タイプのリュックを選んだ方が肩への負担も軽減されるので、荷物が多い方は軽さに注目して選ぶのをおすすめします。

フィット感が高いと疲労が軽減される

リュックのフィット感は、長時間背負ったときの疲労感に大きく影響します。自分の体格に合っているかどうかが一番重要なので、サイズ選びは慎重に行いましょう。

特に背面長が合っているかは重要なポイントです。メーカーや商品によっては背面長だけでなく、男性向けと女性向けとでストラップの厚みや角度を変えていることもあります。そのためフィット感を重視する方は、サイズ展開が細かく分けられているものを選ぶとよいでしょう。

2.防水性能で選ぶ

防水タイプではない登山リュックを使用する場合はザックカバーが必要になりますが、できる限り荷物を減らしたい方やリュックの使い勝手を重視したい方は、防水タイプの登山リュックを選びましょう。

防水タイプの登山リュックには、ほとんどが防水素材でできたものと、接合部や開口部もすべて防水仕様になっている完全防水のものの2種類があります。

防水素材でできたものは軽い雨程度なら耐えられますが、強い雨では浸水してしまう場合があるため、荷物を絶対に濡らしたくない方は完全防水タイプがおすすめです。

完全防水タイプは防水機能を優先している分、その他の機能性は省かれていてシンプルなものが多いので、防水性と使い勝手のどちらを優先したいか考えてみてくださいね。

3.荷物の出し入れのしやすさで選ぶ

荷物の出し入れのしやすさを重視するなら、開口部が大きく開くものを選ぶのがおすすめです。たとえば雨蓋なしでも雨の侵入を防げるロールトップタイプは、メイン収納へのアクセスが簡単にできます。

他にもリュックに縦長のジッパーが付いていて、風呂敷やスーツケースのようにメイン収納を大きく広げられるものも多く販売されていますよ。一般的にリュックは底に入れた荷物が取り出しにくいですが、大きく広げられるタイプならどの場所に収納しても取り出しやすいですね。

4.快適に背負える工夫で選ぶ

登山リュックには以下のように、調節可能なショルダーハーネスやヒップベルト、荷物の量に関わらず体にフィットさせられるコンプレッションストラップなどが搭載されていますよ。

ショルダーハーネス・ヒップベルト

登山リュックの背負い心地はフィット感が大きく影響するので、荷物の量や体格に合わせてサイズを微調整できるショルダーハーネスや、ヒップベルト(ウエストベルト)付きのものを選ぶとよいですよ。

サイズ調整が可能なショルダーハーネスを搭載したリュックは自分以外の人が使うときにもフィットさせやすいので、家族や友人とシェアする場合にも便利。ヒップベルトはリュックを体にフィットさせられるほか、荷物の重さを肩だけでなく腰にも分散させられるため、体の負担軽減にもなりますよ。

コンプレッションストラップ

コンプレッションストラップとは、リュックの側面に付いている調節可能なベルトのことです。リュックの中身を背中側に寄せて固定したり、重心を安定させて快適に背負えるようにしたりする役割があります。

また商品によっては、リュックを圧縮する以外にも荷物を挟んで固定しておくことも可能。日帰りから宿泊までさまざまなシーンで活用できる30Lの登山リュックのよさを最大限に活かすなら、荷物が多くても少なくても背負いやすいコンプレッションストラップ付きがおすすめですよ。

ポケット・ポールループ

収納力を重視したい方は、各部位に付いているポケットやポールループ付きのものを選んでみてください。ポケットはショルダーハーネスやリュック側面など商品によってさまざまな部位についており、ペットボトルやよく使う小物などを収納するのに便利です。

ポールループはトレッキングポールループやアックスホルダーなどとも呼ばれ、トレッキングや登山で使うトレッキングポールやピッケルなどを差し込んで固定できますよ。

30Lの登山リュックのおすすめ18選

ここからはおすすめの30Lの登山リュックをご紹介します。気になる商品があればぜひチェックしてみてくださいね。

取り外しできる一体型のレインカバーが付いており、天候を気にせず使いやすいリュックです。背面にはフレームが入っていながらも重量は1kg以下と軽量で、ヒップベルトにはリュックを背負ったままでも小物が取り出せるジッパー付きのポケットが付いています。ショルダーストラップにはメッシュポケットが付いていてスマホの収納が可能です。両サイドにはボトルホルダーが付いています。

メイン収納が大きく開くため、荷物の出し入れやパッキングがしやすいリュックです。上部には小物が入れられるジッパーポケット、サイドやショルダーベルトにはストレッチポケット、フロントには書類やノートが収納できるジッパーポケットが2つずつ付いています。収納力が高く軽くて使いやすいので、登山に限らずさまざまなシーンで使いやすいですよ。

配色がおしゃれなレディース向けの登山リュックです。こちらは「グラファイト×シェール」という色で、ほかには赤系の「カスピア×カラント」と、緑系の「スペアミント×シーグリーン」があります。背面がメッシュになっていて長時間背負っていても蒸れにくく、ヒップベルト内側もクッション性のあるメッシュ素材となっており、体への負担を軽減しながら快適に使用可能です。

背面の中央部分に隙間を作り、通気性をよくした「エアストライプ」というシステムが特徴的な登山リュックです。重心を体に近づけるため厚みを抑えた構造になっており、荷物の出し入れはフロントオープニングファスナーで簡単にできます。デザインもおしゃれで、カラーバリエーションは3色から選択可能です。

取り外しできる一体型のレインカバーや、同じく取り外しできるパッド入りのヒップベルトが付いています。フロントポケットには大きなジッパーが付いているため荷物の出し入れがしやすいでしょう。素材は撥水加工が施されているので、急な雨にも焦らずに済みます。ヒップベルトにはスマホが収納できる折りたたみ式のポケット付きで使い勝手もよいですよ。

アウトドア初心者の方も使いやすい、通気性のよい女性向けのリュックです。軽くて耐久性も高く、フロントのマチ付きジップポケットやサイドのメッシュポケット、雨蓋にもジップポケットが付いており収納も充実しています。女性の体型に合わせてフィットし疲れにくい設計になっているので、収納力や快適さを重視する女性におすすめです。

ヘリーハンセン リュック ステティンド30 Stetind 30

商品情報

【容量】30L
【背面長】ー
【重量】約750g

背中が蒸れにくいメッシュバックパネルを採用し、さらにフィット感を調節できるウエストベルトも付いています。ウエストベルトはサイドのボトルポケットに収納可能です。トップポケットにはレインカバーが標準で付属していますよ。両側にあるコンプレッションベルトとサイドポケットを組み合わせれば、トレッキングポールも収納できます。

背中とリュックの間に空間を作り、蒸れにくく長時間でも快適に背負える「airspace構造」を採用したモデルです。メイン収納にアクセスしやすいJ字型のジッパーを搭載しているトップローディングタイプです。カラー展開はBlack、Celestial Blue、Charcoalがありますよ。

登山やキャンプなどのアウトドアシーンだけでなく、タウンユースもしやすいリュックです。背面パネルとショルダーベルトはメッシュ素材を使用しており、クッション性があって柔らかいので体の負担も軽減できます。両側には500mLのペットボトルが1本ずつ収納でき、タブレットや文房具が収納できるポケットも付いているため通勤や通学用のリュックとしても便利です。

明るさと落ち着きを兼ね備えた、おしゃれなデザインが特徴的なリュックです。チェストベルトやウエストベルトも付いていて重い荷物を持ち運びやすく、収納やポケットも充実しています。フランス初のヒマラヤ登山隊に登山アイテムを提供したメーカーから販売されているので、本格的な登山向けのリュックを探している方にぴったりですね。

トレッキングポールといった長いギアを収納しやすいポールキャリアや、すぐに取り出したいものを収納できるフロントオープンポケットなど、収納力や使い勝手に優れた登山リュックです。チェストストラップにはホイッスルが付いているため、万が一の備えにもなるでしょう。開口部は素早く大きく開けられ、雨蓋を拡張すればさらに荷物を積めますよ。

すぐに取り出したい小物を収納できるフロントメッシュポケットや、水筒を入れられる両サイドのワンドポケットやハイドレーションホルダーなど、豊富な収納が搭載されています。フロントのロゴはリフレクタープリントになっているため、夜間の移動をする方にもぴったり。荷物の出し入れのしやすさと撤収のしやすさにこだわったリュックです。

ヒップベルトの角度が調節できる機能を搭載した女性向けの登山リュックです。ウエストとヒップの差が大きい方や痩せ型の方は、ヒップベルトを調節することでフィット感を高められます。体型の変化や産後の骨盤の変化などにも対応できるので長く使い続けられるでしょう。専用レインカバーが付属していて、収納力も充実していますよ。

テント泊をする方にもおすすめの、テントマットが取り付けられる登山リュックです。パッキングが苦手な方でも重心が体の中心にくるよう設計されており、体全体に負担を分散して長時間でも快適に背負えます。メイン収納はクイックに開け閉めできるパーツを採用していて荷物の出し入れがしやすく、容量いっぱいにパッキングしてもさらにヘルメットが収納できるよう設計されています。

強度が高くて軽いナイロン生地を使用しており、登山やハイキングなどのアウトドア用リュックとして長く使えます。収納も多く搭載されており、よく使うアイテムを取り出しやすい場所に収納できるワンドポケットやフロント上部収納などを搭載。チェストベルトにはホイッスルが付いているため、緊急時にも役立つでしょう。

おしゃれなカラーリングで撥水生地を使用した、女性向けの登山レックです。カラーバリエーションはこちらのヘザーマスタードのほか、ブラックヘザー・ダークデニムヘザー・ヘザーワイン・ライトヘザーの全部で5種類あります。背面パネルやショルダーハーネス、ヒップ周りにはクッション材を使用しており、長時間の使用でも疲れにくいですよ。

重量を効率化するだけでなく、浸水を抑えて荷物の出し入れをしやすくするリュックです。雨に強いシリコン加工を施した撥水素材を採用しており、天候を問わず使いやすいでしょう。チェストベルトやウエストベルトなどが付いていてフィット感も高く、たっぷり荷物を収納しても疲れにくいのも魅力です。

荷重を分散して肩への負担を減らし、パッド入りのヒップベルトやバストに干渉しにくいチェストベルトでフィット感を高められる登山リュックです。耐久性の高い撥水加工を施しており、取り外しできる一体型のレインカバーが付属しているので、急な雨にも対応しやすいでしょう。背面パネルやショルダーパットは通気性の高い設計となっています。

全18商品

おすすめ商品比較表

Mammut リュック Ducan 30

ミレー 登山用バックパック クンブ Khumbu 30

ドイター 登山リュック・ザック フューチュラ 30 SL

ドイター 登山用バックパック トレイル 30

マムート リチウム 30L / Lithium 30

ミレー リュック ウェルキン Welkin 30 W レディース

ヘリーハンセン リュック ステティンド30 Stetind 30

カリマー 登山リュックサック auster 30

コールマン リュック ウォーカー33

ミレー リュック クーラ 30(KULA)

カリマー 登山用リュックサック 中型 ridge 40+ Small

カリマー 登山リュックサック cleave 30 Medium

カリマー 登山用リュックサック 中型 ridge 30+ Small

ミレー 登山用バックパック サースフェー SAAS FEE 30+5 LD

カリマー 登山用リュックサック 中型 dale 28 Medium

ミレー リュック スイウ SUIU 30

ミレー 登山リュック サースフェー ジップ SAAS FEE NX Zip 30

Mammut リュックサック Lithium 30 Women レディース

Amazonカスタマーレビュー
4.4184
4.461
4.7126
4.531
4.393
4.417
5.09
4.02
4.51,137
4.51,335
4.712
4.352
4.713
4.3204
4.119
4.337
5.01
4.422
最安値
タイムセール
¥14,961-32%
参考価格¥22,000
タイムセール
¥19,500-9%
参考価格¥21,450
タイムセール
¥20,211-27%
参考価格¥27,500
タイムセール
¥13,980-36%
参考価格¥22,000
¥14,000
タイムセール
¥15,873-10%
参考価格¥17,600
¥18,700
タイムセール
¥20,898-24%
参考価格¥27,500
タイムセール
¥5,393-32%
参考価格¥7,900
¥16,720
タイムセール
¥20,287-29%
参考価格¥28,600
タイムセール
¥22,157-27%
参考価格¥30,250
タイムセール
¥18,396-30%
参考価格¥26,400
タイムセール
¥19,305-10%
参考価格¥21,450
タイムセール
¥15,448-22%
参考価格¥19,800
¥17,700
タイムセール
¥18,170-25%
参考価格¥24,200
¥13,400
購入リンク

自分の体にフィットする登山リュックを選ぼう!

登山リュックは収納力やデザインなども選ぶ上での大切なポイントですが、背負い心地が悪かったり違和感があったりすると長時間の使用に耐えられないため、フィット感のよいものを選ぶことが何よりも重要です。この記事でご紹介した選び方やおすすめの商品を参考に、ぜひあなたにぴったりの登山リュックを見つけてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のファッションカテゴリー

新着記事

カテゴリー