この記事で紹介されている商品
ランニング用バックパックのおすすめ13選!通勤ランにぴったりなものも紹介

ランニング用バックパックのおすすめ13選!通勤ランにぴったりなものも紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ランニングを楽しむ方が手回り品を持ち運ぶのに便利な「ランニング用バックパック」。形や容量もさまざまな種類があり、どれを購入するか迷いますよね。本記事では、ランニング用バックパックの選び方やおすすめ商品をご紹介します。通勤ランに使える小さめのものやPCを入れても揺れにくいアイテムもあるので、ぜひチェックしてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ランニング用バックパックのメリットは?

ランニング用のバックパックは、通常のリュックよりも荷物の揺れを防ぐことができます。持ち運びしたい荷物をコンパクトにまとめられるので、集中してランニングできますよ。

胸にソフトフラスクを収納できるタイプを選ぶと、走りながらすぐに水分補給ができるメリットもあります。

ベルトなどが搭載されていることが多いので体にフィットしやすく、走っているときの邪魔になりにくいのも大きな魅力です。

ランニング用ポーチとどっちがいい?

ランニング用ポーチはバックパックよりサイズが小さく軽量なのが特徴です。ただし、水筒やボトルを入れるスペースがない場合が多いので、水分補給が不便なのがデメリットと言えます。短距離のランニングが目的ならランニング用ポーチでも快適に使えますよ。

バックパックの場合は、ポーチよりも荷物を収納できるのが魅力です。水分や着替えなどの荷物が入っていても、快適にランニングできますよ。リュックタイプの中にはPCを収納できるものもあり、通勤時のランニングに便利です。バックパックには水分補給に便利なポケットが搭載されているアイテムが多いので、こまめな水分補給をしたい方にもぴったりですね。

中距離以上のランニングや日常使いも考えている方は、バックパックを選ぶと汎用的に活用できるでしょう。

ランニング用バックパックの選び方

ランニング用バックパックを選ぶときは、形・容量・軽さといったポイントに着目することが大切です。収納力や素材など、細かい仕様にも注目すると使い勝手のよい商品を見つけやすくなりますよ。ここからは、ランニング用バックパックの選び方を詳しく確認していきましょう。

1.ベストorリュック?形で選ぶ

ランニング用バックパックには、フィット感に長けたベストタイプと収納力に長けたリュックタイプがあります。それぞれの特徴を把握し、利用シーンに合わせて選ぶとよいですよ。

フィット感があり揺れにくいベストタイプ

シャツの上から着用できるベストタイプのバックパックは、フィット感が高いのが特徴です。走っても揺れにくいため、荷物を気にせずにランニングに集中できます。洋服のように洗濯できる商品が多いのもうれしいですね。

また、ベストを脱がなくても水分補給や荷物の取り出しができるのも魅力です。軽量な素材が使われているアイテムも多く、長距離を走る場合には身体の負担も軽減できます。

ただし、コンパクトで容量が少ない商品が多いので、たくさん荷物がある方には不便に感じる可能性も。スマートフォンと水分、タオル程度の荷物で済む方にはベストタイプがおすすめですよ。

容量があり普段使いもできるリュックタイプ

リュックタイプのバックパックは、通勤や通学時の荷物や着替えを収納できる容量の大きさが魅力です。

通常のリュックよりも小型なものが多く、背中に沿うような形をしています。ベルトでリュックを体に固定できる商品を選べば揺れも減らせますよ。

容量のバリエーションが豊富なのも特徴で、普段の荷物量に合わせたサイズを選べます。PCやタブレットが入る容量のバッグもあるので、日常生活でもスポーティなリュックとして活躍してくれそうですね。

2.容量で選ぶ

バックパックの容量を選ぶときは、持ち運ぶ荷物に合わせたサイズを選ぶのがポイントです。バッグが大きすぎると、隙間ができて走るときに荷物が揺れてしまいます。

走る距離が長い方は、着替えやタオル、多めの水分が入るように容量に余裕があるバックパックがおすすめです。

着替えを持ち運ばない方は4Lくらいの容量、着替えやタオルを持ち運ぶ方は5L以上のバックパックを選ぶとよいでしょう。

通勤ランならPC・着替えの有無も加味して

会社への通勤や退勤時に交通機関を使わずにランニングをする「通勤ラン」に取り組んでいる方は、大きめのバッグを選ぶのがおすすめです。

ランニングをする際は、なるべく荷物が少ないのがベストですが、仕事の前後だとPCやタブレットなどの仕事道具を持ち運ぶことも多いですよね。また、スーツや制服などの仕事着がある方やラン終わりにスパに立ち寄る方は、着替えのスペースも考慮する必要があります。

ベストタイプより容量が大きいリュックタイプのほうが便利に活用できます。荷物の量が多い方は、10L以上のアイテムを検討するのもよいでしょう。

3.軽さも要チェック

走りやすいバックパックを選ぶためには、なるべく軽いバックパックがおすすめです。

ベストタイプのほうが軽量な傾向にありますが、アイテムによって重さが異なり、100~200gほど差がある場合もあります。100g程度の軽量なものもあるので、軽さを重視する方はバックパックの重量にも注目してくださいね。

また、リュックタイプのバックパックでも通常のリュックと比べると、軽量な素材が使われる場合が多いです。

少しでも荷物を軽くしたい方は、こちらも素材や重量をチェックしましょう。

4.収納力や使い勝手など細かい仕様も確認

ランニング用バックパックを選ぶときには、ボトル・小物の出し入れや収納に便利なポケットの有無などを確認すると、より使いやすい商品を見つけられます。毎日使う方は、清潔にお手入れするために水洗いしたときの速乾性にも注目しましょう。

ボトルや小物が出し入れしやすいか

中距離以上のランニングや夏場のランニングを考えている方はボトルの出し入れがしやすいバックパックを選びましょう。

ソフトフラスク入れが備わっているバックパックは、立ち止まらなくても水分を出し入れできて魅力的です。特に、胸の位置にゴム紐つきのソフトフラスク入れがあるタイプだと、揺れを気にせずにランニングができますよ。

また、外側に小物が入る収納付きの商品だと、鍵やスマートフォン、パスケースなどの出し入れに便利ですよ。通勤ランを楽しむ方は検討してみてはいかがでしょうか。

ハイドレーションシステムの有無

ハイドレーションシステムとは、水分が入った袋にチューブが取り付けられた機能を指します。

走りながらでもボトルの開け閉めをせずに飲み物を飲めるのがメリットです。背中部分に収納すれば、暑い日に身体の冷却もできますよ。飲み終わった後はパックを畳めるので、ボトルよりも荷物がかさばらないのも魅力ですね。

ハイドレーションパックは、バックパックとは別売りの場合が多いです。ハイドレーションパックを利用したい方は、自分の購入するバックパックが取り付けに対応しているかどうかをあらかじめチェックしておきましょう。

通気性や速乾性があるか

ランニング中に汗で蒸れるのが気になる方は、通気性が考慮されているかを確認しましょう。快適に使いたいなら、背面や身体と触れる部分にメッシュ素材が使われているバックパックがおすすめです。

特にベストタイプのバックパックを選ぶ場合は、体に触れる面積が多く蒸れやすい傾向にあるので、積極的に素材に注目するとよいですね。

また、高い頻度でバックパックを使う方は速乾性にも注目しましょう。着用するベストタイプを選ぶ場合、清潔にお手入れするために洗濯の機会も多くなります。速乾性があり、部屋干しでも翌日までに乾くアイテムを選ぶと毎日衛生的に使用できて便利ですよ。

全13商品

おすすめ商品比較表

サロモン ハイドレーションベスト ACTIVE SKIN 8 SET

サロモン TRAILBLAZER 10

サロモン ランニングベスト PULSE 2 SET

サロモン ハイドレーションバック AGILE 12 SET

サロモン ハイドレーションバック ADV HYDRA VEST 4

パーゴワークス ラッシュ 7R

パーゴワークス ラッシュ3エアー

ザノースフェイス TR6

ザノースフェイス Martin Wing LT

ザノースフェイス One Mile 12

ドイター バックパック アセンダー 7

グレゴリー ルーファス W12

ナイキ ランニング バックパック コミューター

最安値
タイムセール
¥10,872-24%
参考価格¥14,300
タイムセール
¥6,214-51%
参考価格¥12,650
¥18,700
¥15,690
¥11,980
¥12,021
¥23,100
Amazonカスタマーレビュー
4.5924
4.42,272
5.01
4.4848
4.51,596
4.117
-
-
3.97
4.63
4.121
-
-
購入リンク

ランニング用バックパックのおすすめ13選

ここからはランニング用バックパックのおすすめ商品をご紹介します。ベストタイプとリュックタイプで使用感が異なるので、自分に合うものを選んでくださいね。通勤などで普段使いする方はPCが入るサイズにすると使い勝手がよいですよ。

PR
サロモン ハイドレーションベスト ACTIVE SKIN 8 SET

商品情報

■カラー(メーカー表記):シルバー(Wrought Iron)
■素材:
Back body: 100% Polyester
Back insert: 89% Polyamide
■生産国:ベトナム
■2022年モデル  

2つの胸ポケットにそれぞれフラスクを収納できるベストタイプのバックパックです。500mlのソフトフラスクが2個付属されており、アイテムをそろえる手間が少し減るのもうれしいポイント。フロントポケットを使えば、スマホや補給食などをすぐに取り出せて便利です。また、密着度が高く揺れが軽減される工夫もされていますよ。

PR
サロモン TRAILBLAZER 10

商品情報

外装素材:ナイロン
クロージャータイプ:ファスナー
耐水レベル:非防水

スッキリした形のリュックタイプのバックパックで、ランニングはもちろん普段使いとしても重宝します。PCも収納できる10Lのメインコンパートメントに加えて、使い勝手のよいサイドポケット付きです。背面は通気性とフィット感が高く、アウトドアの場面でも快適に使い続けられますよ。

PR
サロモン ランニングベスト PULSE 2 SET

商品情報

ブランド :サロモン
色 :ホワイト×ブラック
スポーツ :ランニング, サイクリング
タンク体積: 2 リットル

容量2Lで100gのベストタイプのバックパックです。付属のソフトフラスクを2本収納でき、ランニングやサイクリングの際にサッと飲み物を取り出せます。耐久性があり撥水加工もされているので、悪天候時にも活躍してくれそうですね。軽量でシンプルなバックパックを求めている方におすすめのアイテムです。

PR
サロモン ハイドレーションバック AGILE 12 SET

商品情報

外装素材:ポリエステル
クロージャータイプ:ファスナー
原産国:ベトナム

胸ポケットにフラスクを収納しながら、背中にもポールやヘルメットを収納できる多機能なバックパックです。3点アタッチメント設計で体にしっかりフィットし、背負っていても動きやすいですよ。しっかりと荷物を収納しつつ両手を自由に使いたい方に適しています。必需品は側面ストレージに収納すればアクティビティ中も便利に取り出せますよ。

PR
サロモン ハイドレーションバック ADV HYDRA VEST 4

商品情報

外装素材:ポリエステル
製品サイズ: 60.96 x 30.48 x 20.32 cm、 204 g

500mlのソフトフラスクを2本収納できるベストタイプのバックパックです。取り出しやすい位置に飲み物を収納でき、すぐに水分補給できます。ストレッチ性と通気性に長けた素材が採用されており、フィット感の調整も可能です。軽量で快適に着用できるほかシンプルなデザインで、ランニングに向いています。

PR
パーゴワークス ラッシュ 7R

商品情報

【カラー】Shadow Gray、Glacier Silver、Alpine Blue
【サイズ】390×250×120mm
【重量】300g
【容量】7.5リットル(ポケット含む)
【素材】ストレッチメッシュ

胸ポケットにフラスクを収納できるリュックタイプのバックパックです。全面に使われたストレッチメッシュが、荷物のホールドとフィット感を高めてくれます。ショルダーハーネスは無段階で調整できるので、体型が変わっても愛用し続けられるのが魅力です。12個もあるハーネスポケットは小物類の収納に役立ちますよ。しっかりと収納しつつコンパクトなバックパックを探している方におすすめです。

PR
パーゴワークス ラッシュ3エアー

商品情報

容量:3L
重量:115g
サイズ:300×180×80mm
主素材:ストレッチメッシュ  

ストレッチメッシュが伸縮性と通気性に優れており、快適に背負い続けられます。小さく畳んで持ち運びでき、旅行中でも使いやすいのがポイント。前面にはスマホや財布などを落とさずに収納できるジッパー付きのポケットを搭載しています。各所に再起反射素材が使用されているため、夜にランキングするときにも安心ですよ。

PR
ザノースフェイス TR6

商品情報

カラー:(K)ブラック、(TI)ティングレー、(SB)シェイディーブルー
サイズ:S、M、L
素材:100Dチェスナイロン、ストレッチファブリック
重量:S/約290g、M/約310g、L/約330g  

100デニールナイロンを使い、耐久性と軽量さを兼ね備えたバックパックです。背面には通気性がある素材を使用しているため、夏の暑い時期でも快適に使えます。スマートなデザインでありつつも収納スペースが確保されているのもポイントです。ユニセックスなデザインでS~Lまでサイズ展開されているので、家族やお友達とおそろいにしてもよいですね。

PR
ザノースフェイス Martin Wing LT

商品情報

Capacity:6L
約145g
寸法:H40×W18×D5cm

逆三角形型のバックパックで、揺れを少なく荷物を運べます。軽量な素材でありながら6Lも収納でき、リュックのように背負えるのに約145gと軽量なのが魅力です。背面には通気性に長けた軽量エアメッシュが使われています。キークリップ付きのフラップポケットや本体内部のスリットポケットなど収納に便利な工夫もされていますよ。

PR
ザノースフェイス One Mile 12

商品情報

Capacity:12L
約310g
寸法:H39×W24×D11.5cm

スポーツ以外にビジネスシーンでも使えるバックパックです。70デニールのリップストップナイロンがメインで、強度が必要な箇所は100デニールの同素材を組み合わせて耐久性を高めています。容量は12Lで13インチのPCまで収納できるので、普段使いも考えている方におすすめですよ。

PR
ドイター バックパック アセンダー 7

商品情報

外装素材:ナイロン
クロージャータイプ:バックル
耐水レベル:耐水
原産国:ベトナム

ヨーロッパのトレイルランナーの意見を取り入れながら製造され、細かな機能が充実しています。ファスナーが大きく開閉し、ギアの収納に長けた優れものです。リサイクル材料が使われているので環境にやさしい素材を探す方にもぴったりですよ。耐水性で7Lまで収納できるので幅広いシーンで活躍します。

PR
グレゴリー ルーファス W12

商品情報

容量:12L
重量:415g
カラー:ホワイト

女性のボディラインを考慮してつくられたバックパック。12Lまで収納でき、スポーツとともに日常使いも可能です。iPhone対応のジッパーポケットやオープンポケット、ヘッドランプの収納可能なボトムポケットなど、収納が充実しているのが魅力ですよ。カラーはネイビーとホワイトの2色展開なので、好みに合わせて選んでくださいね。

PR
ナイキ ランニング バックパック コミューター

商品情報

カラー:ブラック
容量:15L
素材:ボディ、裏地/ポリエステル100%
原産国:インドネシア

15Lまで収納可能なバックパックです。上部と前面のメイン収納のほか、フラスク対応ポケットやチューブクリップ、サイドポケットなど用途に応じて使い分けれる収納が充実しています。揺れを減らす構造や通気性が確保された背面の素材など、スポーツで使うのにもうれしい工夫が満載です。ランニングのほか、登山やキャンプといったアウトドアでも活躍しますよ。

ランニング用バックパックは形や軽さに注目しよう

ここまで、ランニング用バックパックの選び方のコツやおすすめアイテム13選をご紹介しました。フィット感を求めるならベストタイプ、普段使いするならリュックタイプを選ぶのがおすすめです。本記事の内容を参考に、ぜひお気に入りのアイテムを探してくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のファッションカテゴリー

新着記事

カテゴリー