この記事で紹介されている商品
ザノースフェイスのリュックのおすすめ10選!通学・ビジネス向けの商品をご紹介

ザノースフェイスのリュックのおすすめ10選!通学・ビジネス向けの商品をご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「ザノースフェイス」は、通学に使いやすい30L程度のリュックや、ビジネスシーンにも最適なリュックなど、さまざまな種類のモデルを展開しているのが魅力です。この記事では、おすすめのザノースフェイスのリュックをご紹介します。レディース向けのデザインやキッズ用のモデルもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ザノースフェイスのリュックの特徴

ザノースフェイスのリュックは、タウンユースのカジュアルなデザインのものから本格的なアウトドアに最適なものまで、種類の品揃えが豊富な点が特徴です。耐久性に優れた素材にこだわっており、仕事用や通学用としてはもちろん、スポーツ用にも使用しやすいですよ。

ザノースフェイスのロゴがアクセントで、シンプルなカラーのリュックでもおしゃれに使いまわせます。相場はタウンユースのモデルで13,000~33,000円程度なので、デザインや機能性をチェックしたうえで自分に合ったモデルを選ぶのがおすすめでしょう。

ザノースフェイスのリュックの選び方

ここからは、ザノースフェイスのリュックを選ぶときにチェックしておきたいポイントをご紹介します。使用用途に合わせた機能性やデザイン、リュックの容量などをあらかじめ確認したうえで、自分にぴったりの商品を選んでみましょう。

1.通学用途ならヒューズボックス

通学用に使うリュックを探している人は、ザノースフェイスの「ヒューズボックス」がおすすめです。ヒューズボックスの容量や機能性、カラーバリエーションについて解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

30L程度の容量がおすすめ

ヒューズボックスは長方形のボックス型をした形状が特徴で、容量は30Lです。通学用としてリュックを使用する場合は、教科書やノートパソコン、部活の持ち物などたくさんの荷物を入れることが多いため、容量は30L程度あると便利ですよ。

型崩れしにくいしっかりとした作りでマチ幅も広いため、さまざまな荷物を整頓して持ち運べます。サブバッグを持ち歩かずに、リュックひとつにまとめてすべての荷物を収納したい人におすすめですよ。

防水性が高いものを選ぼう

学校にタブレットやノートパソコンを持って行く人は、リュックが雨に濡れても水をはじきやすい防水性に優れたリュックを選びましょう。ヒューズボックスにはTPUコーティングが施されており、リュックに水がかかっても中に入っているものが濡れにくいのがメリットです。

耐摩擦性や耐久性にも優れているため、リュックの使用頻度が高い人や、部活用として使用したい人にも向いています。リュックを長く愛用したい人は、ヒューズボックスを購入するのがおすすめですよ。

自分好みのカラーを選ぶ

ヒューズボックスの魅力は、カラーバリエーションの豊富さです。定番のブラックカラーをはじめとし、鮮やかでインパクトのある赤やオレンジ、イエローなどのカラーも揃っています。ビビッドカラーのものは、コーディネートのアクセントにもなるでしょう。

ザノースフェイスのロゴが縦に大きくプリントされているのが特徴で、ひと際目を惹くデザイン性もポイントです。迷彩柄のデザインもあり、自分の好みにぴったりのものを選びやすいですよ。

2.ビジネスならシャトルデイパックやバイト

ザノースフェイスの「シャトルデイパック」や「バイト」は、通勤用のリュックにぴったりです。

どちらのタイプもノートパソコンやタブレットとその周辺機器をすっきりと収納しやすい設計になっており、ビジネスシーンでの活用に対応しています。細かいポケットが多く、さまざまな小物を収納しやすいのも魅力です。

シンプルなカラーやデザインは会社に持って行きやすく、普段使いする用のリュックとしても活用できますよ。

通勤用なら15〜20L程度の容量を

ノートパソコンや書類を持ち運ぶことが多い通勤用のリュックは、容量が15~20L程度のものを選ぶのがおすすめです。これ以上大きいモデルは、かえって移動中の電車やバス内で邪魔になってしまうことがあるかもしれません。

マチ幅はそこまで広くなくても、しっかりとノートパソコンが入るサイズで、書類が折り曲がらないようにすっきりと収納できるものを選びましょう。シャトルデイパックは24L、バイトは29Lなので購入時の参考にしてくださいね。

ビジネス用なら単色でシンプルなものを選ぶ

シャトルデイパックもバイトも単色でシンプルなデザインなので、ビジネスシーンでの使用に向いています。フォーマルなスーツやオフィスカジュアルな服にもマッチしやすく、ザノースフェイスのロゴも本体のカラーと同系色で主張が抑えめになっているのが特徴です。

通勤用のリュックは、模様が入っているものやカラーが派手なものはあまり向きません。定番カラーのブラックやネイビーを選ぶとリュックが目立ちにくく、どんなシーンでも使用しやすいですよ。

重いものを入れるならショルダー設計に注目

人によっては、会社に重い書類やノートパソコンを持って行く場合もありますよね。毎日の通勤で荷物が重いとストレスを感じやすくなってしまうため、体への負担を軽減するためにショルダー設計にも注目して選ぶのがおすすめです。

肩の傾斜に沿ったショルダーの設計にこだわっているザノースフェイスのリュックは、体にしっかりフィットしやすく通勤時の移動疲れを軽減してくれます。また、ショルダー部分がメッシュ素材になっていると、夏場の暑い時期でも蒸れにくいのがうれしいポイントです。

3.アウトドア用なら容量と機能性で選ぶ

登山やキャンプなどアウトドアシーンで使用するリュックがほしい人は、容量や機能性を事前にチェックしたうえで購入しましょう。ザノースフェイスでは、アウトドア用途で使用するのに向いているモデルを多数展開しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

登山なら日程に合った容量を・1泊なら30L

登山用途のリュックは、何泊分の荷物を入れたいのかに合わせて適切な容量を選びましょう。日帰りの軽いトレッキングや登山の場合は25~30Lの容量を目安としてください。

1泊の登山をするなら、リュックの容量が30Lあるとよいでしょう。登山は防寒具や寝袋、多めの水分など荷物が多いので、日程に合ったぴったりの容量を選ぶのがおすすめですよ。リュックは大きくなるほど収納スペースが増えて便利ですが、その分重量が増える点には注意が必要です。

軽量性や防水性などの機能性に着目

アウトドア用途でリュックを使うときは、リュック本体の軽量性や防水性などの機能にも注目してみてください。登山は持ち物が多くリュックが重くなりがちなので、できるだけ軽い素材で作られたモデルを選ぶのがおすすめですよ。

また、山は天候の変化が大きいため、万が一雨が降ったときに中の荷物が濡れにくいよう防水性に優れたモデルを購入するとよいでしょう。リュック表面が防水対応になっているだけではなく、止水ファスナーで中に水がしみ込みにくい設計になっているものもありますよ。

普段使いできると便利

登山用のリュックを普段使いしたい場合は、ザノースフェイスのタウンユースモデルを選びましょう。プロ向けの本格的なアウトドア用リュックは比較的高価なだけでなく、普段の服にもあまりマッチしません。タウンユースモデルを選べば私服とも合わせやすく、さまざまなシーンで活用できますよ。

ザノースフェイスの「ホットショット」は、アウトドア用途と普段使いの両方に向いているモデルです。登山は年に数回程度で、本格的に宿泊するほどではない人におすすめです。

ザノースフェイスのリュックおすすめ9選

ここからは、おすすめのザノースフェイスのリュックをご紹介します。通学用・通勤用に使いやすいモデルから、アウトドアで使用するのにぴったりなモデルまで、さまざまな商品を厳選したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

PR
ザ・ノース・フェイス BCヒューズボックス2

商品情報

サイズ:H46×W33×D15cm
容量:30L
重量:約1,065g

マチ幅が広く、収納スペースが広いボックス型の作りが特徴です。通学用に教材やノートパソコンなどの荷物をすっきりと収納できるので、荷物が多い人に向いています。ほかにも、部活用に使うリュックとして、着替えや靴、タオル、水筒などの荷物をひとつのリュックにまとめたい場合にもおすすめですよ。ザノースフェイスのロゴが縦に大きくプリントされており、シンプルなデザインながらもインパクトがあります。

PR
ザノースフェイス リュック Big Shot

商品情報

サイズ:H54×W32.5×D20cm
容量:33L
重量:約1,000g

「ビッグショット」はザノースフェイスの定番モデルのひとつです。普段使用する用のリュックとしてはもちろん、軽いトレッキングやキャンプなどのアウトドア用にも使えます。しっかりとした素材の強度とポケットの充実性が魅力で、シンプルなデザインはどんなファッションにもマッチしやすいでしょう。背面をサポートするパッド付きなので、長時間の移動にも向いていますよ。豊富なカラーの中から自分の好みに合わせて選んでみてくださいね。

PR
ザノースフェイス リュック Shuttle Daypack

商品情報

サイズ:H46×W29×D18cm
容量:24L
重量:約980g

さらっとしたナイロン素材で、表面の凹凸が少ないシンプルなデザインが特徴です。ノートパソコンやタブレット端末、書類などが入れやすい形状になっているため、ビジネスシーンでの使用に向いています。小物を細かく分けて収納しやすいポケット付きで、ノートパソコンの周辺機器もすっきりと持ち運べますよ。ジッパー部分には止水ファスナーを採用しているので、通勤中に雨でリュックが濡れても中の荷物が濡れにくいのがうれしいポイントですね。

PR
ザノースフェイス リュック Novelty BC Fuse Box

商品情報

サイズ:H46×W33×D15cm
容量:30L
重量:約1,085g

縦長のボックス型の形状が特徴で、上から荷物を入れるタイプのリュックです。たくさん荷物を入れても型崩れしにくく、部活用のリュックにもぴったりですよ。リュックのふた部分に小さなポケットが付いており、すぐに取り出したいイヤホンや充電器などを収納しておきやすいでしょう。容量は30Lと普段使いする用には十分なので、通学用のリュックとして使用したり、1泊程度の旅行で使用するのも向いています。

PR
ザノースフェイス リュック Boulder Daypack NM72356

商品情報

サイズ:H45×W33×D18cm
容量:24L
重量:約850g

リュックの内部には13インチまでのノートパソコンやタブレット端末のほか、A4サイズの書類を収納できる蛇腹式のスリーブが付いています。繊細な電子機器の保護にもなり、別の荷物と分けて収納できるのが便利ですね。普段使いしやすいシンプルなデザインが魅力で、お出かけや通学用にも使いやすいでしょう。リュックが自立しやすいように工夫されているため、物を出し入れしやすい点も魅力です。

PR
ザノースフェイス リュック Single Shot NM72303

商品情報

サイズ:H44×W30×D19cm
容量:20L
重量:約740g

日帰りのトレッキングにも使いやすい、背負い心地のよさにこだわったモデルです。通気性に優れた背面構造と、体にしっかりとフィットする設計は長時間の移動でも体に負担がかかりにくいですよ。トレッキングポールを引っかけておけるツールループとウェイビングベルトも付いています。また、リュック内からホースで水分補給できるハイドレーションにも対応しているので、リュックから水を出さなくてもすぐに水分補給できます。

PR
ザノースフェイス リュック Extra Shot NM72300

商品情報

サイズ:H52×W33×D19.5cm
容量:30L
重量:約1,080g

リュックの背面は通気性に優れたエアメッシュになっており、長時間背負っていても蒸れにくいのがうれしいポイントです。背面をしっかりとサポートするパッドとスパインチャンネルが搭載されているため、体への負担も軽減しやすいですよ。また、リュックのポケット数が多く、すぐに取り出したい細かい荷物を入れておくのにも便利でしょう。右ショルダー部分に付いているポケットには軽量なトートバッグが入っており、帰りに荷物が増えたときに活用できますよ。

PR
ザノースフェイス リュック Shuttle Daypack Slim

商品情報

サイズ:H45×W27×D13cm
重量:15.5L
重量:約770g

つるっとした見た目がシックで高級感のある、ザノースフェイスのビジネスシーン向けモデルです。通勤用に使えるスタイリッシュでシンプルなリュックを探している人にもおすすめですよ。背負い心地のよさにこだわった背面パネルとショルダーハーネスを採用しているため、ノートパソコンや書類など重い荷物を毎日持ち運ぶ場合にも向いています。オフィスカジュアルな服とも合わせやすいカラーが魅力です。

PR
ザノースフェイス リュック Vostok 26 NM72350

商品情報

サイズ:H49×W26.5×D13cm
容量:26L
重量:約835g

通学用や通勤用といった日常使いはもちろん、軽いハイキングにも使いやすい汎用性の高さが魅力です。リュックの内部にはスリーブポケットが付いており、リュックの中をすっきりとさせやすいのがうれしいポイントですね。また、パッド付でエアメッシュ素材の背面は背負いやすく、一日中の使用にも向いています。サイドポケットをうまく活用すれば、荷室の荷物を減らせるだけではなく、リュックのバランスが取れやすくなりますよ。

ザノースフェイスのキッズ用リュックおすすめ1選

先述の通り、ザノースフェイスにはキッズ用のリュックも販売されています。ここでは、習い事やお出かけにもぴったりなキッズ用リュックをひとつご紹介します。家族でお揃いにするのも楽しいですね。

PR
ザノースフェイス リュック K BC Fuse Box II キッズ

商品情報

サイズ:H39.5×W27.5×D12.5cm
容量:21L
重量:約740g

キッズ用のヒューズボックスです。サイズは大人用よりも小さく容量は21Lですが、マチ幅が広いためたくさんの荷物を入れやすいですよ。リュックのチェットバックルにホイッスルが付いているため、万が一子どもが迷子になってしまったり、危険な状態になったりしたときの安全対策にもなります。TPEファブリックラミネート素材は汚れに強いため、子どもが使うリュックとして使い勝手がよいでしょう。

全10商品

おすすめ商品比較表

ザ・ノース・フェイス BCヒューズボックス2

ザノースフェイス リュック Big Shot

ザノースフェイス リュック Shuttle Daypack

ザノースフェイス リュック Novelty BC Fuse Box

ザノースフェイス リュック Boulder Daypack NM72356

ザノースフェイス リュック Single Shot NM72303

ザノースフェイス リュック Extra Shot NM72300

ザノースフェイス リュック Shuttle Daypack Slim

ザノースフェイス リュック Vostok 26 NM72350

ザノースフェイス リュック K BC Fuse Box II キッズ

最安値
タイムセール
¥14,100-26%
参考価格¥19,000
¥16,513
¥18,399
タイムセール
¥14,980-28%
参考価格¥20,700
タイムセール
¥12,378-23%
参考価格¥16,000
タイムセール
¥12,469-28%
参考価格¥17,200
タイムセール
¥18,546-23%
参考価格¥24,000
タイムセール
¥16,281-14%
参考価格¥19,000
タイムセール
¥15,627-18%
参考価格¥19,000
タイムセール
¥13,216-22%
参考価格¥17,000
Amazonカスタマーレビュー
4.61,810
4.6327
4.5443
4.6553
4.663
4.6246
4.594
4.4187
4.316
4.621
購入リンク

使用用途に合わせて自分にぴったりのリュックを選ぼう

ザノースフェイスのリュックの特徴とおすすめの商品をご紹介しました。ザノースフェイスでは、シーンに合わせて使いやすく工夫されたリュックが多く展開されてます。リュックの使用用途やこだわりたい機能性、デザインなどをあらかじめチェックしたうえで、自分にぴったりのものを選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のファッションカテゴリー

新着記事

カテゴリー