目次

楽天カードを解約したい!手続きの方法と注意点を徹底解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「楽天カード」は便利ですが、様々な事情により解約が必要となる場合があるかもしれません。正しく 手続きをすれば解約できますが、手続きを進めるにはいくつか注意点があります。事前に手順を確 認し、スムーズな手続きに努めましょう。

楽天カードの解約方法

出典:楽天カード

ネットでできる?

楽天カードの解約はネットではできません

カードの取りやめに伴う手続きの多くは、ユーザーペ ージである楽天e-NAVIではなく、電話で進める必要があります。 ただし、電話による手続きのための準備として、ネットでできることもあります。例えば、電話がつながりやすい時間帯の確認です。楽天の問い合わせのWebページでは、時間帯ごとに、オペレーターにつながりやすいかをランク別で表示しています。           

また、契約者に関する情報が必要となるので、情報収集をあらかじめネットで済ませておくと、電 話でもスムーズな手続きが期待できます。 楽天市場でもカードの取りやめに伴う注意事項等を分かりやすく発信しています。

さらに「よくある質問」という項目から、カードがなくなることでどのような不都合が生じうるのかなども確認できるようになっています。    

電話での解約方法

楽天カードの解約申請のためには、楽天カードの専用コールセンターに電話をかける必要があります。契約者本人が亡くなっている場合などの特別な事情を除き、契約者本人が電話で申し出なければなりません。

家族カードの場合は家族カード会員からの申請も可能ですが、こちらも電話からの対応となっているため、注意が必要です。

ゴールドカードなどの、レギュラーカード以外の楽天カードは別の窓口が設けられているため、カード裏面記載の電話番号などで確認しましょう。

即時の手続きができるネットからの申請ができませんが、電話から申請すればオペレーターが解約前の注意事項や確認を誘導してもらえます。電話をする際には、契約者の情報確認があるため、あらかじめカードなどの資料を確認できる状態にしてから電話しましょう。

万が一カードの盗難にあった場合でも、落ち着いてオペレーターに電話してください。カードを紛失した場合、専用のダイヤルに電話することで利用停止手続きを進められるようになっています。

紛失を機にカードを解約する場合は、利用停止手続きのみで完了するわけではないため、利用停止後に解約専用のオペレーターに電話をし、指示を受けましょう。

また、楽天銀行カードの解約を検討している方は、楽天カードの窓口からは受け付けていません。 楽天銀行カードの解約は楽天銀行カードの問い合わせ窓口に申請する必要があります。かけ間違いのないように、自分の楽天カードの種類をよく確認しておきましょう。

楽天カードの解約前に確認しておきたいポイント

出典:楽天カード

楽天カードにはプラチナカードやゴールドカードなどがあり、カードの種類によっては年会費が発 生する場合があります。年会費が発生するカードを解約する際には、そのタイミングによっては追加で費用が発生する可能性があります。

解約時に年会費の請求がなかったとしても、楽天カードを契約した月を過ぎてから解約すると、手続きが完了した後でも年会費が発生してしまいます。

解約した年の年会費の支払いを避けたいならば、楽天カードを契約した月を確認し、その月よりも前に解約しましょう。

出典:楽天カード

次に、楽天カードで支払い登録している電気・ガス・水道などの公共料金や家賃の支払い情報はないでしょうか。

解約予定の楽天カードが支払い情報として登録されている決済については、登録されている楽天カードが利用できなくなれば支払い不能となってしまいます。

家賃や光熱費の支払いが滞ってしまうと、最悪の場合、これらのサービスが利用不能となり、日常生活に影響が出る可能性があります。

すぐに変更手続きができるシステムやサービスであれば、手続き後に対応しても遅くありませんが、なかには支払い情報の変更内容が反映されるのに少し時間のかかるパターンも少なくありません。

したがって、解約予定のあるカードを支払い情報としている場合は、できる限り手続きを始める前に、支払い可能な情報に変更しておくことをお勧めします。

出典:楽天カード

また、楽天カードにETCカードや家族カードなどの付帯機能を付けている場合は、親元のカードの 解約に伴ってまとめてすべて解約されることとなるので、契約者本人以外にカードを渡している場合はその旨を共有しておきましょう。

楽天カード解約における注意点

出典:楽天カード

手続きが完了すれば楽天側とのかかわりがなくなるというわけではありません。楽天カードを解約した後に、楽天カードの請求がくる場合があります。

これは解約月に利用した分の請求なので、手続きを終える前に来月の請求額がいくらであったかをよく確認しておきましょう。

出典:楽天カード

楽天カードの支払いは、当月分の請求を来月に支払うスケジュールになっています。

支払い方法としてリボ払いや分割払いなど、一括払い以外の方法を選択していた場合は、その支払いが完了するまで楽天カードから請求が来ることとなります。解約後はマイページが利用できなくなり、支払い方法の変更等もできなくなります。

一括払い以外の方法での支払いを一括で済ませたい場合は、コールセンター等に連絡したうえでの手続きとなるため、注意しましょう。

もう使わないと思って解約したもののやはりもう一度契約したい、といった解約後の再契約は可能です。カードの再契約は新規契約時と同様に審査されます。

しかしその特典の不正入手を避けるため、再契約に伴うカードの入会により発生するキャンペーン特典の受け取り対象外となる可能性が高いです。

さらに楽天カードを契約してから間もなくの解約には気を付けたいところ。規約に違反しているわけではありませんが、短期間の契約は信用情報に記録され、楽天カードの再契約だけでなく他のカードの審査に影響を与える可能性があります。

出典:楽天カード

楽天カードを取りやめても、楽天アカウントが消失するわけではありません。したがって、アカウント単位で加算される楽天ポイントや楽天Edyが消失してしまうわけではありません。楽天ポイン トであれば、楽天市場などでのサービスで使ったり貯めたりすることは引き続き可能です。

楽天Edyについては、楽天カードが利用できなくなることによりカードに紐づけられた決済やオー トチャージ機能は利用不可となりますが、カード機能のないEdyカードを発行するなどの対応により、残高を電子マネーとして引き続き利用可能です。

新たに発行したEdyカードに古いEdy残高を 移行する場合は、新旧両方のカードと専用のツールが必要となるので、楽天カードのサービスが利用できなくなったカードでもすぐに破棄しないことをお勧めします。

解約後にやっておきたいこと

楽天カードの解約後、先述した電子マネーの移行などで古いカードが必要な場合があります。したがって、必要な手続きが済むまではカードを保管しておくことをお勧めしますが、必要な手続きを終えて古いカードが不要になったら、カードを物理的に破壊して破棄しましょう。

クレジットカードは個人情報が多く含まれています。そのまま捨ててしまえば個人情報流出や悪用 などのリスクがあります。破棄する際は、ICチップと磁気テープの部分を破断しましょう。念のた めに、複数回ハサミやシュレッダーによって処理しておくことです。カード用の破断はさみなども売られていますので、そういったツールも活用できますね。

楽天カードではカードの解約に伴い、その残高をすべて完済した後から証明書を発行しています。 証明書の発行が必要な場合は、電話での申請が必要となります。

カードを取りやめる申請と同時に 証明書の発行申請を申し出ることも可能です。何度も電話する手間を省くためにも、一緒に電話で 伝えておくのも方法のひとつですね。    

楽天カードの解約方法を知ろう!

インターネットからは楽天カード解約はできないようになっており、手続きは電話で申請しなけれ ばなりません。問い合わせ先は、カードの種類によって異なります。

また、楽天銀行カードの場合 も異なるため、注意が必要です。 楽天カードを各種公共料金の支払いに利用している場合は、支払情報の変更手続きに時間がかかる ことを見越して、あらかじめ支払い情報を変更しておきましょう。

お金を含む事務処理であり利用できる範囲も広いため、契約を取りやめる際は事前に流れをよく確 認して遅滞なく手続きを進めることが大切です。手続きを怠れば、日常生活に支障をきたす恐れも あります。

手続きが完了した後でも、カード会社から支払いが完了していない残高の請求が来ることがあります。支払い方法の変更は手続き完了後はできなくなってしまうので、分割払いやリボ払いでの残高 が残っている場合は注意しましょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

新着記事

カテゴリー