この記事で紹介されている商品

こども用キャリーバッグのおすすめ9選!機内持ち込みサイズも

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

旅先や近所のお出かけにもおすすめの「こども用キャリーバッグ」。軽量で持ち運びもしやすく、着替えやおもちゃを入れて荷造りから旅行を楽しめます。しかし、機内持ち込みサイズのものとなると種類が限られるため、どれを選んでよいか迷いますよね。本記事では、こども用キャリーバッグの選び方について解説します。ぜひご覧くださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

こどもがキャリーバッグを持つメリット

かわいらしいデザインやこどもが座れるものなど、機能性にも優れたこども用キャリーバッグ。実はこどもがキャリーバッグを持つことでさまざまなメリットがあることをご存知でしょうか。

たとえばこどもが好きなキャラクターやカラー、機能など自分で選ばせることで、旅行へのモチベーションが上がり、自発的に荷物を準備したり管理を学んだりするきっかけになるでしょう。

またキャリーバッグにはさまざまな機能が付いており、拡張機能付きで荷物が増えても安心なもの、こどもを座らせて移動できるものなど、旅行がより快適になりますよ。

こども用キャリーバッグの選び方

「こども用キャリーバッグ」と一言でいっても未就学児や小学校低学年から中学校、高校と持ち運べる荷物の容量も異なります。

はじめてこども用キャリーバッグを購入する人は、「年齢に合わせたサイズ」「容量」「デザイン」「軽量性・耐久性」「安全性・機能性」に注目して選ぶのがおすすめです。

それぞれの特徴やメリットをご紹介するので、こだわりや好みに合わせてこども用キャリーバッグを選んでみてくださいね。

年齢に合わせたサイズ

こどもの年齢によって身長や体格が大きく異なるため、年齢に合わせたサイズでこども用キャリーバッグをチェックするようにしましょう。

キャリーバッグのサイズは一般的に「高さ×横幅×奥行(cm)」と記載されていることが多く、航空会社などのサイズ表記は「総外寸サイズ」で表示されているため確認しましょう。

園児や小学校低学年向けのコンパクトサイズは高さ50cm以下のものが主流で、身長160cm以下の時期はSサイズの30L以下のものが持ち運ぶ際にちょうどいいでしょう。

それ以上の身長になると宿泊数に合わせた容量で選ぶのがおすすめです。

容量

こども用キャリーバッグは年齢に合わせたサイズはもちろん、荷物を収納できる容量も重要です。こどもの年齢に対して一部の荷物を持たせるのか、全ての荷物を入れて管理してもらうのかによって容量は異なってきます。

また、持ち運ぶ荷物に対して大きい容量のものを選ぶと、せっかく整理整頓して入れた荷物がキャリーバッグ内で散乱してしまうので注意しましょう。

ここからは「園児」「小学校低学年〜中学生」「中学生以上」の3つのタイプに分けて、それぞれの容量や特徴をくわしくご紹介します。

園児は10L前後

小学校に入る前の園児にはおもちゃ感覚で持ち運べる10L前後のキャリーケースがおすすめです。コンパクトな10L前後のキャリーケースは高さ30cm程度が主流で、大人と比べて身長の低い園児でも持ちやすいのが特徴です。

一般的には「1泊=10L」が大人の容量の目安とされていますが、この年頃のこどもには旅の重い荷物を持たせるのが目的ではありません。まずは楽しく飽きずに移動できることを基準に選ぶとよいでしょう。

小学校低学年〜中学生は20〜35L前後

小学校低学年〜中学生には20〜35L前後がおすすめです。20〜35L前後というと、だいたい2〜3泊程度の荷物が収納できる容量をイメージすればよいでしょう。

荷物に対して容量が大きすぎると整理整頓をする必要がなくなってしまうため、まずは2泊程度の容量を目安に選んでパッキングを学ぶのがおすすめです。

また冬物で荷物がかさばる時期や、部活やクラブチームの合宿などで連泊する場合には容量が大きめのものを選ぶとよいでしょう。

中学生以上は40L前後

中学生以上のこどもには40L前後の中型サイズがおすすめです。この年頃のこどもは学校の修学旅行や部活の合宿など、大きな容量が必要な場面も少なくありません。

飛行機移動でスーツケースを頻繁に使う場合は、やや大きめサイズか拡張機能の着いたものにしておくと、さまざまな場面で活用できるのでおすすめです。

ただし、容量が大きくなると収納する荷物によっては重さで移動が大変になってしまう場合もあります。容量が大きいキャリーバッグを選ぶ場合は、移動しやすい軽量タイプも合わせてチェックしましょう。

好きなデザイン

旅先でこどもに率先して荷物を持ってもらうには、こども自身が好きなデザインのキャリーバッグを選ばせることがおすすめです。

特に旅行などで大きな荷物を自分で持つ習慣がない園児や小学校低学年のこどもは、お気に入りの効果で荷物を率先して持ったり整理整頓したりするようになるでしょう。

小学校高学年から中学、高校生になるとかわいらしいデザインよりも、シンプルなデザインを好むこどもが増えてきます。

こどもの成長に合わせて好きなデザインを選ばせることで、自分の荷物を管理する習慣も身に付きやすいでしょう。

軽量性・耐久性

こどもに率先して荷物を持ってもらうためには、デザインはもちろん、軽量性も重要なポイントです。園児〜小学校低学年のこどもであれば布製のソフトタイプが軽さと柔らかさがあって触り心地もよくおすすめですよ。

また荷物を持つことに慣れていないこどもは、荷物を引きずったりぶつけたりする可能性が高いため耐久性も大切です。

耐久性を重視するのであればハードタイプのキャリーバッグをおすすめします。ただし、ハードタイプはソフトタイプに比べて重いものが多いため、小学校高学年〜高校生におすすめです。

安全性・機能性

こどもが持ち歩くものには安全性や機能性を重視したい親御さんが多いでしょう。

安全性ではタイヤの走行性能もチェックしたいところです。キャリーバッグのタイヤには主に4輪と2輪のタイプに分かれ、年齢によって使い分けるのをおすすめします。

それぞれの特徴と向いている年齢については次の通りです。

・4輪タイプ:小学生以上のこども向き。小回りが利き、斜めに引かなくても動くのが特徴。思い通りの方向に移動しやすいのがメリット。

・2輪タイプ:園児〜小学校低学年のこども向き。比較的タイヤが大きく安定感があるのが特徴。立てればタイヤが転がらないのがメリット。

そのほかには、拡張機能付きで収納スペースが広がるタイプのものもおすすめです。拡張機能付きなら旅先の買い物で荷物が増えたり洗濯物がかさばったりしても安心ですよ。

おすすめのこども用キャリーバッグ2選

ここからは、おすすめのこども用キャリーバッグ2選をご紹介します。こどもが自らバッグを持ちたくなるようなかわいらしいデザインのもの、旅行にうれしい機能付きの商品を選びました。

ご家庭の予算や用途などはもちろん、こどもの好みやこだわりに合ったものを見つけてみてくださいね。

PR
マザーガーデン 子ども用 キャスター付きキャリー

商品情報

ブランド クリエイティブヨーコ
サイズ 約横幅32×マチ幅15×高さ40.6cm
容量 19リットル 
適応身長 120cm~
耐荷重量 10kg 
素材 ポリエステル100%

かわいらしいユニコーンのキャラクターが描かれた機内持ち込み可能なこども用キャリーバッグです。キャリーバッグとしてもリュックサックとしても使える2WAY仕様が特徴。両サイドには便利なポケット付きで、こどものおもちゃやお菓子などがすぐに取り出せて整理整頓できるのがうれしいポイント。外出時以外にも子どもの荷物を収納できるおもちゃ箱として活用できますよ。

PR
ジェイワールド キッズキャリーバッグ

商品情報

ブランド JWORLD
本体サイズ H:43cm/W:25cm/D:25cm
重量 1.45kg
機内持ち込み: 可(国際線、国内線100席以上)

カラフルなデザインが特徴的なグローバルブランドのこども用キャリーバッグです。フロントの大きなダブルファスナーで左右どちらからも開閉可能なのが特徴。取り外し調整可能なショルダーストラップ付きで旅先のちょっとした買い物などにも便利です。ホイールがやわらかく歩行中の音が比較的静かなので、急いでいるときもそれほど音が気にならず移動もスムーズですよ。

こども用旅行バッグもチェック!3選

ここからは、こども用旅行バッグを3つご紹介します。旅行バッグの定番メーカーやこどもが好きなキャラクターをはじめとして、旅の荷物を整理整頓できるような収納ポケットがたくさん付いたバッグを選びました。

旅行や合宿などのこども用カバンとしてキャリーバッグと旅行バッグで購入を迷っている方は、ぜひこちらの商品もチェックしてみてくださいね。

PR
フィラ キッズリュックサック

商品情報

ブランドFILA(フィラ)
サイズ 高さ45cm 横53cm(最大66cm) 幅19.5cm
容量41-50L

使いやすさとデザインが魅力のFILAのキッズ用のビッグサブリュックです。リュックの口が大きく開くので荷物が取り出しやすく、たくさんついた収納ポケットに整理整頓すれば、旅先で荷物がぐちゃぐちゃすることなくスッキリと持ち運べます。また、メイン部分に付いているファスナーを開けると、容量が増えるエクスパンダブルタイプなのもうれしいポイントです。

PR
サンリオ 折りたたみボストンバッグ

商品情報

ブランド サンリオ(SANRIO)
本体サイズ 使用時:約55×22×36cm 畳んだ時:約24×6×17cm
持ち手の長さ 約45cm
ショルダー紐の長さ 約54-105cm
主な材料・原料 ポリエステル

準備するときからワクワクが高まるサンリオの旅行バッグです。キャリーケースのバーに通せるベルト付きで、家族旅行の際には大人のキャリーケースの上に置けば移動も簡単ですよ。サンリオ好きはぜひチェックしたい、別売りのポーチやポシェットなどのトラベルグッズとセットで使えば旅行の気分がぐっと上がること間違いなし!旅行や合宿用におひとついかがでしょうか。

PR
ハピタス 折りたたみボストンバッグ

商品情報

ブランド HAPITAS
サイズ タテ30cmxヨコ45cmxマチ18cm、折り畳み時のサイズ:タテ18cmxヨコ22cmxマチ4.5cm
ポケットの数:5(外側3/内側2)
重量 440g
持ち手の全長 46cm
ショルダーストラップ付き(全長122cm)

コンパクトに折りたためるボストンバッグです。ファスナーを開けて広げるだけでバッグに早代わりするのが特徴。かわいいキャラクターがワンポイントになった性別や年齢を問わないシンプルなデザインが素敵ですね。使わないときは小さく畳んで持ち運べるため、荷物が増える旅行の際などにとっても便利。持ち運びに便利なショルダーベルト付きでスーツケースのキャリーバーを通せるのもうれしいポイントです。

ファミリー向け大型キャリーバッグ4選

ここからは、ファミリー向けの比較的大きなサイズのキャリーバッグを4つご紹介します。こどもの荷物を入れるとどうしても大人だけの旅行より荷物が多くなってしまうもの。

大容量やエキスパンド機能付きの容量がアップできるキャリーバッグなら旅先の荷物が増えても安心できるでしょう。

子連れで家族旅行をする人は、ぜひこちらの商品をチェックしてみてくださいね。

PR
エース スーツケース

商品情報

ブランド ACE
タイプ ファスナータイプ(7~10泊用)
外装素材 ポリカーボネート/ABS樹脂
外寸サイズ H74×W51×D29/32cm
総外寸 154cm
容量 83/93L(拡張時)
重量 4.8kg
TSAロック対応

1940年創業の日本のバッグメーカー、エース株式会社から誕生した商品です。荷物が増えたときも安心のエキスパンド機能付きキャリーバッグ。通常時の容量は83Lですが、マチを広げると93Lまで容量がアップし、旅先のお土産などで荷物が増えても収納できますよ。マチを開くと天面に内装ポケットにアクセスできる隠しポケットがあり、スーツケースを全開して物を取り出す必要がなく、楽に荷物の出し入れが可能です。

PR
アイリスプラザ キャリーバッグ

商品情報

ブランド ‎アイリスプラザ(IRIS PLAZA)
商品サイズ 幅約53.5×奥行約33×高さ約79cm
本体重量7.1kg
伸縮ハンドルの高さ79~106cm
宿泊目安 7泊以上
施錠タイプ TSAロック(ダイヤル式)
内容量 120L

高級感のあるシルバーと洗練されたデザインがスマートなキャリーバッグです。ボディにはキズや汚れが付きにくい軽量で衝撃に強い素材が使われているので移動が続く旅先でも荷物を守ってくれます。容量120Lと7泊以上の荷物が楽々入るので複数人の家族旅行にもおすすめです。

PR
サムソナイト スーツケース キャリーケース

商品情報

スーツケースの種類 ハードケース(ファスナー)
外寸三辺合計(㎝) 158cm
本体サイズ H:75cm/W:52cm/D:31cm
容量 92L
重量 4.7kg
機内持ち込み 不可
外装素材ポリカーボネート100%

1910年創業のアメリカの老舗メーカーのブランド「サムソナイト」のキャリーバッグです。荷物が増えたときに容量を拡張できるエキスパンダブル機能付きで、旅先でお土産などの荷物が増えても安心。左サイドのディバイダーに便利なウェットポケットがついており濡れたものを一時的に入れられるほか、右サイドの収納部にクロスバンドがついており荷崩れを防止してくれます。キャスターはダブルホイールなので旅先の凸凹道や荷物が多くてもスムーズに移動できますよ。

PR
エース トーキョー スーツケース

商品情報

ブランド エース株式会社
外寸サイズ H70×W52×D34/38cm
容量 100/117L(拡張時)
重量 4.9kg

大容量の荷物をしまえるジッパータイプのハードサイドラゲージです。通常の容量は100Lで、拡張機能のマチを広げると117Lまで容量がアップする優れもの。旅先のお土産などで荷物が増えても余裕を持って収納できるので安心して買い物ができます。背面のレバー操作で簡単に車輪を固定できるキャスターストッパー付きなのもうれしいですね。

家族旅行にぴったりなキャリーバッグを見つけよう!

機内持ち込み可能なこども用キャリーバッグがあれば、旅行中のこどもの荷物を出し入れするのも楽々です。また大容量のファミリー向け大型キャリーバッグがあれば、旅先でお土産などの荷物が増えても安心して買い物ができます。エキスパンダブル機能付きキャリーバッグを選べばファスナーを開くことで容量アップも可能なので要チェックですよ。

ぜひ本記事の選び方やおすすめ商品を参考に、旅行にぴったりなキャリーバッグを選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー