この記事で紹介されている商品

バスキャンドルのおすすめ8選!幻想的なあかり・香りで癒されるお風呂時間

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

幻想的なあかりでお風呂の時間にリラックスできる「バスキャンドル」。浴槽に浮かべるものや沈めて使うものなど豊富な種類があり、香り付きのアロマキャンドルも登場しています。本記事では、バスキャンドルの選び方とおすすめの商品をご紹介。ローソクタイプからLEDタイプまで詳しく説明するのでぜひ参考にしてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

バスキャンドルの魅力

日照時間が短い北欧では、部屋の照明としても使われているキャンドル。キャンドルの明かりは規則的に見えて不規則な動きをしており、これを1/f(エフぶんのいち)ゆらぎといいます。1/fゆらぎには気分をリラックスさせる効果があるので、キャンドルを癒しアイテムとして取り入れている方も多いのではないでしょうか。

そんなキャンドルをバスルームでも使えるようにしたものがバスキャンドルです。キャンドルの明かりが水面に反射して幻想的な雰囲気を演出し、中には香りも一緒に楽しめるアロマバスキャンドルも。いつものバスタイムがさらに癒しの時間になりますよ。

バスキャンドルの選び方

バスキャンドルには使い方や明かりのタイプなどによって豊富な種類があり、さまざまなメーカーから販売されています。そのため、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。ここからは、バスキャンドルの選び方を以下の5つのポイントに着目して解説します。

1.置き方
2.明かりの種類
3.香り
4.燃焼時間・電池駆動時間
5.防水性能

それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

1.バスキャンドルの置き方で選ぶ

バスキャンドルは浴室内に置くタイプだけでなく、お湯に浮かべるタイプや沈めて楽しむタイプも販売されています。

浮かべるタイプや沈めるタイプのバスキャンドルには防水加工が施されており、明かりが反射してキラキラと輝く水の揺らぎにも癒されますよ。置くタイプのバスキャンドルは浴室の空いたスペースに置くだけで手軽に使え、おしゃれなデザインも豊富なのでインテリア性を重視したい方にもおすすめ。浴室だけでなくリビングなどに飾っても楽しめます。

好みの使い方によってバスキャンドルの置き方を選んでみてくださいね。

お湯に浮かべるバスキャンドル

キャンドルの明かりが映ってきらきらとゆらめく水の動きを楽しみたい方は、お湯に浮かべるタイプのバスキャンドルをチョイスしましょう。ぷかぷかとバスキャンドルが浮かんで水面が揺らぎ、バスキャンドルの明かりと合わせて幻想的な雰囲気を演出します。

浮かべるタイプのバスキャンドルはデザインのバリエーションも豊富。シンプルなものからアヒルや花などをモチーフにしたかわいいものまであり、好みやシーンなどに合わせて選べます。水を入れた平皿に浮かべてリビングなどに飾るのもおすすめですよ。

お風呂周りに置くバスキャンドル

バスキャンドルを手軽に楽しみたいなら、お風呂周りに置くだけで使えるタイプがおすすめです。浴槽や窓のフチなどの空いているスペースに置くだけで楽しめるので、誰でも簡単に使えます。壁や天井にもキャンドルの明かりや影が映り、いつものバスルームが神秘的な空間になりますよ。ローソクタイプでも子どもの手が届かない場所に置けば安心して使えるので、子どもと一緒に楽しみたい方にもおすすめです。

デザインにこだわったものなら、浴室に飾っておくだけでもおしゃれなインテリアアイテムになります。リビングや寝室などで使うのもおすすめですよ。

お風呂に沈めて楽しむバスキャンドル

普段とは違うラグジュアリーな雰囲気を楽しみたい方は、お湯に沈めるタイプのバスキャンドルを選んでみてはいかがでしょうか。完全防水加工が施されているバスキャンドルは浴槽に沈めることができ、浴槽の底からきらきらと輝く明かりでナイトプールのような雰囲気に。レッドやブルー、グリーンなどカラーのバリエーションも豊富で、好みの色を選んだりいくつかの色を組み合わせたりしても楽しめますよ。

水を入れたボウルに沈めれば、バスルームだけでなくリビングや寝室でも使えます。水槽や花瓶の中にも入れられるので、ムーディーな間接照明として記念日のディナーや就寝前のリラックスタイムなどに使うのもおすすめです。

2.明かりの種類で選ぶ

バスキャンドルは、明かりの種類によってローソクタイプとLEDタイプの2種類に分けられます。本物の火を灯して使うローソクタイプは自然な火のゆらぎが楽しめ、あたたかみも感じられます。LEDタイプは火を使わないのでバスキャンドルを初めて使用する方でも扱いやすく、火傷の心配がないので子どもと一緒に入浴する際にも安心して使えますよ。

使い勝手や使用期間なども異なるので、それぞれの特徴の違いをチェックし、自分の好みや使用シーンなどに合わせて選んでみてくださいね。

自然な火のゆらぎ「ローソクタイプ」

自然な火のゆらぎに癒されたい方はローソクタイプをチョイスしましょう。不規則な火のゆらぎには人をリラックスさせる効果があり、眺めているだけで心が落ち着きます。ローソクにはさまざまな種類のワックスが使用されていますが、ソイワックス(大豆)やパームワックス(アブラヤシの実)などの天然素材ならススが出にくいのでおすすめですよ。

ローソクタイプのバスキャンドルは本物の火を使うので、注意深く扱わないと火傷や火災などの恐れも。近くに紙や布のような燃えやすいものを置かないようにし、換気も忘れずに行いましょう。

火傷の不安がない「LEDタイプ」

火傷や火災などが心配なら、LEDタイプのバスキャンドルがおすすめです。無煙で換気の必要がないので場所を問わず使いやすく、お家ヨガやキャンプ、記念日の食卓など幅広いシーンで使えます。触れても熱くないので、小さな子どもと一緒でも安心して楽しめますよ。LEDといっても本物のローソクのようなゆらぎが楽しめるものもあり、ロマンチックな雰囲気を演出します。

また、明かりの色味のバリエーションが豊富なのもLEDタイプのバスキャンドルの魅力。中にはリモコンで明かりの色が変えられるものもあり、パーティーやイベントにもぴったり。沈めて使いたい方は、「防水」ではなく「完全防水」と記載されたものを選んでくださいね。

3.アロマキャンドルタイプなら香りで選ぶ

バスキャンドルの中には、エッセンシャルオイルを配合して明かりと共に香りも楽しめるアロマキャンドルタイプもあります。シーンや好みなどに合わせて香りを選べばさらにリラックスできるでしょう。

オレンジやレモン、ベルガモットなどの柑橘系の香りなら気分も爽やかにリフレッシュ。夏の半身浴にもぴったりの香りです。ラベンダーやカモミールなどのフローラル系の香りは華やかで優しい甘さがあり、ゆったりくつろいで心身ともにリラックスできますよ。シナモンやサンダルウッドなどのエキゾチック系の香りならリゾートのような雰囲気が楽しめます。

4.燃焼時間・電池駆動時間をチェックする

バスキャンドルを選ぶ際は、どのくらいの時間使えるのかも確認しておきましょう。

ローソクタイプなら燃焼時間をチェック。ワックスの種類によって燃焼時間が変わり、ソイワックスやパームワックスなどの天然素材を使用したものは低温でゆっくりと燃えるため、燃焼時間が長いとされています。

LEDタイプなら電池駆動時間をチェック。電池式が主流で、30時間程度のものから100時間以上駆動するものまであります。点灯しなくなっても電池を交換すれば何回でも使えるのがうれしいですね。

5.LEDタイプなどは防水性能も確認する

LEDタイプのバスキャンドルを選ぶ際は防水性能も確認しましょう。パッケージをチェックし、「防水」や「ウォータープルーフ」などの記載があればバスルームや洗面所などの水回りに置くことが可能です。防水性能があれば、バスルーム以外にもキャンプやアウトドアなど幅広いシーンで使えますよ。

ただし、「防水」と記載された商品は水に沈めることはできないので要注意。湯船に沈めて使いたいなら、防水ではなく「完全防水」と記載されたバスキャンドルを選ぶようにしてくださいね。

おすすめのバスキャンドル8選

バスキャンドルの選び方について解説しましたが、実際にどのような商品があるのか気になった方も多いのではないでしょうか。ここからは、おすすめのバスキャンドルをご紹介します。ローソクタイプからLEDタイプまでピックアップしているので、ぜひ参考にしてバスキャンドルを選んでみてくださいね。

PR
オフティ バスキャンドル プカ

商品情報

セット内容:ホルダー2個 フレグランスカップキャンドル4個
香り:ホワイトティー
原材料:
ホルダー:ハードワックス/フレグランスカップキャンドル:パラフィン

浴室内に置いたり、お湯に浮かべたりして使えるアロマバスキャンドルです。リフィル式で、中のフレグランスカップキャンドルを交換すると繰り返し使えますよ。キャンドルホルダーからもれる明かりと、グレープフルーツベースの爽やかなホワイトティーの香りで気分もリラックスできます。

PR
カメヤマキャンドルハウス アロマティカルバスキャンドルカップ

商品情報

香り:カーム
原産国:マレーシア
内容量:1セット(カップ×1個、キャンドル×1個)

ポリカーボネート製のカップで落としても割れにくく、熱に強いのでバスルームに置いても湯船に浮かべても使用できますよ。キャンドルの原料にはパームやしの実を使用しており、燃焼中のススが少ないのが魅力です。さわやかな緑茶の香りなので、香りを楽しみたい方にもおすすめ。ギフトボックスに入っているのでプレゼントにもぴったりです。

PR
SCENTORINI アロマキャンドル

商品情報

サイズ:直径5×高さ5.7cm
正味重量:50g
燃焼時間:8-12時間

ブラッドオレンジ、洋梨、ブルーベルの3種類のフルーツの香りが楽しめるアロマバスキャンドルです。爽やかで甘い香りが心地よく漂い、バスルームで使うのはもちろんインテリアとしてお部屋で楽しむのもおすすめですよ。100%天然由来の大豆ワックスをアロマオイルとブレンドしており、自然な香りと光がロマンティックな雰囲気を演出します。優しいターコイズブルーのギフトボックス入りで、プレゼントにもよろこばれそうですね。

PR
MOKYDUO アロマキャンドル

商品情報

サイズ:6.3×3.2cm
重量:450g

キャンドルの表面に花びらがあしらわれており、飾っておくだけでおしゃれなインテリアアイテムになります。シックな陶器の器に入っており、使い終わったあとは器を小物入れやフワラーポットとして再利用できるのもうれしいですね。ワックスやエッセンシャルオイルには100%天然素材を使用し、ワイルドブルーベルやイングリッシュペアーの香りが約30時間楽しめますよ。

PR
ペガサスキャンドル ぷかぷか バスキャンドル

商品情報

サイズ:8cm(W)×8cm(D)×8.4cm
燃焼時間:約6時間
香り:ジャスミン

燃えにくいロウでできた容器に入っており、水が入りにくい形状になっているので湯船に浮かべて使えます。万が一落としても割れにくいため、子どもがいる家庭でも使いやすいです。燃焼時間は約6時間で、濃厚なジャスミンの香りが楽しめます。他にも、カモミールの香りやラズベリーの香りなどのバリエーションがありますよ。

PR
HONONARI フローティング LED キャンドル

商品情報

スタイル  ロウ
ブランド  Hononari
色 BLUE ROSE
商品の寸法  6.6W x 4.3H cm

バラをモチーフにした華やかなデザインで、ロウならではの繊細な質感や陰影が魅力。湯船に浮かべると華やかな雰囲気になり、インテリアアイテムとしてもおしゃれです。水に浮かべるとLEDが点灯する仕組みになっていて、水を入れたお皿に浮かべてリビングに飾るのも良いですね。専用ボックスに入っているのでギフトにもぴったりです。

PR
いにしえの炎 完全防水LEDキャンドル

商品情報

スタイル  完全防水、LEDキャンドル
ブランド  いにしえの炎
色 ホワイト
商品の寸法  30D x 30W x 25H mm
光源タイプ  LED
電源 バッテリー式

完全防水タイプのLEDキャンドルで、置いたり浮かべたりするのはもちろん湯船に沈めても使えます。上下のケースをひねるだけで簡単に点灯し、バスキャンドルとしてはもちろんリビングの間接照明やアウトドアにもぴったり。電池交換をすると長く使い続けられて経済的です。12個セットなのでさまざまな用途で活用できますね。

PR
MOKYDUO アルテミス アロマキャンドル

商品情報

サイズ:7×8cm
重さ:310g

熟練の職人によってひとつひとつ手作りされているキャンドルで、精油の心地よい香りが優雅なリラックスタイムを演出します。また、ココナッツソイワックスを使用しており約40時間使用が可能。マット仕上げの陶磁器のホルダーもおしゃれで、熱くなりにくいので火傷から手を守ります。別売りのフタを購入すると、キャンドルを使い終わったあとでも小物入れとして再利用できてうれしいですね。

こちらも併せてチェック!キャンドルグラス

お好みのバスキャンドルが見つかったら、バスキャンドルと一緒に使えるキャンドルグラスも選んでみてはいかがでしょうか。キャンドルグラスの中にバスキャンドルを入れて明かりをつけると、グラスの光が反射してバスルームがより幻想的な雰囲気に。バスキャンドルとセットでプレゼントするのもおすすめですよ。ここでは、おすすめのキャンドルグラスを2つご紹介します。

PR
キャンドルワールド モザイクカップ

商品情報

サイズ:直径8.2×高さ7cm
材質:ガラス

モザイク模様が美しいステンドグラスのようなデザインのキャンドルグラスで、明かりを灯すとモザイク模様から光が反射して幻想的に照らします。ブルー基調のシエル・オレンジ基調のクラシーク・パープル基調のアールの3色があり、インテリアに合わせて選べますよ。ギフトラッピングに対応しているのでプレゼントにもおすすめです。

PR
ペガサスキャンドル offti キャンドルグラス

商品情報

カラー:ブルー
素材:ガラス
サイズ:φ7.5cm×H6.5cm

バスキャンドルをセットして点灯するとキャンドルグラスから放射線状に明かりが広がり、炎に合わせて明かりも揺らいで周囲を照らします。バスルームに置いて使うのはもちろん、棚やサイドテーブルなどに置いて間接照明として使うのも良いでしょう。クリアやブルーなど5色のバリエーションがあり、好みやインテリアに合わせて選べます。

バスキャンドルでリラックスしたバスタイムを

おすすめのバスキャンドルと選び方についてご紹介しました。明かりを灯せばバスルームが幻想的な空間になり、香り付きのものならさらにリラックスできますよ。ぜひこの記事を参考にして、バスキャンドルを選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー