この記事で紹介されている商品

ソファーカバーのおすすめ9選!かけるだけのタイプやおしゃれな北欧風デザインまでタイプ別にご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「ソファーカバー」はお部屋の雰囲気を変えるだけでなく、ソファーを長く使うために必要なアイテムです。しかしサイズや素材もさまざまなので、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。そこで今回は、ソファーカバーのおすすめの選び方をご紹介します。自宅で洗濯できるものやおしゃれなデザインのものについても触れているので、ぜひ最後までご覧くださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ソファを長く使うならソファーカバーが重要

ソファーカバーの1番のメリットは、ソファーを汚れや傷から守れることです。カバーを掛けずにソファーを使用し続けると、座った際の摩擦によって表面の生地が傷んでしいまい、ソファーの劣化が進んでしまいます。

ソファー表面の生地は取り外しや交換できないものが多いため、お気に入りであればあるほど、できるだけきれいな状態を長持ちさせたいですよね。そんなときにソファーカバーを掛けることで、ソファー本体の汚れや傷を防ぐことができ、結果的にソファーを長く使用することができますよ。

ソファーカバーを選ぶ時に確認すべき5つのポイント

ソファーカバーには、タイプや素材、機能性などさまざまな種類があります。ここでは、ソファーカバーを選ぶ際にチェックすべき5つのポイントをご紹介します。

ソファーカバーのタイプ3種類

ソファーカバーのタイプは、大きく3タイプに分けられます。用途によって使い勝手が異なるため、違いを理解して、使いやすいものを選んでくださいね!

掛けるだけで使える「マルチカバー」

マルチカバーとは、ソファーを覆うように掛けるだけで使えるソファーカバーです。ソファーの形状に依存されないので、お気に入りの柄や素材のものを探すことができます。 マルチカバーの最大の魅力は、手間をかけずに取り付けられること。カバーが汚れたり、夏場に汗が染み込んでも、サッと取り外してすぐに洗濯できます。 さらに、大きな布であるマルチカバーは、ソファーカバーとしてだけでなく、家具の目隠しやベッドカバーなどさまざまな用途で活用できます。幅広く模様替えを楽しみたい初心者の方にもおすすめですよ。

ぴったりフィットする「ストレッチカバー」

ストレッチカバーとは、伸縮性のある生地でソファーの形状に合わせてぴったりフィットするソファーカバーです。ほかのタイプに比べるとソファーとの一体感が高く、見た目や利便性に優れている傾向にあります。 ストレッチカバーを選ぶ際は、まずその伸縮性の方向に注目しましょう。1方向だけに伸びるタイプもあれば、タテ・ヨコ・斜め全方向に伸縮するタイプもあります。凸凹のあるソファに掛ける場合は、全方向に伸縮するタイプのほうが掛けやすいですよ。 また、座っているうちにカバーがズレてしまうのを防ぐため、固定パイプが付いているものや底面の紐が結べるものを選ぶのがおすすめです。

取り付けが手軽な「ソファーパッド」

ソファーパッドは、ソファーにサッと掛け、付属のヒモを結んでソファーに固定できるソファーカバーです。ズレたりよれたりする心配がなく、取り付けや取り外しが簡単に行えます。また、ソファーパッドの中には、裏地にズレ防止の加工がされているものもあるため、カバーのズレを防いでくれるのもメリットです。 さらに、ソファーパッドによっては中綿が入っているものもあります。座面の座り心地を重視したいという方は、中綿もチェックしておくと安心です。見た目こそフィット感はないものの、手軽さと利便性の両方を兼ね備えたソファーカバーと言えます。

サイズ・形状がソファに合っているか

次に、ソファーのサイズや形状をよく確認しておきましょう。全体のサイズはもちろんですが、次のポイントをチェックしておくことが大切です。

  • 何人掛けか
  • ひじ掛けがあるかどうか
  • 背もたれの高さ

サイズ感を間違えてしまうと、ソファーの形状によっては、完全にフィットしない可能性もあります。また、ストレッチカバーでは、ソファーの底面に紐を固定するものが多いため、3人掛け以上の大きなソファーでは取り付けが大変な場合も。サイズや形だけではなく、取り付けから取り外しまでの流れをイメージしてから購入すると、失敗するリスクを軽減できますよ。

部屋のインテリアを考えて選ぶ

非常に存在感のあるソファーは、よくも悪くも部屋の印象を大きく左右します。ソファーカバーはソファの雰囲気を変えられるアイテムでもあるため、部屋にあるインテリアとのバランスを考えることも大切です。特に重要となるのがカラーリング。ここでは、よくあるカラーについてご紹介します。

無地やベーシックカラー

無地やベーシックカラーは、インテリアに統一感を出しやすいカラーです。お部屋のバランスを見て、1番多い色彩に合わせることでインテリアに馴染みやすく、おしゃれにまとめられます。たとえば、インテリアがナチュラルテイストであればパステルカラー、アイアンテイストであればダークカラーのものなどがおすすめです。

ただし、シンプルゆえに物足りなさを感じてしまうことも。そんなときは、ソファーのクッションに柄を選んだり、カバーの素材にこだわったりと、小物づかいや差し色によって雰囲気を変えてみましょう。

アクセントカラー

アクセントカラーとは、色彩の配色における強調色のこと。ベーシックカラーに比べると彩度が高いため差し色として使われることが多いですが、あえてメインにもってくることで、ソファーの存在感を際立たせることができます。 たとえば、レッドやオレンジ、イエローなどの暖色系を使うことで、部屋の雰囲気を明るくすることが可能です。反対に、ブルーやグリーンなどの寒色系を使えば、クールでさわやかな印象を演出できますよ。 一般的にはアクセントカラーの配色比率は部屋全体の約5~10%以内に収めるとよいと言われています。バランスに配慮しながら上手く取り入れてみてくださいね。

柄入り

柄入りのソファーカバーは、花柄や幾何学模様など主張が強いデザインが多いです。部屋全体のインテリアとのバランスが取れていないと少しごちゃっとした印象を与えてしまいますが、ソファー自体の雰囲気をガラッと変えることが可能です。 柄入りを選ぶときは「カーテンやクッションとの色を合わせる」「小さめの柄にベースが淡い色味のものを選ぶ」などの工夫することで、インテリアとしてのバランスがとれ、おしゃれな印象に仕上がります。 木製家具が多いなど、ナチュラルなインテリアを目指す方には北欧柄がおすすめです。自然のモチーフや繊細な模様、優しい色使いがあたたかな印象を与え、上質なインテリアに仕上げてくれます。

素材や生地を考えて選ぶ

ソファーカバーの素材や生地は、耐久性と快適性のどちらを優先するかが重要なカギとなります。たとえば、ペットがいるご家庭にはひっかき傷に強い素材、お子様がいるご家庭には汚れが落ちやすく肌触りのよい素材など、生地の特性に合わせて選ぶのがおすすめです。 ポリエステルなどの合成繊維が多く含まれた生地はシワになりにくく、ダニなど細菌の発生を抑える役割もあるため、耐久性に優れており長く使うことができます。また、リネンやコットンといった自然素材が多く含まれた生地は、合成繊維のものに比べると耐久性が落ちますが、肌触りがよく快適に使えるのが魅力です。 デザインだけでなく、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

機能性を考えて選ぶ

ソファーカバーを選ぶ際はお手入れのしやすさ、使いやすさ、快適さなど、機能性も重要なポイントです。ここからは、あると便利な機能性について詳しくご紹介します。

ウォッシャブルタイプ

ウォッシャブルタイプとは、自宅で手軽に洗濯できるソファーカバーのことです。飲み物や食事をこぼしたり、汗が染み込んだりしたソファーカバーも、洗濯すれば清潔に保つことができます。 なお、ウォッシャブルタイプであっても、そのまま洗濯機へ入れると生地が絡んで傷めてしまう場合もあるので、大きめの洗濯ネットに丸めてから洗濯すると安心です。

防水・撥水加工

防水・撥水加工とは、生地自体に水分を弾く加工がされており、汚れづらくなっているソファーカバーのことです。 特に、ソファーでよく飲食をする、ソファーにペットが登ることが多いという方は、チェックすることをおすすめします。万が一飲み物をこぼしてしまったときにも、サッと拭き取るだけで簡単にお手入れができますよ。さらに抗菌加工がされているソファーカバーであれば、雑菌の発生を抑える効果が期待できます。より衛生的に使用したい方は、確認しておきましょう。

固定バンドやパイプ付き

固定バンドやパイプが付いていれば、ソファーカバーのズレを防ぐことができます。固定バンドは、ソファーの底面や背面に回して留めることでズレを防止するのが特徴です。一方パイプは、ソファーの背面やひじ掛けと座面の隙間に、カバーの余った部分とともに挟み込むことで、ズレを防いでくれます。 特にひじ掛けや背面のあるソファーは、形状が凸凹しておりズレやすいため、固定バンドやパイプ機能付きのものを検討するのがおすすめです。

冷感加工

冷感加工はその名の通り、冷たく感じる加工が施されたソファーカバーです。暑い夏の時期は、ソファーカバーに長時間座っているとその部分が熱を持つため、不快に感じることも少なくありません。冷熱加工があれば、触れた部分が冷たくサラっとした肌ざわりのため、夏でも快適に過ごすことができます。 さらに、抗菌加工や防臭加工、速乾性が付与されたものも多く、カバーのジメジメした不快感を低減してくれるのも特徴です。

あなたはどのタイプ?タイプ別ソファーカバーをご紹介

それでは実際にソファータイプに分けてソファーカバーをご紹介します。これまでのポイントを踏まえ、ソファーカバー選びの参考にしてくださいね。

掛けるだけで簡単に使いたい人はマルチカバー

使い勝手のよさと手軽さが魅力のマルチカバーをご紹介します。サイズ展開も豊富なので、ソファーサイズに合わせて選ぶことができますよ。

PR
HomeFirst 北欧風 マルチカバー 長方形 ソファーカバー 多機能 ブランケット 120*150cm

商品情報

これは特別なデザインです。表と裏で作りが違うので、サラッとした面と毛布のような面があります。

天然綿を100%使用したマルチカバーです。優しい肌触りが魅力で、洗濯機で気軽に洗濯できるのもうれしいポイント。グレー基調の北欧柄が、落ち着いた部屋の雰囲気を演出してくれます。

PR
Lixiin ソファーカバー多機能 両面兼用 四季通用

商品情報

上質なシェニール生地を使用し、厚みがあり、柔らかく、快適で、耐久性があり、強い質感と良いドレープが特徴です。

一見シンプルながらも、アクセントの効いたフリンジとニットの質感がおしゃれなマルチカバーです。生地に用いられているシェニール織は、やわらかくあたたかな風合いが特徴。ポリエステル素材なので、耐久性もありつつ快適性も備えています。

PR
TMVOK 北欧風 マルチカバー ブランケットフリンジ付き

商品情報

この製品は各種類の革製ソファーと布製ソファーに適用します。肘付きソファーと肘なしソファーとも対応できます!

爽やかな柄の北欧風のマルチカバーです。常温水洗なら、洗濯機でドライクリーニングも可能で、簡単にお手入れができます。適度な厚みがあって通気性もよいため、オールシーズンで使用できますよ。

サイズを自由自在にしたい人はストレッチカバー

自宅にあるソファーにあわせてフィットするストレッチカバーをご紹介します。

PR
JIVINER ストレッチ布団カバー

商品情報

高品質の生地 - JIVINERの布団カバーは小さなチェック生地を使用したジャカードニットで作られています。

スパンデックスという高い伸縮性を持った素材を使用しており、弾性バンドもついているため、ソファーにぴったりとフィットします。生地そのものの触り心地もよく、毛玉ができにくいので、長期間愛用できるのがうれしいですね。

PR
Easy-Going デュアル防水ソファカバー

商品情報

【100%防水生地】トップ生地は防水加工を施し、バックは防水層でコーティングされています。 デュアル防水機能により、100%防水効果と漏れ防止を保証します。

同じくスパンデックスを生地に含んだ伸縮性の高いソファーカバーです。表地は防水加工、裏地は防水コーディングされており、染み込みや水漏れを防ぎます。冷水で洗濯可能なため、お手入れが簡単なのもポイントです。

PR
アイリスプラザ ソファカバー

商品情報

ソファにぴったりフィットするソファカバーです。
優れたストレッチ性で、お手持ちのソファにぴったりフィットします。
サッとソファにかぶせるだけなので、模様替えもラクラク!

こちらのストレッチカバーは、お手頃価格で購入できるのが魅力です。裏側に固定ヒモが付いているためズレにくく、洗濯で丸洗いすることもできます。リーズナブルな上にカラーバリエーションが豊富なので、お部屋の雰囲気に合わせて選べますよ。

PR
UNICE HOME ストレッチソファカバー

商品情報

高品質のスパンデックス & ポリエステル生地で作られ、伸縮性があり丈夫です。

大型ソファーにもぴったりフィットするストレッチカバーです。耐摩耗性、通気性、肌触りがウリとなっており、ジャカードならではの模様の浮き出た生地は高級感があります。落ち着いた雰囲気のお部屋に仕上げたいという方におすすめです。

手軽さを重視したい人はソファーパッド

最後に、掛けるだけで使いやすい、ソファーパッドをご紹介します。

PR
ナイスデイ イブルソファーパッド

商品情報

ポコポコしたくもの形のキルティングがかわいい綿100%のソファーパッドは
ベタつかずさらっと快適な肌ざわり。大切なソファーのダメージを軽減してくれます。

ポコポコとした雲形模様がかわいいソファーパッドです。表・中綿・裏とすべてが綿100%で作られており、夏はさらっと快適、冬は温かさが感じられるなど、オールシーズンで活躍してくれます。低ホルムアルデヒドでこまめに洗濯が可能なので、汚れてしまったときにも安心ですね。

PR
リコメン堂 ソファーパッド

商品情報

ソファに置くだけで座面の弾力がアップ。
撥水加工もされているので丸洗いできないソファを汚れから守ります。

厚さ約5cmとクッション性が高い、ふかふかなソファーパッドです。少し劣化してしまったソファーも、このソファーパッドを敷けば座り心地が向上します。表面は撥水加工されているので汚れからソファーを守り、快適性に優れています。

使い心地や素材などポイントをおさえて長く使おう!

ソファーカバーはソファーを長く使うために便利なアイテムです。デザインだけでなく、タイプや使い心地、素材などを重視して選ぶことで、ご自宅にぴったりなソファーカバーを見つけられます。ぜひご紹介した内容を参考にしていただき、お気に入りのソファーカバーを見つけてみてくださいね!

こちらもチェック!
北欧柄ソファーカバーのおすすめ8選!おしゃれなマルチカバーや伸びるタイプなど人気のアイテムをご紹介

ソファーを汚れやキズから守る「ソファーカバー」。さまざまなデザインのものがあり、なかでも北欧柄のソファーカバーはおしゃれで部屋の印象がガラリと変わりますよ。今回は、北欧柄ソファーカバーのおすすめ8選をご紹介します。ソファーの形にフィットする伸びるタイプや洗える生地についても解説するのでぜひご覧くださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のインテリア・家具カテゴリー

新着記事

カテゴリー