この記事で紹介されている商品

コーヒー粉のおすすめの選び方!種類や焙煎度、味わいの違いもご紹介!

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

手軽においしいコーヒーを淹れることができる「コーヒー粉」。深煎りや浅煎りなどの焙煎度合いや挽きの粗さなどによってさまざまな商品があるので、どれを買おうか迷ってしまいますよね。今回は、コーヒー粉の種類や特徴、おすすめの選び方に加え、保存に便利な商品などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

コーヒー粉について

「コーヒー粉」とは、コーヒー豆を挽いて粉状にしたもの。豆を挽くためのミルや手間が必要なく、手軽に本格的な味わいのコーヒーを淹れることができます。

コーヒー粉の選び方について

とっても便利なコーヒー粉ですが、その種類はさまざま。挽きの粗さや焙煎度合い、容量、包装方法、カフェイン量などいろいろな違いがあり、味わいや保存のしやすさなどが異なります。このあと、それぞれの特徴やおすすめの選び方について、詳しく解説します。

コーヒーの種類で選ぶ

コーヒー豆は産地によって「モカ」や「ブラジル」、「キリマンジャロ」など、いろいろな銘柄があります。それらをどのように組み合わせた商品なのかを表すのが「ストレート」と「ブレンド」。それぞれの違いを見てみましょう。

ストレート

単一の銘柄のコーヒー豆を指すのがストレート。銘柄によって酸味や苦味、香りなどが異なりますが、使うコーヒー豆の個性をそのまま楽しむことができます。

PR
三本コーヒー マンデリンG1ストレート(粉) 150g ×3個 レギュラー(粉)

商品情報

インドネシア産輸出等級最高等級アラビカ豆「マンデリンG1」を100%使用。

インドネシア産のコーヒー豆「マンデリン」を100%使用したコーヒー粉です。マンデリンの特徴であるしっかりとした苦味と濃厚なコクをそのまま味わうことができます。こちらの商品では、マンデリンの中でも「G1」と呼ばれる最高等級の豆を使っています。

ブレンド

ブレンドは、数種類のコーヒー豆を配合したものです。異なる個性を持ったコーヒー豆を混ぜ合わた相乗効果によって、新たなおいしさを生み出すことができます。組み合わせる豆の種類や割合を変えることで、いろいろな味わいを楽しめますよ。

PR
キーコーヒー VP プレミアムステージ スペシャルブレンド 粉 200g×3個

商品情報

挽きたての香りをそのままパックした、粉タイプのレギュラーコーヒー

ブラジルやコロンビアなどの豆をブレンドした、酸味や苦味のバランスがよく、深い味わいが魅力のコーヒー粉です。こちらは「スペシャルブレンド」という商品名ですが、カフェやコーヒー専門店などでは、オリジナルのブレンドコーヒーに「〇〇ブレンド」と店名などを冠した商品名をつけることも多いです。

焙煎度合いで選ぶ

同じコーヒー豆でも焙煎のしかたによって味わいが異なるので、焙煎度合いも選ぶときのポイントの一つです。大きく分けると浅煎りと中煎り、深煎りに分けられますが、味の好みや飲み方によって最適な焙煎度合いは違います。以下でそれぞれの特徴についてチェックしてみましょう。

浅煎り

浅煎りは、酸味が最も強く出やすい焙煎度合いです。コクやコーヒーらしい香りが少なく、豆の青臭さが感じられます。コーヒー豆の色もまだ薄いので、ライトローストやシナモンローストと呼ばれます。

PR
コーヒー豆『キリマンジャロ (300g) 浅煎り (シナモンロースト) [粗挽き] 粉

商品情報

上品な酸味と黒糖のような甘い香り

すっきりとした口当たりが特徴のタンザニアを浅煎りにしたコーヒー粉です。浅煎りに仕上げることで、タンザニアのフルーティーな甘みと酸味を引き出しています。

中煎り

ミディアムローストやハイローストと呼ばれるのが中煎りです。酸味も残しながら苦味も少し出てくる焙煎度合いで、コーヒーらしい香りも立っています。中深煎りとも呼ばれるハイローストは、カフェや家庭でよく使われている焙煎度合いです。

PR
甘いブレンド 《ハイロースト》 【細挽き】 土居珈琲 200g

商品情報

大量生産ではなく、"小さな焙煎"によってご注文をいただいてから、生豆から焙煎を開始し、焙煎したての状態でお届けします。

ブラジルやコロンビア、メキシコ産のコーヒー豆をブレンドし、中煎りにした商品です。すっきりとした味わいと、チョコレートのような甘さにポイントを置いた焙煎で、どんな料理とも合わせやすいですよ。

深煎り

深煎りと呼ばれるのは、シティローストやフルシティロースト、フレンチロースト、イタリアンローストです。シティローストは標準的といわれる焙煎度合いで、酸味と苦味のバランスのよい味わい。最も深い焙煎度合いのイタリアンローストは、苦味が際立つ味わいで、エスプレッソやカプチーノを作るのにぴったりです。

PR
AGF 森彦の時間 森彦ブレンド 160g×2袋 【 コーヒー 粉 】 【 深煎り 】

商品情報

北海道の自家焙煎珈琲専門店「森彦」監修。

こちらの深煎りのブレンドコーヒーは、まろやかな口当たりと、ほんのりと感じられる甘みが特徴です。北海道らしいコーヒーをイメージして作られた商品で、ほっとひと息つきたいときにおすすめです。

挽き目の粗さで選ぶ

コーヒー豆は、豆の状態から挽いて粉状にすることで表面積が増えるので、成分を抽出しやすくなります。挽き目の粗さには幅があり、味の好みや抽出方法によって最適な粗さは異なります。自宅での淹れ方に合わせて選んでみてくださいね。

粗挽き

ザラメほどの粒度に挽いたものが粗挽きです。金属フィルターを使ったパーコレーターなど、目が粗いフィルターを使うときにぴったりです。粗挽きは成分の抽出に時間がかかるので、火にかけて抽出することがあります。

中挽き

グラニュー糖より粗く、ザラメより細かい粒度が中挽きです。お湯に接する時間が長くても雑味が出にくいので、サイフォンやネルドリップ、フレンチプレスなどで淹れたいときにもおすすめです。

PR
コーヒー豆 【粉】 焙煎したて 大地のコクとフルーティな風味 レッドマウンテン (ケニア) (やや深煎り) 銀河コーヒー (150g 【粉】中挽き)

商品情報

焙煎したてのコーヒー豆をパッキングし、お届けします。焙煎したての特徴ある味、少し間を空けて落ち着いた味、どちらもお楽しみいただけます。

こちらはケニア産のコーヒー豆を、中挽きにしてパックした商品です。深いコクと芳醇な香りのあるコーヒーを淹れられますよ。

細挽き

細挽きは、上白糖とグラニュー糖の間ぐらいの粗さに挽いたもの。表面積が大きくなるため、濃い目のコーヒーに仕上がりやすいです。温度が低く成分が抽出されにくい水出しに適しています。

カフェイン量で選ぶ

妊娠中や授乳期の方、就寝前など、カフェインの摂取を避けたい場合もありますよね。そんなときには、カフェイン量の少ないコーヒーを選べば、コーヒーを我慢する必要がないですよ。

デカフェ

「デカフェ」には「カフェインを抜いた」という意味があり、カフェインを除去したコーヒーなどの飲み物のことです。商品によっては、ごくわずかですがカフェインが残っている場合もあります。ちなみに、「カフェインレス」はカフェインを90%以上除去したもの、「ノンカフェイン」はカフェインを一切含まないものを指します。

PR
スターバックス コーヒー ディカフェ ハウス ブレンド 140g ×2袋『レギュラー』『粉』『ミディアムロースト』『カフェインレス』

商品情報

コーヒーの風味を大切に残しながら、カフェインだけをやさしく取り除いたカフェインレス コーヒーです。

デカフェはコーヒーの風味が弱く物足りないと感じる場合もあるのですが、こちらの商品はコーヒーの風味がしっかりと残っていて、酸味とコクのバランスが取れた味わいです。カフェイン量を気にせずコーヒーを楽しみたい方におすすめの一品です。

容量で選ぶ

コーヒー粉は、少量ずつパックされている商品から、1kg以上の大容量の商品まであります。飲みたい量や飲む人数に合わせて選んでみましょう。

大容量タイプ

一日に何杯も飲みたい方や、家族や友人と一緒に飲むことが多い方には、大容量タイプのコーヒー粉がおすすめ。大容量の商品は、一杯あたりの価格が安い傾向があり、経済的な点もうれしいポイントです。

PR
UCC ゴールドスペシャル リッチブレンド コーヒー豆 (粉) 1000g

商品情報

ブレンドで広がる、豊かなあじわい。優雅な香りと深みのある味わい。おトクな大袋タイプ。

こちらは1kg入りの大容量タイプで、毎朝家族で飲む方にもぴったりですよ。配合するコーヒー豆それぞれを種類ごとに焙煎したこだわりのブレンドコーヒーで、豊かな味わいがあり飽きのこないおいしさです。

少量タイプ

コーヒー粉は酸素に触れることで酸化し、風味が落ちてしまいます。豆の状態より粉にした方が酸素に触れる面積も大きく、酸化も進みやすいです。そこで、一人暮らしの方や消費量が少ない場合は、少量タイプを買って開封後はできるだけ早めに使い切るようにしましょう。

包装方法で選ぶ

スーパーや専門店などで販売されているコーヒー粉は、紙パックやバルブ付きの袋、缶などさまざまなパッケージで包装されています。バルブ付きの袋は密閉された袋の中でコーヒーから出るガスを外に排出する働きがあります。一方、袋の外から酸素を取り入れることはないので開封するまで鮮度を保ちやすく、長く保存することができます。

缶のパッケージは、コーヒー粉をスプーンですくって取り出すのに便利なうえ、使い終わったら蓋をして保存できるのが魅力です。遮光性も高く、光による酸化も防げます。

PR
カークランド 100%コロンビアコーヒー粉缶 レギュラーコーヒー 深煎り 細挽き 1.36kg×2缶

商品情報

香ばしいアロマのレギュラーコーヒー粉

こちらのコーヒー粉は一缶1.36kgと大容量ですが、缶に入っていていて使いやすいので、毎日手軽にコーヒーを淹れられますよ。使用後は蓋をしてそのまま保存することができるので、保存用の大きなキャニスターを用意する必要もありません。

コーヒー粉を使って手軽にコーヒーを楽しもう!

今回は、コーヒー粉の焙煎度合いや挽き目の粗さ、容量や包装方法などについて解説し、おすすめの選び方をご紹介しました。違いがわかると、コーヒー粉を選ぶのも楽しくなりますよね。今回ご紹介した内容を参考に、ぜひいろいろなコーヒー粉を試してみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー