この記事で紹介されている商品
おしゃれなローソファーのおすすめ9選!北欧デザインやコンパクトタイプなど人気のアイテムをご紹介

おしゃれなローソファーのおすすめ9選!北欧デザインやコンパクトタイプなど人気のアイテムをご紹介

座面が低めで床に近い感覚で座れる「ローソファー」。高さがないので一般的なソファーに比べて圧迫感が少なく、狭い部屋やリビングにも置きやすいのが魅力です。今回は部屋のテイスト別におしゃれなローソファーの選び方について解説します。おすすめのローソファーもご紹介するので、ぜひご覧くださいね!

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ローソファーとは

ローソファーとは、座面の高さが低いソファーのことです。背もたれは腰あたりで収まり、高さがないので部屋を明るく開放的に見せてくれます。

ワンルームなどのスペースが限られる場所に置いても圧迫感が少ないので、場所を取らずにリラックススペースを作りたい方におすすめです。床に近い場所に設置できるので、横になってゆっくりくつろぎたい方にも向いています。

また、落下の心配が少ない脚がないタイプのローソファーはペットや小さいお子さまがいるご家庭でも安心して使うことができますよ。

おしゃれなローソファーの選び方について

ローソファーを選ぶときは下記の4つのポイントを確認することが大切です。

・形状
・素材
・デザイン
・座り心地

これらのポイントをおさえて選ぶことでご家庭のライフスタイルに合った快適なローソファーを選びやすくなりますよ。以下で詳しく解説するのでぜひ参考にしてみてくださいね!

デザインで選ぶ

まずは家の雰囲気にマッチするカラーやデザインのものを選びましょう。テーブルや椅子など周辺の家具や家電のデザインと合わせるのもひとつの方法です。たとえば、お部屋全体のカラーが白を基調としている場合は同系色のものを選ぶとマッチします。黒などの反対色を選んでもアクセントになっておしゃれですよ!
こちらでは「シンプル」「ナチュラル・北欧」「モダン」の3つに着目して特徴と商品をご紹介していきます。

シンプル

どんなカラーにすればよいのか迷ったら、シンプルなデザインのものを選ぶとよいでしょう。ホワイトやブラック、ブラウン系ならどんなインテリアにも馴染みやすく合わせやすいです。実用性を重視するなら汚してしまったときのことを考慮して、汚れが目立ちにくいカラーを選んでもよいですね!

フェイクレザーを使用したこちらのソファーは、シンプルで幅広い部屋に馴染みやすいデザインです。ソファーは使用する人数や部屋のつくりに応じて自由にコーディネートできるので急な来客時にも対応できます。脚部分には強化樹脂を採用しているので床が傷つきにくいのもうれしいポイントですね!

ナチュラル・北欧

ナチュラルや北欧テイストの部屋ならホワイトやグレー、ベージュ、ブラウンなどのカラーがおすすめです。また、本体カラーだけでなく脚のカラーも重要なポイント。脚の部分が木目調のものなら温かみのある雰囲気を演出でき、床色やほかの家具と合わせることで統一感のあるインテリアにまとまります。

VENTOTA 2人掛け 幅150cm ローソファー

商品情報

くつろぎ空間にぴったりなゆったりサイズのソファ 北欧テイストのインテリアに合う、ゆったりサイズの2人掛けソファです。

木製のフレームがナチュラルな2人掛けのソファーです。優しい色合いのソファーでフレーム部分は天然木を使用しているためあたたかみのある雰囲気を演出してくれます。座面はボンネルコイル入りで沈み過ぎずスプリングがへたりにくく、適度な弾力があります。

モダン

クールな印象のモダンテイストで揃えるなら革やレザー素材のものがおすすめです。ブラックやホワイトなどをベースにしたモノトーンカラーが一般的ですが、グリーン系ブラウン系を選ぶとリラックスできる空間を演出でき、観葉植物などのインテリアとの相性も抜群です。

KAGUYASU ソファーベッド 北欧風 ローソファ

商品情報

ナチュラルレザーのような風合いと光沢があり、高級感と温かみを感じさせます。

レザーのような新素材を使用したこちらのソファーは、高級感溢れる光沢のある質感と柔らかくしなやかな肌触りが魅力です。スポンジは弾力性が高いので長時間座っていても変形することなく快適に使用できます。カバーは取り外し可能でお手入れも簡単です。

arne ソファー 北欧 1人掛け

商品情報

シンプルでインテリアに合わせやすいデザインはそのままに、広めの座面でゆったりゆっくり過ごすのに最適なワイドタイプです。

余裕を持って座れる一人掛けのソファーです。座面が広く設計されたワイドタイプ。肘掛けと背もたれにはゆるやかな傾斜があるので体にしっかりフィットし、快適な座り心地を体感できます。シンプルかつスタイリッシュで幅広いテイストのお部屋に馴染むデザインです。

素材で選ぶ

ローソファーを選ぶときは素材もしっかり確認しましょう。ソファに使われる素材は、主に「布製」「合成皮革」「天然皮革」の3種類です。素材によって見た目や質感が大きく異なります。それぞれの特徴についてみていきましょう。

布製

布製はナチュラルや北欧のインテリアとの相性がよく温かみのある素材です。ただし、汚れたり濡れたりすると手入れしにくい製品が多く、長期間使用していると摩擦で毛玉になってしまうことがあります。撥水加工が施されたものや専用カバーが付属しているものを選ぶとより安心です。

[ベルメゾン] 組み合わせて使える ローソファー

商品情報

ゆったりくつろげるローソファー。色やタイプを自由に組み合わせられます。木枠構造のしっかりとしたつくり。弾力のあるウレタン入り

弾力のあるウレタン入りで優しく体を支えてくれるソファーです。ほんのり起毛のある質感で滑らかな肌触りを実現しています。1人掛けや2人掛け、コーナーの3タイプの中から選ぶことができ、組み合わせ次第ではゆったりと広々くつろげるソファーをカスタマイズすることもできますよ!

合成皮革

合成皮革は合成樹脂とファブリックを組み合わせた素材で、見た目は本革に似ています。本革よりもリーズナブルでお手入れしやすいのが魅力です。カラーバリエーションが豊富なので好みのデザインが見つけやすいメリットも。しかし、直射日光や乾燥に弱く表面が剥がれてしまうことがあるので設置場所には注意が必要です。

LOWYA ロウヤ ソファ 3人掛け ローソファ

商品情報

悠々広がるワイド空間。足元までしっかり伸ばせる広々さで心と体もリラックスできる心地よさです。

使いやすさにこだわった「くつろぎデザイン」のローソファー。モダンな木製のコーナーテーブルと必要なときだけ使える隠しテーブルが付いており、間接照明や飲み物を置くのにピッタリです。座面の高さは約150mmと低めなので冬場はこたつと一緒に使うこともできます。

形状で選ぶ

ローソファーには「コーナータイプ」や「カウチタイプ」「リクライニング付きタイプ」などさまざまな形状が存在します。見た目のデザインだけでなく設置場所や部屋の広さも考慮して選びましょう。

コーナータイプ

コーナータイプはL字型に曲がった形状で3人掛け以上で使いたい方におすすめ。スペースを必要とするので狭い部屋の設置には不向きです。角があるデザインなのでお部屋の隅にも設置できます。

タンスのゲン ソファー 3人掛け ローソファー

商品情報

背もたれが倒れるのでスタイルに合わせて自由に変形可能。圧迫感のなくお部屋を広く見せるロータイプ。

部屋のコーナーを活用し、自分に合ったスタイルでくつろげるローソファー。背もたれは片手で簡単に倒すことができ、自由に変形が可能です。手軽にカスタムできるので2セット組み合わせれば大人数で使用することもできますよ。

カウチタイプ

カウチタイプは背もたれに対して座面の部分が長いのが特徴です。ゆっくり足を伸ばして座ることができるのでリラックス効果の高いソファーを探している方におすすめです。ただし、座面が長い分サイズ感が大きい商品が多いので設置スペースが限られる可能性があるので注意しましょう。

LOWYA ロウヤ ローソファー フロアソファ 3人掛け

商品情報

ゆったり使えるサイズ感でありながら、床から天井までの空間も広く使えるオススメのローソファができました。

左右のカウチスタイルや、ロングスタイルなど使う用途に合わせてレイアウト可能なソファーです。組み替えしても座面裏をマジックテープで固定できるので座面のズレを防いでくれます。5段階のリクライニング機能が備わっているのもうれしいポイントですね。

リクライニング付きタイプ

リクライニング機能付きのソファーはライフスタイルに合わせてくつろげるのがメリットです。背もたれの角度を自由に調節できるので好みの姿勢で座れたり、ベッドのように使えるものもあります。ただし、商品によっては角度調節する際に力が必要なものもあるので、調節のしやすさも事前に確認しておくとよいでしょう。

タンスのゲン ソファー フロアソファ ハイバック

商品情報

組み合わせ自由自在!買い足しや単体使いに !圧迫感のないお部屋を広く見せるロータイプ 。

14段階のリクライニング機能で好みの角度でくつろげるローソファー。座面には高反発のチップウレタンを採用しているので、弾力のある座り心地が魅力です。背もたれは約60cmと高さもあり、シリコンフィルを使用しているのでやわらかな感触を体感できます。

おしゃれなローソファーで部屋を快適にしよう!

今回は床に座る感覚でリラックスできるローソファーの選び方について解説しました。ローソファーを選ぶときは間取りに合わせてレイアウトを変えられるのもや好みの角度でくつろげるリクライニング機能が搭載されたものがおすすめです。おしゃれなローソファーで快適に過ごせるリビングを実現してみてくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のインテリア・家具カテゴリー

新着記事

カテゴリー