この記事で紹介されている商品

【2024年】フェイスパウダーのおすすめ13選!プチプラからデパコスまで

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ベースメイクの仕上げによく使われる「フェイスパウダー」。テカりや化粧崩れを防いで美肌に仕上がるのが特徴です。しかし、ドラッグストアで購入できるプチプラや、百貨店のデパコスなどさまざまな商品があり、何を基準に選んでよいか迷いますよね。そこで今回は、ファイスパウダーの選び方とおすすめの商品をご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

どんな人におすすめ?フェイスパウダーとは

フェイスパウダーは、時間が経つとTゾーンや額がテカったりメイクが崩れやすかったりする人におすすめです。下地やファンデーションの上にブラシやパフを使ってパウダーをのせることで、メイクの持ちがよくなり、肌が明るく、メイク崩れ防止にもなります。

またベースメイクの上にフェイスパウダーをのせることで、マスクにもメイクが付きにくくなるため、仕事や外出で長時間マスクを付ける人にもおすすめです。

フェイスパウダーは多くのメイクブランドから販売されていますが、価格やパウダーの種類などさまざまなバリエーションがあるため、自分の好みにぴったりなものが見つかりやすいですよ。

フェイスパウダーの選び方

はじめてフェイスパウダーを購入する人は、予算やパウダーの種類などに注目しましょう。ここでは、フェイスパウダーを選ぶ際にチェックしたい6つのポイントをご紹介します。

1.予算で選ぶ!プチプラorデパコス

まずフェイスパウダーのように、長く使うものであれば予算が自分に合っているかどうかが重要です。フェイスパウダーはさまざまなブランドから販売されているため、どれを買えばいいのか迷いますよね。

ドラッグストアやコンビニなどで購入できるプチプラの化粧品は、1,000前後の価格帯で安くてかわいらしいデザインのものが豊富。学生やメイク初心者さんでも手の届く価格なのでいろいろな種類を試してみることができますよ。

百貨店やデパートなどのコスメフロアで購入できるデパコスの化粧品は、店頭でビューティーアドバイザー(BA)からメイクのアドバイスや実際にメイクをしてもらえるのも魅力です。豪華なパッケージのものが多いので、飾って楽しむこともできるでしょう。

2.パウダーの種類で選ぶ

フェイスパウダーにはパウダーの種類で大きく分けて「ルースタイプ」と「プレストタイプ」の2種類があります。それぞれ肌にのせたときの質感が異なるので、しっかりとチェックしておきましょう。

ルースタイプ

ルースタイプとは、固まっていないサラサラとした状態のフェイスパウダーです。細かい粒子のパウダーが肌に密着し、毛穴を目立たなくする効果に優れているのが特徴。皮脂や汗を吸着してくれるので、テカリや化粧崩れを防止する効果も期待できます。また、軽い付け心地で自然な透明感のある仕上がりにしてくれますよ。

ルースタイプのフェイスパウダーの使い方はブラシやパフに付けて、ベースメイクの仕上げに使用します。

プレストタイプ

マットな仕上がりにしたい人におすすめなのがプラスとタイプです。プレストタイプとは、固形にした状態のフェイスパウダー。ルースパウダーに比べて油分が少なく、広い範囲を均一にぬるときは少しコツが必要です。

ベージュカラーやホワイト、ピンクなど単色のものや、3〜4色を混ぜて使うものなどバリエーションが豊富で自分の肌に合ったカラーを探せるはずですよ。

3.好みの仕上がりで選ぶ

フェイスパウダーには肌の仕上がりによって「ツヤタイプ」「マットタイプ」「ラメ・パール入り」に分けられます。人によって好みの肌の仕上がりは異なりますよね。それぞれどのような特徴があるのか詳しくご紹介します。

ツヤタイプ

若々しい印象に見せたい人におすすめなのがツヤタイプのフェイスパウダーです。光の補正効果によってくすみや凹凸をカバーしてくれるのが特徴。また、立体感を演出できるので、垢抜けた印象になりますよ。

ただし、ツヤタイプの場合はパウダーの量が多すぎると皮脂のテカリに見えてしまうこともあるため、自分の好みに合うよう量を調整するようにしましょう。

マットタイプ

ツヤを抑えた陶器のようなすべすべの肌に仕上げたい人におすすめなのがマットタイプのフェイスパウダーです。カバー力が高く皮脂や汗によるテカリやベタつきが気になる人にもおすすめ。

マットと聞くと「厚塗りになるのでは?」と感じる人も少なくありませんが、ルースパウダーを選べばナチュラルな肌の仕上がりにできます。

ラメ・パール入り

パーティーや結婚式など、華やかな印象に仕上げたい人におすすめなのがラメ・パール入りのフェイスパウダーです。繊細なパールが入ったものは光を反射して艶っぽい印象にし、くすみや毛穴をカバーして明るい肌に見せてくれます。

ただし、大粒のラメが入った商品はテカリのように見えてしまうことがあるため、自然な印象にしたい人はなるべく細かいラメのものを選ぶのがよいでしょう。

4.保湿成分配合がおすすめ

乾燥が気になる人や、フェイスパウダーの粉っぽさが苦手な人は保湿成分が配合された商品を選ぶのがおすすめです。また、保湿成分が配合されたフェイスパウダーは乾燥を防いで化粧崩れしにくいのも魅力といえるでしょう。

パッケージに「ツヤがつづく」「乾燥に強い」と書いてあるものや、商品表示の成分欄に次のようなものがあるかチェックしましょう。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • グリセリン
  • アミノ酸
  • 植物オイル(例:椿油)など

5.使いやすいケース・パフを

フェイスパウダーのケースには、ミラーやパフ付きのものなどさまざまなものがあります。

外出先で化粧直しをするときはコンパクトなミラー付きのものがおすすめ。ケースには中蓋の有無と、中蓋が有るものには穴が空いているタイプと空いていないタイプがあります。特に中蓋の穴が空いていないタイプは粉とびしにくく使いやすいといえるでしょう。

パフは厚みが5mm以下の薄いものから1.6cm以上の厚いものまでさまざま。薄いパフは小鼻のキワやポイントなど細かい場所にフィットさせやすく、厚みがあるパフは粉含みがよく肌あたりのよさが魅力ですよ。

6.カラーで選ぶ

フェイスパウダーにはベージュなどの色付きのものや、色が目立たない透明(クリア)なタイプもあります。普段、使っているベースメイクにもよりますが、どんな人に向いているのか、ここではそれぞれの特徴をくわしくご紹介しますね。

ベージュなどの色付き

ファンデーションと同系色のベージュなどの色付きフェイスパウダーは、肌色を補正して白浮きや厚塗り感をなくせるのが特徴です。またカバー力も有るので毛穴の凹凸や乾燥によるくすみには、ベージュカラーかつパールが入っている商品がおすすめです。

そのほかの色付きには次のような特徴があります。

  • ピンク:血色感をアップして、色白に見せる
  • パープル:くすみをカバーして、透明感のある色白の肌に見せる
  • グリーン:頬や顎など肌の赤みをカバーしてくれる

自分の肌の悩みや仕上げたい理想の肌に合わせて色付きのものを選んでみましょう!

透明(クリア)

透明(クリア)タイプは、ファンデーションの色をそのまま生かし、透明感のある仕上がりなるのが特徴です。また、化粧直しで重ねてのせても厚塗り感が出ず、ファンデーションの色を選ばないのがメリットといえるでしょう。

汗をかく夏場などは、首や腕に日焼け止めを塗った後に軽くのせるとさらっとした質感が続くのでおすすめです。

フェイスパウダーのおすすめ13選

ここからは、おすすめのフェイスパウダーをご紹介します。プチプラ編とデパコス編に分けてパウダーの種類や保湿成分の有無など、さまざまな種類のものを選びました。予算や用途など自分の好みに合ったものを見つけてみてくださいね。

プチプラ編!おすすめフェイスパウダー

まずはプチプラ編をご紹介します。日本のブランドはもちろん韓国コスメもあるので、フェイスパウダーを選ぶ際の参考にしてくださいね。

PR
イニスフリー ノーセバム ミネラルパウダー N

商品情報

ブランド innisfree
商品の形状 プレスト
仕上げタイプ ナチュラル
肌タイプ 全肌
カバー力 ミディアム

赤ちゃんのようなすべすべ肌を長持ちさせてくれる韓国コスメの皮脂コントロールパウダーです。きめ細かなパウダーが過剰な皮脂を吸着してくれるので前髪がベタつく人にもおすすめ。イニスフリーのミネラルパウダーなら、肌をワントーン明るくして、ナチュラルな透明感のある見た目に仕上げてくれますよ。

PR
キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー 02

商品情報

ブランド キャンメイク
商品の形状 プレスト
仕上げタイプ セミマット
肌タイプ 全肌
カバー力 ミディアム

こちらのフェイスパウダーは5色のカラーで肌色をトーンアップし、化粧崩れのないマシュマロ肌に仕上げてくれるアイテムです。UVカットで汗や皮脂で化粧崩れしにくく、美容液成分配合で乾燥に強いのが魅力。単品使用の場合は洗顔料や石鹸のみで簡単にオフできるのもうれしいポイントです。カバー力に対して価格もプチプラなのでコスパ重視の人におすすめの商品ですよ。

PR
KATE フェイスパウダーZ オイルブロック

商品情報

ブランド KATE(ケイト)
商品の形状 ルース
色 オイルブロック
仕上げタイプ ナチュラル
肌タイプ 普通肌
カバー力 フル

高吸油パウダーが余分な皮脂を吸着してくテカりや化粧崩れを防いでくれるケイトのフェイスパウダー。マスク着用時でも化粧崩れがしにくく、長時間さらさら肌が続くのが特徴。専用パフは粉含みがよく、毛穴や凹凸をしっかりとカバーしてくれるのが魅力。白浮きのない美肌仕上がりを求めている方にもおすすめですよ。

PR
ETUDE Zセバムドライングパウダー

商品情報

ブランド ETUDE
商品の形状 その他
仕上げタイプ ナチュラル
肌タイプ 全肌
カバー力 フル

化粧崩れの原因となる皮脂や汗を吸着してさらっとした透明感のある肌に仕上げてくれるパウダーです。フェイスパウダーとしてはもちろん、汗でベタつく手足やうなじにもパフでかるくのせればさらっと肌が続きますよ。ベースメイクの仕上げとしてしはもちろん、まぶたの上に軽くのせてからアイシャドウをなじませると色がにじみにくく発色がよくなるのでぜひ試してみてくださいね。

PR
セザンヌ UVクリアフェイスパウダー P1

商品情報

ブランド セザンヌ
商品の形状 粉末
仕上げタイプ ナチュラル
肌タイプ 普通肌
カバー力 フル

セザンヌUVクリアフェイスパウダーは商品は透明度の高いさらさら微粒子パウダーが皮脂を吸着し、毛穴をしっかりとカバーしてくれるので、くすみのない明るい質感に仕上げてくれます。単品使用の場合は洗顔料だけできれいに落とせるので、メイクオフも簡単。毎日の化粧で肌に負担をかけたくない人におすすめです。

PR
パルガントン シアトリカルパウダー オリジナルベージュ

商品情報

ブランド パルガントン
商品の形状 パウダー, オイル
仕上げタイプ シアー, ナチュラル
肌タイプ 普通肌
カバー力 フル

プロ御用達の韓国生まれ・日本育ちのベースメイクブランド「パルガントン」のシアトリカルパウダーです。超微粒子の光拡散パウダーで、肌の悩みをキレイに隠してまるで素肌のような仕上がりにしてくれるのが魅力。エッセンス成分コーティングパウダーがうるおいをキープしてくれますよ。

PR
クラブ すっぴんパウダーC

商品情報

ブランド Club(クラブ)
商品の形状 プレスト
色 オフホワイト
仕上げタイプ ナチュラル
肌タイプ 乾燥肌
カバー力 フル
商品の個数 1

こちらのフェイスパウダーは洗顔不要でつけたまま寝られるスキンケアタイプです。しっとりと肌なじむやわらかなパウダーが粉っぽくならず、透明感のある仕上げりで白浮きしにくいのがうれしいポイント。保湿成分が配合されているため、乾燥が気になる人にもおすすめです。

デパコス編!おすすめフェイスパウダー

続いては、デパコス編のフェイスパウダーをご紹介します。店舗では売り切れ必須の定番ブランドやカラーのバリエーションが幅広いものを選んだので、お気に入りの1点を見つけてくださいね。

PR
RMK エアリータッチ フィニッシングパウダー

商品情報

ブランド エキップ
内容量 8.5g

パウダーとは思えないエアリーなつけ心地が魅力のフェイスパウダーです。カラーは3種類あり、特に乾燥が気になる人は一番オイル量が多くツヤ感が出て洗練された印象に仕上げてくれるホワイトがおすすめですよ。化粧直しで重ねても粉っぽくならず、外出先にも1つ持ち歩きたくなる商品です。

PR
THREE アドバンスドエシリアルスムースオペレーター ルースパウダー

商品情報

ブランド THREE(スリー)
商品の形状 ルース
仕上げタイプ セミマット
肌タイプ ノーマル
カバー力 ライト
肌の色調 オール

しっとりして均一な質感に仕上げてくれるフェイスパウダー。専用のパフは粉含みがよく、化粧直しで重ねてもヨレを感じさせず、自然な仕上がりにしてくれます。パラベン・合成香料・鉱物油・有機色素が含まれていないのも魅力ですね。

PR
shu uemura アンリミテッド mopo ルース パウダー

商品情報

ブランドshu uemura(シュウ ウエムラ)
商品の形状ルース
仕上げタイプマット
肌タイプノーマル
カバー力フル
商品の個数1

こちらのフェイスパウダーは白浮きを抑えながら、毛穴をカバーして滑らかで魅力的な肌に仕上げてくれるのが魅力です。日本産の椿オイル配合でサラッとした付け心地ながらも、うるおいの膜で肌を守ってくれるのがうれしいポイント。乾燥肌が気になる人におすすめのフェイスパウダーです。

PR
Yves Saint Laurent アンクル ド ポー オール アワーズ セッティングパウダー

商品情報

ブランド イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)
原産国 フランス

さらさらとした質感の超微粒子パウダーが肌の気になるところをしっかりとカバーしてくれる1品です。皮脂や汗によるくずれを防いでくれるのでメイク仕立てのような状態を長時間保ってくれるのが魅力。肌の明るさに合わせて4色から選べるので、フェイスパウダーとしてはもちろん、パウダーファンデーションとしても自分にぴったりの商品が見つかりやすいですよ。

PR
TOM FORD トランスルーセント フィニシング パウダー

商品情報

ブランド トム フォード ビューティ
原産国 イタリア

まるで空気のように軽い微粒子パウダーでマットな仕上がりになるアイテムです。サッとひと塗りするだけでなめらかなパウダーがカバーしたい部分にしっかりと吸着して毛穴やテカり、化粧崩れを防いでくれますよ。外出先の化粧直しに持ち運びに便利なアプリケーターブラシ付きなのもうれしいポイントです。

PR
GIVENCHY プリズム・リーブル・プレストパウダー

商品情報

ブランド パルファム ジバンシイ〔LVMHフレグランスブランズ〕

こちらのフェイスパウダーはマスクをしても色移りや皮脂・汗での化粧崩れに強いライフプルーフが特徴です。付属のブラシはパウダーをしっかりと含んで、小鼻周りや凸凹にもフィットする形状。4色のパウダーがしっとりと透明感のある肌に仕上げてくれますよ。

フェイスパウダーを塗る時のコツ

最後にフェイスパウダーを塗る時のコツをご紹介します。そもそもフェイスパウダーの役割とは、あくまでメイクの仕上げです。

よってファンデーションや下地のように顔全体に塗るよりも化粧崩れがしやすい場所に使うことで、キレイな肌に仕上がるのです。特に皮脂でテカりが気になる額から鼻にかけてのTゾーンや小鼻のキワ、あごにパウダーをのせましょう。

また、フェイスパウダーは使う道具や粉の含ませ方、塗り方によって仕上がりが変わります。

パフを使う場合のコツは次の通りです。

  • パフに粉を取り、両手でもみ込む
  • 顔の内側から外側に向かって優しくクルクルと粉をのせる
  • 小鼻のキワや毛穴など気になる部分はパフを半分にたたんで使う

ブラシを使う場合のコツは次の通りです。

  • 毛先に粉を取ったら、余分な粉をティッシュなどに落とす
  • そっとなでるように毛先をすべらせる
  • 小鼻のキワや毛穴など気になる部分は筆を立ててピンポイントで粉をのせる

自分好みのフェイスパウダーを見つけよう!

顔のテカリや化粧崩れを抑えて自然な肌に仕上げてくれるフェイスパウダー。今回紹介した選び方を参考に、具体的な肌の仕上がりをイメージしながら選ぶことで自分にぴったりと合うフェイスパウダーに出会いやすくなります。ぜひ、お気に入りの1点を見つけてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

コスメ・化粧品のカテゴリー

その他の美容・コスメカテゴリー

新着記事

カテゴリー