手取り額40万円の年収はいくら?独身・家族がいる場合の生活レベルについても解説

手取り額40万円の年収はいくら?独身・家族がいる場合の生活レベルについても解説

手取り40万円を手に入れたい場合の年収はいくらになるでしょうか。会社員や公務員などサラリーマンの場合、給料から税金などが控除されるので額面と手取り額に差が生じます。

扶養家族の年齢やボーナスあり、なしでも年収は異なりますが、手取り40万円の年収がいくらか、独身・家族がいる場合の生活レベルについても解説します。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

手取り額40万円の額面はいくら?

手取り40万円を得たい場合、額面はいくらあればいいのでしょうか。求人情報などに月収40万円とあっても、手取り40万円にはなりません。

なぜなら、月収やボーナスから社会保険料や所得税、住民税などが引かれるからです。

額面から各種控除を差し引き、手取り40万円となる額面がいくらになるか見ていきましょう。

手取り額40万円の年収はいくら?

額面から控除される金額は、家族構成や社会保険の種類、お住まいの地域などによっても異なります。

そのため、一概には言えませんが、一般的なケースでは控除額の目安は15~25%です。つまり、額面の75~85%が手取り額になる計算です。

そのため、月収の額面額の目安は47万円~53万円となります。年収はその12ヶ月分なので、手取り40万円の年収は、560万円~635万円前後となるでしょう。

ボーナスありの場合は、会社の規定や業績、その方の評価などにより、夏と冬のボーナスの合計で月収の3ヶ月~6ヶ月分ほどが加算されます。なお、ボーナスからも税金や社会保険料は控除されるので注意が必要です。

控除される項目

給与明細に記載される控除項目は、雇用主が従業員の給料から源泉徴収することや控除したうえで、国の制度にもとづき、従業員に代わって納めるもの。雇用主の利益になるものではありません。

会社員や公務員などサラリーマンの場合、給与明細に記載される控除の基本項目は社会保険料、所得税、住民税などがあります。

社会保険料

社会保険料には、細かくいくつかの保険料が含まれます。

介護保険料をはじめ、遺族年金の原資となる厚生年金保険料、医療機関で診療を受ける際に自己負担額が抑えられる健康保険料、業務や通勤途上の事故や病気で治療を受けた場合や亡くなった場合に補償が受けられる労災保険料などがあります。

さらに、40歳以上になると介護保険料の支払いも発生します。

月収や年収が30代の頃と変わりないとすれば、介護保険料が徴収されることで、手取りが40万円を下回るおそれがあります。

所得税

手取り40万円の方の所得税の源泉所得額がいくらになるかは一律ではありません。家族構成をはじめ、家族の年齢や年収などによっても所得控除額が異なるためです。

年収から給与所得控除を行い、誰もが受けられる基礎控除を控除するのに加えて、家族構成などにより配偶者控除や扶養控除などを控除して所得を求めます。

この所得に税率をかけて計算されるのです。

所得税は、雇用主が支給するであろう年収と従業員が提出した扶養控除等異動申告書の内容をもとに計算され、毎月の給料やボーナスから控除される仕組み。あくまでも概算で徴収するので、年末調整により精算されます。

住民税

住民税も各自が居住する市区町村に納税する代わりに、雇用主が納税してくれます。住民税は所得税のように、年間の所得を仮定して計算されるのではなく、前年の確定した所得にもとづいて計算され、翌年の6月以降から納税することになっています。

そのため、入社1年目は住民税は控除されません。入社2年目の6月以降から徴収されます。

住民税は、勤務先の場所がどこにあるかを問わず、従業員一人ひとりの居住地の市区町村に納められる税金です。つまり、雇用主がすべての従業員の居住地に納税してくれます。

住民税は、入社1年目はないので、2年目以降の月収が同じなら手取り額が下がるので注意しましょう。

手取り額40万円の生活レベルは?

では、手取り40万円の生活レベルはどのくらいなのでしょうか。

手取りが40万円あると比較的ゆとりが出ますが、度合いは居住地域や家族構成によっても異なります。東京などの都心部と地方では、家賃や生活費に影響する物価に差があるためです。

また、家族が多いほど生活費もかかり、子どもがいると教育費なども必要になるので、同じ40万円の手取り額でも生活レベルに差が出るのが一般的です。

独身の場合

独身の場合、自分一人の生活費をカバーすればいいので、手取り40万円の年収であればそれなりにゆとりのある生活レベルになるでしょう。

家賃も高く、広めの間取りの高級賃貸マンションに住むことやワンルームマンションなどを購入して住宅ローンも払えるレベルです。

一般的に家賃の目安は手取りの約3分の1といわれるので、手取り40万円があれば、都内の家賃12万円~15万円ほどの1LDKのデザイナーズマンションなどに暮らるかもしれません。

家賃12万円と生活費12万円で24万円としても、手元には16万円残る計算に。貯金や投資をしたり、趣味を楽しんだり、旅行に出かけたり、余裕のある生活ができるでしょう。

夫婦二人暮らしの場合

ここでの夫婦は共働きではなく、一方のみが働き、もう一方は専業主婦か、扶養控除の範囲内で働いていると想定します。

基本的には、手取り40万円の年収で二人分の生活費をカバーすることになります。

都心のベッドタウンで家賃12万円の2LDKの部屋で暮らし、生活費は手取り額の3割と設定すると12万円となり、合計は24万円なので残額は2人分で16万円ほどとなるでしょう。

生命保険料の支払いをすることや将来マイホームを買うための貯金などにも回しやすいですよ。

子どもがいる場合

子どもがいる場合といっても、子どもの数や年齢で扶養控除額が異なり、学校が公立か私立か、塾や習い事はどのくらいしているかで教育費に差が出てきます。そのため、手取り40万円で生活レベルが豊かになるかは一概には言えません。

子どもの数が多いほど、教育費や食費などがかかるため、生活レベルは下がる傾向に。たとえば、子どもが私立に通い、塾や習い事をする場合や海外留学するなどとなれば、さらに家計を圧迫するでしょう。

そのため、手取り40万円で夫婦+子どもで暮らすには、家計のやりくりが重要になります。時には共働きで世帯収入を増やしたり、レジャー費を節約したりする必要があるでしょう。

手取り額40万円を達成するには転職を検討

手取り40万円があれば、一人暮らしや夫婦での二人暮らしの場合には余裕をもった生活ができるはず。手取り40万円を目指す場合や、既に手取り40万円でもより生活レベルを上げたい場合には、年収アップを目指すために転職を検討してみましょう

これまでの経験やスキルなどを高く評価してくれる企業や専門のスキルを活かせるIT業界などに転職することで、年収アップを目指せます。

中小企業から大手企業や外資系企業への転職をすることや中小企業でも管理職登用の求人に応募して採用されれば、年収アップが期待できるでしょう。

派遣社員の場合、手取りが40万円あったとしてもボーナスが出ない場合がほとんどです。正社員に転職することでボーナスが出る分、年収アップが目指せることもありますよ。

転職する際の注意点

転職したら、必ず年収がアップするわけではありません。

求人情報をよく確認するとともに、面接時や内定獲得時に条件交渉を行い、手取り40万円を下回らないようにすることが求められます。

また、年収がアップしても、社会保険料の控除額も増えることや所得税や住民税額も増える可能性があり、必ずしも手取り額が増えるとは限りません。

額面だけでなく、税金や家族構成を考えたうえで希望の収入を考えるといいでしょう。

おすすめの転職サイト・エージェント5選

生活レベルにゆとりが持てる手取り40万円以上を達成するための転職活動では、年収500万以上のハイクラス求人が豊富で、企業に対する条件交渉などもサポートしてくれる転職サイトや転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントは、一般的な転職サイトのように登録者が自ら求人を探して応募する方法ではなく、キャリアカウンセリングを行って、一人ひとりの適性や条件に合った求人を紹介してくれます。

内定獲得に向けた面接対策や履歴書添削などのサポートをはじめ、内定後の年収条件の交渉などもしてくれるのが特徴的。

おすすめの転職サイトや転職エージェントを5選ご紹介するので、転職活動の参考にしてください。

doda

dodaは、求人掲載数10万件以上と業界最大クラスの総合転職サイトです。求人掲載数が多いので、よりニーズに合った求人と出会える可能性が高まります。

dodaでは、35歳以下のユーザーが約7割と、若手から中堅人材のユーザーが多く、若手のキャリアアップを支援する求人が多いのも魅力的です。

大手や規模の大きな企業への転職、一般社員から総合職や管理職への転職など、キャリアアップやキャリアチェンジも目指せます。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、キャリアドバイザーが内定獲得までのサポートをはじめ、内定獲得後のフォローまでワンストップ対応してくれるサービスです。

丁寧なキャリアカウンセリングを行い、キャリアや経験、適性などに合わせた求人を紹介してくれるのが特徴的。履歴書や職務経歴書の添削や面接対策を行い、内定獲得までサポートしてくれますよ。

内定獲得後には年収の交渉などもしてくれることがあるので、手取り40万円を目指せるようしっかり相談しましょう。

リクルートエージェント

業界や職種に精通したキャリアアドバイザーがキャリア分析を行ってくれ、一人ひとりのキャリアや希望にマッチする求人を紹介してくれます。また、求人数が多いため、地方での転職を目指す方にも選択肢が広がるでしょう。

内定獲得できるよう、履歴書などの書類の添削、面接対策などを行ってくれるのも強みです。内定までのサポートだけでなく、内定後の年収交渉や入社日の調整などもしてくれる場合があります。

現在の職場を円満退社するアドバイスなどもしてくれるので、初めての転職で不安がある方も気楽に相談できますよ。

Green

Greenは、IT系やWeb系の業界に強く、成長力旺盛なITベンチャー企業をはじめ、業績の良い優良企業に至るまで、28,000件以上の求人が掲載されています。

満足のいく転職を目指し、入社後のミスマッチを防ぐ独自の機能やサービスがあるのが特徴です。たとえば、求人には、職場の雰囲気がわかる写真が掲載されています。

企業の担当者に直接質問をしてやりとりができるので、疑問の解消やあらかじめ年収交渉をすることも可能。IT業界に絞って転職活動をしたい方におすすめのサイトです。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、20代の未経験者向け就職・転職支援サービスです。20代のチャレンジやキャリアアップをサポートしてくれます。

未経験求人が豊富なので、未経験ながらもより年収が高い業界や職種などへの転職を目指したい方におすすめ!

選任のキャリアアドバイザーがつき、マンツーマンのサポートが受けられるため、初めての転職で困る心配もありません。

キャリアカウンセリングから履歴書添削、面接対策の提供をはじめ、LINEでいつでも相談できるのも便利です。働きながら転職活動をしたい方にぴったり。

転職により手取り40万円以上を目指そう

手取り40万円あると、独身なら生活レベルにゆとりが出る期待が持てます。一方、子どもがいると人数や年齢、学校や習い事、留学などにより教育費の負担が大きく、必ずしもゆとりある生活レベルになるとはいえません。

手取り40万円またはそれ以上を目指すなら、ぜひ転職を検討してみてくださいね。ご自身の市場価値を把握するためにも、転職サイトや転職エージェントに登録してみるのがおすすめです。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のサービスカテゴリー

新着記事

カテゴリー