28歳の平均年収はいくら?男性・女性別の給与や手取り額について解説

28歳の平均年収はいくら?男性・女性別の給与や手取り額について解説

自分以外の同年代の人がどのくらいの給料をもらっているのか気になる人は多いでしょう。

年収アップを目指して転職を考えている人も多いかもしれません。

この記事では、28歳の平均収入をご紹介します。

男性か女性か、正社員か否か、大卒か高卒かなどによる平均年収の違いや、年収から見た手取り額などもまとめているので参考にしてください。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

28歳の平均年収はいくら?

国税庁の民間給与実態統計調査によると、25歳~29歳の平均年収は389万円であり、これから推測すると28歳の平均年収は380万円程度であると言えます。

この数字はボーナスを含めたものであり、28歳の平均ボーナス支給額はおよそ65万円程度です。

男性の正社員の場合

大手求人サイトのdodaがサラリーマンを対象に行った調査によると、28歳の男性・正社員の平均年収は428万円です。一方で、28歳の男性・正社員の年収の中央値は400万円と、平均年収より28万円少なくなっています。

中央値は、データを大きさ順に並べ替えた時ちょうど真ん中になる値であり、20代でも非常に高額の年収を得ている人がいることを考慮した場合は、平均値よりも中央値のほうが実態を正しく反映していると考えられます。

ですから、28歳の男性・正社員の年収は400万円ほどと考えた方が、実際のイメージには近いといえるでしょう。

女性の正社員の場合

同じくdodaの調査によると、28歳の女性・正社員の平均年収は367万円です。また、中央値は350万円となっています。

同じ28歳でも男性・正社員と比べると平均年収で60万円ほど、中央値でも50万円ほど低い水準となっていることからもわかるように、性別の違いによって年収にも違いがあるといえるでしょう。

ちなみに、男女の年収差は若い時ほど小さく、25歳を超えたあたりから急激に広がっていくので、28歳になると顕著な差となります。

また、女性の年収は25歳くらいまでは男性に近いペースで増えますが、それ以降はほとんど横ばいになるのも大きな特徴です。

業種・職種で平均年収は違う?

28歳の平均年収を業種別で見ると、男性で最も年収が高いのはインフラ系や金融系が多い傾向にあります。金融系では、固定給以外のインセンティブ報酬が多いことが平均年収を押し上げている要因です。そのほか、メーカー、総合商社といった業界も上位にランキングされています。

女性は、ITや広告、メディア業界での平均年収の高い傾向にあります。

一方、職種別に見てみると、男性ではコンサルや監査法人など、高い専門性が求められる専門職の平均年収が高い傾向にあります。企画・管理系や営業系の職種も平均年収は高めです。

ただし、営業職は契約件数などによってインセンティブが発生する給与形態となっているので、年収に差が開きやすい傾向があります。

雇用形態で平均年収は違う?

雇用形態も平均年収を大きく左右する要素の一つです。

すでにご紹介したように、28歳の平均年収が380万円なのに対して、正社員として働く28歳の平均年収は428万円ですから、正社員と非正規雇用という雇用形態の違いで平均年収に大きな違いがあることがわかるでしょう。

学歴は平均年収に比例する?

学歴の違いが平均年収の違いにどのような影響があるのかということについても見ていきましょう。

最も学歴が高い大学院卒の20代後半(25~29歳)の平均年収が478万円であるのに対して、大卒の平均年収は431万円、高卒の場合は359万円ですから、学歴が高いほど平均年収が高い傾向にあります。

28歳の平均年収の手取りはいくら?

年収とは、会社から支給された金額全体を意味しますが、その金額をすべて手にすることができるわけではありません。

年収から所得税や住民税といった各種税金、さらに厚生年金保険や健康保険といった社会保険料が差し引かれるため、実際に手にすることのできる金額は年収よりも少なくなります。

年収から税金や社会保険料が差し引かれた金額が手取りです。手取りは、家族構成などによって金額が多少変動しますが、一般的には年収の8割程度の額となります。

28歳の平均年収が380万円なので、手取り額はその8割の300万円ほどということになります。

独身の場合

前述の通り、手取り額は年収から税金や社会保険料を差し引いたものです。

ただし、扶養家族の有無や扶養家族の人数によって税制上の優遇措置が受けられるため、たとえ同じ年収をもらっていたとしても、家族構成によって手取りの金額に違いが出ます。

独身の場合は、税金面での扶養家族が一人もいないということになるので、基本的に控除は受けられません。年収から所得税や住民税、社会保険料などを差し引いた金額がそのまま手取り額ということになります。

平均年収と同じ380万円の年収がある28歳の独身者の場合は、その80%である300万円程度がおおよその手取り額ということになります。

夫婦の場合

では、既婚者の場合はどうでしょうか。ここでは、夫婦二人暮らし(子どもなし)の家庭を例に挙げて考えてみます。

基本的に、税金は年収(正確には課税所得)が多いほど納税額も増えていく仕組みとなっていますが、扶養家族が増えることで税制上の優遇措置が受けられるため、納税額が減額されることがあります。

妻が専業主婦で収入がない場合は扶養家族としてカウントすることが可能です。その場合、扶養家族1人分の控除額を課税所得から減ずることができるため、結果的に手取り額が大きくなります。

具体的には、年収380万円で扶養家族が一人の場合は手取り額が310万円ほどになるので、独身者よりも6万円ほど増える計算です。

子どもがいる場合

子どもがいる場合はどうでしょうか。以前は、子どもがたくさんいる家庭ほど税金や社会保険料の控除額も大きくなったので手取り額も大きくなりましたが、現在は少し状況が変わっています。

というのも、16歳未満の子どもについては児童手当が支給されるようになったことで扶養控除の対象から外れたため、控除額には反映されなくなったからです。

ですから、夫婦2人と中学生以下の子ども2人であっても、扶養家族は1人であるため控除額は夫婦2人のときと変わりません。

ただし、16歳以上23歳未満の子どもについては教育費が高額になるため、扶養家族としてカウントすることが可能です。夫婦2人と高校生の子ども2人の場合は扶養家族が3人になり、手取り額も320万円ほどに増えます

28歳で転職するメリット

28歳での転職は遅いと感じている人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

28歳といえば大学を卒業して5年ほど経過していますから、社会人としてのマナーが一通り身についていますし、仕事に必要な知識やスキルもあります。

実績をアピールできれば、企業側から注目される存在となることもできるでしょう。

また、28歳という年齢は、まったく経験のない分野であってもポテンシャルを見込まれて採用される可能性も高くなります。

28歳で転職する際の注意点

28歳という年齢は転職には良いタイミングです。実際、総務省の調査によると最も転職が多いのは25歳~34歳の世代です。

しかし、逆に考えればライバルがたくさんいるということになりますから、魅力的な求人には多くの転職希望者が殺到することになり、厳しい競争を勝ち抜かなければなりません。

また、未経験の業界へ転職する場合は、これまでの職歴がリセットされてしまうため、ゼロからのスタートとなります。

年収も下がってしまうケースが多いため、待遇もしっかりチェックして転職先を決めることが重要になります。

28歳におすすめの転職サイト5選

28歳での転職を成功させるためには、転職サイトや転職エージェントといったサービスを有効に活用することが大切です。

特に未経験分野への転職の場合は、自分だけで志望する業界や企業の情報を手に入れることが難しいため、ミスマッチの可能性も高くなってしまいます。

転職のプロであるキャリアアドバイザーなどのサポートを受けることで、求人票だけではわからない情報が手に入りますし、書類作成や面接対策についてのアドバイスももらえます。

28歳におすすめの転職サイトをご紹介するので、ぜひ参考にして効率的に転職活動を進めましょう。

doda

パーソルキャリアが運営するdodaは、希望する条件を入力して自分に合った転職先企業を探すことができる求人情報サービスと、求人を紹介してもらう転職エージェントサービスの両方を利用することができるのが特徴です。

エージェントサービスを利用すれば職務経歴書の添削や面接対策など、転職を成功させるために有効なアドバイスをもらうことができます。

営業職に特化したエージェントやIT業界に特化したエージェントなど、業種・職種に強い専門エージェントもいるので、ほかのサイトでは出会うことのできない求人にも出会うことができるのも魅力です。

マイナビエージェント

マイナビグループが運営する転職エージェントです。マイナビは、新卒の就活サイトの分野ではNo.1の実績があり、20代の求人を豊富に保有しています。

サポートも充実しており、専任のキャリアアドバイザーによる転職サポートが受けられるほか、各業界事情に詳しいアドバイザーも多数在籍しているので、興味のある業界・職種について有益なアドバイスをもらうことができます。

リクルートエージェント

リクルートが運営する業界最大手の転職エージェントです。

公開・非公開合わせて40万件以上の求人を保有しており、数多くの求人のなかから自分の条件に合致する求人を見つけたいという人にはおすすめのサービスです。

さまざまな業界や職種を横断的に把握している「統合型転職エージェント」と特定の業種・職種に特化した情報を保有する「特化型転職エージェント」の2種類のエージェントがいるのもリクルートエージェントの特徴で、キャリア選択に迷っているなら統合型エージェント、すでに希望する業界や職種が決まっているなら統合型エージェントと使い分けることで、効率的に転職活動を進めることができます。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s、は20代の求人に特化した転職サイトです。同じマイナビグループのマイナビエージェントと比べると未経験OKの求人が多いのが特徴であり、求人全体の75%を占めています

これまでとは違う分野で働きたい正社員や職歴にこれといったアピールポイントがない第二新卒・既卒などにおすすめです。

20代は短期間で転職を繰り返す人も多いですが、マイナビジョブ20’sはマッチング率の高さに定評があり、転職3ヶ月後の定着率は95%以上です。

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoは、第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーターなどを対象とする、20代に特化した転職サポートサービスです。

プロのキャリアアドバイザーによる個別の就職相談で自分に適した業種や職種が見つかります。

もちろん、履歴書・職務経歴書の添削や面接の受け方などのアドバイスももらえるので、書類選考や面接の通過率も高くなります。

未経験OKの正社員求人を多く保有しているので、非正規雇用で年収に不満がある人は第二新卒エージェントneoで正社員を目指してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、第二新卒・既卒・フリーターなどを対象とする20代に特化した転職サイトです。

取り扱う求人の8割以上がポテンシャル重視の採用を行っている企業であり、未経験でも優良企業で正社員として働きたいという人におすすめのサービスです。

学歴や経歴に自信がない人のために転職サポートが充実しているのも大きな特徴となっています。

キャリアに関する相談や書類の書き方、面接の受け方などについても気軽に相談に乗ってもらえるので、1週間という短期間で転職が決まることもあります。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、リクルートが運営する国内最大級の転職サイトです。

同じくリクルートが運営しているリクナビエージェントはキャリアアドバイザーを活用して求人探しを行いますが、リクナビNEXTは膨大な求人情報から条件検索を行って自分で求人を探します。

自分で探すのは大変と感じるかもしれませんが、細かく条件を設定することが可能ですし、独自の高精度AIが導入されているので、自分では探し出せないような最適な求人に出会うこともあるでしょう

28歳は転職のベストのタイミング

28歳はこれまでのキャリアを活かして転職することも可能ですし、これまでの環境をリセットして思い切って未経験の世界に飛び込むことも可能です。

初めての転職で不安があるならば、エージェントを利用して効率的に転職活動を進めていくことをおすすめします。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のサービスカテゴリー

新着記事

カテゴリー