炭酸水が作れるウォーターサーバーのおすすめ4選!メーカーごとの特徴も解説

炭酸水が作れるウォーターサーバーのおすすめ4選!メーカーごとの特徴も解説

炭酸水の魅力は、弾ける泡の感触と喉越しの良さ。爽快感を得られるだけでなく、美容や健康のことを考えて飲む人も多く、注目されています。最近では「炭酸水が作れるウォーターサーバー」も登場していますよ。この記事では、日常的に炭酸水を楽しめるウォーターサーバーを紹介します。ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

炭酸水が作れるウォーターサーバーの特徴

ウォーターサーバーはボタンひとつで冷水・温水を楽しめるアイテム。そこへ炭酸水を作る機能をプラスしたのが、「炭酸水が作れるウォーターサーバー」です。炭酸水は水に炭酸ガスを混ぜて作られますが、ウォーターサーバーの種類によって作り方は大きく2パターンに分けられます。

ボタンを押して、直接ウォーターサーバーから炭酸水が出てくるものは、あらかじめ本体内で水と炭酸ガスを混ぜているタイプ。飲みたいタイミングですぐに炭酸水を用意できるのがメリットです。

自分好みの炭酸水を味わいたい方には、ウォーターサーバーの水に後から炭酸ガスを混ぜる方法がおすすめ。炭酸濃度を自由に調節できるので、微炭酸から強炭酸まで幅広い炭酸水を作れます。作り方も専用ボトルに水と炭酸ガスを入れ、好みの濃度まで振るだけと簡単です。

安く飲むなら炭酸水メーカーの方がおすすめ

炭酸水を作れるウォーターサーバー、炭酸水メーカー、どちらも自宅で手軽に炭酸水を楽しめますが、コスト面も気になるところ。ボタンひとつですぐに冷えた炭酸水を飲めるのは魅力的ですが、価格を重視するなら多少手間でも炭酸水メーカーを選ぶとよいでしょう。

従来から普及しているウォーターサーバータイプは、本体のレンタル料や補充する水代がかかります。さらに、炭酸水を作るカートリッジの代金もプラス。一方、炭酸水メーカーなら手頃な価格の本体を選べます

炭酸水ウォーターサーバーは気軽に飲めるのが魅力

炭酸水メーカーに比べてコストはかかりますが、ウォーターサーバータイプにも見逃せないメリットがあります。ウォーターサーバー最大の特徴は、ボタンを押せばすぐに冷水・温水が出せるところ。炭酸水もしっかり冷えた状態ですぐ出るので、好きなタイミングで飲めます

またウォーターサーバー本体が比較的大きいため、作れる炭酸水の量も多めです。毎日欠かさず飲んでいる、晩酌でお酒を割るのに使っている、料理にも頻繁に活用しているなど、たくさん炭酸水を消費する方にはおすすめです。

炭酸水メーカーとウォーターサーバーの併用も

炭酸水を手軽に楽しみたいけれどコストも心配という方は、通常のウォーターサーバーと炭酸水メーカーを併用してみてはいかがでしょうか。

ベースの水にそれほどこだわりがなければ、水道水をろ過するタイプのウォーターサーバーが手頃でおすすめ。ろ過した水に炭酸水メーカーでガスを充填し、炭酸水を低コストで作れます。省スペースでウォーターサーバーを置きたい場合は、卓上タイプを選ぶと良いでしょう。一度にたくさん作れなくても、ひとり分なら充分のはずです。

ウォーターサーバーも種類が豊富なので、どんなシーンでどれだけ炭酸水を飲むかを考えて、炭酸水メーカーとの併用も考慮してみましょう。

サーバーをレンタルで使う際の使用料

大型のウォーターサーバーを個人で使う場合、一般的にはレンタルします。レンタル料の内訳は、サーバー本体の月額使用料と宅配水の代金が基本。ウォーターサーバーに炭酸水を作る機能が搭載されていると、ここに炭酸カートリッジ代が上乗せされます

月々の使用料は各メーカーごとに異なりますが、サーバーのレンタル代は2000円前後、水代は購入した量によって2000~5000円程度と幅広いです。炭酸カートリッジは、ガスの容量によって700~1500円程となっています。その他、初期費用として3000円前後必要なケースもあります。

毎月かかる電気代も、ウォーターサーバーをレンタルする上で意識したい費用です。約1000円~とそれほど大きくない額ですが、月々の電気代に確実に上乗せされます。ウォーターサーバーをレンタルする際は、本体にエコモードなどの節約機能が付いているかを確認しましょう。

炭酸水を楽しむ3つの方法とその比較

自宅で炭酸水を味わう方法としては、市販のペットボトル飲料、炭酸水を作れるウォーターサーバー、炭酸水メーカーの3種類があります。それぞれの特徴を比較するので、どれが自分の用途や好みに合っているか選ぶ参考にしてみてください。

500mlあたりの金額の比較

ウォーターサーバーや炭酸水メーカーを比較する際に、最も分かりやすいのは500mlあたりにかかる金額でしょう。市販のペットボトルなら、コンビニやスーパーで1本100円前後で購入できます。ウォーターサーバーの「クリクラ」は、500mlあたり104.5円程。ペットボトルよりやや高いものの、いつでも冷えた炭酸水を味わえるのは魅力です

本体が高額な炭酸水メーカーは、一度買ってしまえばランニングコストはとてもリーズナブル。500ml作るのに13~18円程度しかかかりません。初期費用は必要ですが、長い目でコストを抑えるなら炭酸水メーカーがおすすめです。

機能を比較

炭酸水は喉に爽快な刺激を与えてくれるのが大きな特徴です。しかし、どんなに強い炭酸水でも時間が経てばガスが抜け、その魅力は半減します。そのためペットボトルなどは開封してからなるべく早く飲み切るのがベスト。

一方、ウォーターサーバーや炭酸水メーカーは、すでに作った炭酸水に再び炭酸ガスを加える「追い炭酸」が可能です。水だけでなくジュースやお酒など、飲み物によって炭酸濃度を変えられるため、より自分好みの炭酸水を味わえます。

それぞれのメリット・デメリット

炭酸水を自宅で楽しむ際、何を優先するかによって選び方も変わります。コストや機能、手軽さなどそれぞれにメリットとデメリットがあるので、用途に応じたものを選ぶのがポイントです。

ウォーターサーバーは常に冷水と温水を用意でき、飲みたいタイミングにすぐ炭酸水を出せるのがメリット。おいしい天然水をベースに使っているので、味にこだわる方にもおすすめです。一方、サーバーのレンタル料がかかりメンテナンスも必要になります。

炭酸水メーカーはコストを抑えて炭酸水を作れるのが魅力です。自分で専用容器を振って作るため、好みの炭酸濃度に調節することもできます。簡単に炭酸水を楽しめますが、あらかじめ冷水の準備が必要です。

ペットボトルは作る手間いらずなのが利点です。しかし1本100円前後とコストは比較的高く、ゴミも出ます。まとめ買いなどで安く購入しても、お店から自宅まで距離があると運ぶのが大変です。

3種類それぞれに持ち味が違うため、どんな場面でどれだけ飲むか、自分のライフスタイルと照らし合わせて考えてみましょう。

炭酸水を作れるウォーターサーバーの選び方

炭酸水を自宅で手軽に味わえるウォーターサーバーは、高額なアイテムです。それだけに慎重に選びたいですが、どの商品も似通っていて迷ってしまう方も少なくありません。そこで、選ぶ基準の重要項目をピックアップしてみましょう。

1.炭酸ガスの注入方法で選ぶ

炭酸水ウォーターサーバーは、ボタンを押せば本体から直接炭酸水が出るタイプと、専用容器を使って後から炭酸ガスを注入するタイプがあります。どちらを選ぶかで利便性が異なるため、この項目は要チェックです。

サーバー本体から出すタイプ

従来の使い勝手はそのままに、ウォーターサーバーに炭酸水を作る機能を加えたのが、本体から直接出てくるタイプ。サーバー内部であらかじめ水と炭酸ガスを混ぜているため、ボタンひとつの簡単操作ですぐに冷えた炭酸水を用意できます。1つのカートリッジでたっぷり炭酸水を作れるのも魅力的。これまでの冷水・温水機能はもちろん、各メーカーこだわりのおいしい天然水を味わえるのもポイントです。

仕事や家事に忙しい方や、飲み物以外に料理などさまざまな用途に炭酸水を活用するケースは、すぐに使えてたくさん出せるウォーターサーバー本体から直接出るタイプを選ぶと良いでしょう。

ガスを後から注入するタイプ

できたてのフレッシュなおいしさにこだわるなら、炭酸ガスを後から天然水に混ぜるタイプがおすすめです。専用容器に水と炭酸ガスを入れ、手で数回振るだけで好みの炭酸水に仕上がります。ポイントは、炭酸ガスの注入量や振る回数によって、自由に炭酸の強さを変えられる点。その時々の気分やシーン、ドリンクの種類によって微炭酸から強炭酸まで好みの1杯を作れます。

また、こちらのタイプは炭酸が抜けてしまった飲み物も復活させられるのがメリット。炭酸ガスの注入手順は変わらないため、最後までおいしく味わえるでしょう。

2.メーカーごとの特徴で選ぶ

炭酸水に対応したウォーターサーバーは、販売メーカーによっても特徴が異なります。サービスの利便性、天然水の味わいなどは、特に重要な比較のポイントです。無理なく続けられる金額かどうかも確認しましょう。地域によっては対応していない商品もあるため、住んでいる場所も踏まえて検討するのがおすすめです。

コスパに優れた「日光の雫」

炭酸水を低コストで手軽に楽しむなら、「日光の雫」は外せません。導入費用がかからず契約の縛りや解約金もなし。月額料金も3000~5400円と他社より安めで、気軽に始めるにはもってこいです。またボタンがひとつで、炭酸水を作るのに特化しているのも特徴のひとつ。冷水・温水機能はありませんが、ただ炭酸水を楽しむには充分でしょう。

低コストで始めやすい「日光の雫」ですが、東京や千葉、埼玉など一部のエリアでしかサービスが提供されていないため、申込時は対象エリアかどうかも要チェックです。

沖縄以外全国対応の「クリクラ」

冷水・温水はもちろん、炭酸水もタッチパネルの簡単操作で楽しめるのが「クリクラ」のウォーターサーバーです。メディアでもおなじみで全国48か所に展開しているため、安心感もあるかもしれません。

さらに「クリクラ」が扱う宅配水は不純物の少ないRO水で、天然水を使うメーカーより水代が安いのもポイント。炭酸カートリッジ1本で作れる炭酸水は、500mlペットボトル約20本分です。手間いらずで冷水と温水、炭酸水を楽しめる、コストパフォーマンスの良いウォーターサーバーといえるでしょう。

天然水を楽しむなら「キララ」

ウォーターサーバーのサイズや機能性、水の質で選ぶなら「キララ」がおすすめ。スリムな本体は奥行わずか18cmで、部屋が狭くならず設置スペースにも困りません。冷水と温水も楽しめて、炭酸水は専用容器を手で振って作るので、好みの炭酸濃度を実現できます。

こだわりの宅配水は、ミネラルたっぷりの天然水。ミネラルは人間の体に必要不可欠なものなので、日ごろから口にするものに気を付けている方にはぴったりですね。

水道直結型なら「WILL WATER」

「WILL WATER」は、水の使用量を気にせずに済むウォーターサーバーです。サーバー本体と水道を直結させるため、月半ばでいつもより多く使っていても、水の残量確認は要りません。宅配水のように注文した水を頑張って飲み切らなくても良く、ボトル交換の作業からも解放されます。冷水・温水・炭酸水をその時々で使う分だけ作れるのが最大の魅力です。

炭酸水が作れるウォーターサーバーのおすすめ4選

メーカーによって特色が分かれる、炭酸水に対応したウォーターサーバー。それぞれ独自の魅力があるため、どれが良いか迷ってしまいますよね。これから紹介する4点は、どれも甲乙つけがたいおすすめのアイテムです。ぜひ参考にしてみてください。

キララウォーター キララスマートサーバー

キララウォーターの「キララスマートサーバー」は、スリムなフォルムで部屋を圧迫しにくいのが魅力です。奥行が18cmしかなく、マンションなどでも設置スペースを確保できるため、今までサイズで諦めていた方にもぴったり。ミネラル豊富なこだわりの天然水で炭酸水を作れるのも魅力です。

機能面でも優れており、特に定期メンテナンス不要のオートクリーンシステムは嬉しいポイント。常にサーバー内が衛生的に保たれているため、子どもからお年寄りまで安心して炭酸水を飲めます。

日光の雫 炭酸水専用サーバー

できるだけ低価格で使いたいという方には、日光の雫のウォーターサーバーがおすすめ。冷水と温水の機能はないものの、炭酸水だけを目当てにするのならリーズナブルといえます。

気になる月額料金は水の購入量で変わり、3000円・4200円・5400円の3段階。初期費用がかからず解約金もないため、気軽に始められるでしょう。

注意点としては、東京、千葉、埼玉、栃木、群馬の5エリアでしかサービスが提供されていないこと。対象地域に住んでいるなら、お得に炭酸水のウォーターサーバーを楽しめます。

クリクラ マルチサーバー クリクラShuwa

ワンタッチで炭酸水を出せて、冷水と温水も使える「クリクラShuwa」は、特に手軽さ重視の方に向いています。カートリッジ1本で作れる炭酸水は500mlペットボトル約20本分と、コストパフォーマンスも高いです。再加熱機能で熱湯も出せるため、料理に使ったり、忙しい朝にサッと人数分のコーヒーを用意したりできます。共働きの家庭や家族が多い家庭などで、一台あると助かるでしょう。

WILL WATER PSJ SPARKLING

自宅の水道をサーバー本体に繋げて使えるのが「WILL WATER PSJ SPARKLING」です。水を注文せずに済むので、毎月の使用量が一定でない方でも安心。冷水や温水、炭酸水は、その都度サーバー内の特別なフィルターを通して作られるため、いつでも新鮮な状態で楽しめます。全ての操作がタッチレスで完結する仕組みもポイント。安全で衛生的な水を味わえます。

炭酸水をウォーターサーバーで手軽に作ろう!

炭酸水は体に爽快感を与え、気分をリフレッシュしてくれます。自宅に炭酸水対応のウォーターサーバーがあれば、気が緩みがちなリモートワークも捗るかもしれませんね。ワンタッチですぐ飲めるものから、手で振って炭酸の強さを変えられるものまで、ラインナップが幅広いのも魅力。今回の記事を参考に、自分にぴったりの炭酸水ウォーターサーバーを探してみてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のサービスカテゴリー

新着記事

「暑いとご飯作る気がしない!」「疲れている時の救世主!」便利な冷凍食品がAmazonプライムデーでお得【17日まで】

「お家の住み心地レベルアップ!」DIY・ガーデン・スマートホーム用品のおすすめはこちら【Amazonプライムデー2024】

「貼っとけばよかった・・・」にならないように!簡単に貼れて画面をしっかり守るスマホのガラスフィルムがこちら!【Amazonプライムデー2024】

「超便利!」「こんなのあるんだ!」色んな種類の両面テープがAmazonプライムデーでお買い得【17日まで】

「定番こそセールで買おう!」Amazonプライムデーでセール中のニューバランスのスニーカーとサンダル【17日まで】

「もっと早く知りたかった!」「こんなのあったんだ!」話題の生活家電をご紹介【Amazonプライムデー2024】

「超便利!」「もっと早く買えばよかった!」話題のキッチン用品がこちら【Amazonプライムデー2024】

「圧倒的な効率で歯が綺麗に!」お買い得な電動歯ブラシで歯を磨こう!【Amazonプライムセール2024】

「狙ってる人は大注目!」「アレがこんなに安く?!」MacBookがAmazonプライムセールで割引中!【17日まで】

「iPadを買うなら今!」「早い者勝ち!」iPadがAmazonプライムデーでセール価格に【17日まで】

カテゴリー