この記事で紹介されている商品
ベージュのラグのおすすめ10選!肌触りのいいふわふわ素材のラグや円形ラグなど

ベージュのラグのおすすめ10選!肌触りのいいふわふわ素材のラグや円形ラグなど

ナチュラルな雰囲気の部屋に合うラグをお探しの方には「ベージュのラグ」がおすすめです。この記事では、おしゃれな北欧風のものから、汚れてもすぐに洗える洗濯機OKのものなど、様々なベージュのラグをご紹介します。ふわふわな触り心地やラグの形状にも注目して、一番好みのデザインを選んでみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ベージュのラグの魅力

落ち着いた雰囲気を醸し出すベージュのラグは、どんな部屋にも馴染みやすく、穏やかな雰囲気を演出してくれます。白基調や木目調のインテリアとの相性もよいので、派手すぎずナチュラルな部屋に仕上げたい方に最適です。

部屋のラグはホコリやシミが付いてしまい、汚れるたびに洗濯したり、新しいものを購入したりしなければならないですよね。ベージュのラグなら比較的汚れが目立ちにくいので、ダイニングテーブルの下に敷くのにもぴったりでしょう。

ベージュのラグの選び方

ここからは、ベージュのラグを購入する前にチェックしておきたいポイントをご紹介します。ベージュにもいくつかの色味があり、柄の有無によっても部屋の印象を左右するので、好みのものを選んでみてくださいね。

1.ベージュのカラートーン・明度で選ぶ

ベージュと言っても1色ではなく、トーンや明度によって細かく分けるとさまざまなベージュが存在します。4種類のベージュの特徴をご紹介するので、どんな雰囲気の部屋にしたいかどうか検討しながら、お好みのカラーをチョイスしてみるといいでしょう。

ライトベージュ:ナチュラルな雰囲気に

ライトベージュは、ベージュよりも淡く白っぽい色です。普通のベージュよりもトーンが明るいため、部屋が暗い印象になりにくいのが特徴です。

ナチュラルテイストな木目調のインテリアと合わせやすく、シンプルでおしゃれな印象になるでしょう。同系色のインテリアでまとめると、部屋に統一感が出て清潔な印象を与えられますよ。

ダークベージュ:落ち着いた空間に

ダークベージュは、ベージュよりも彩度が低く暗めの色です。ダークベージュの中にもいくつか種類がありますが、茶色に近い色を想像するとわかりやすいかもしれません。

普通のベージュよりも落ち着いたトーンのカラーなので、クールな印象の部屋に仕上げたいときは、ダークベージュのラグを取り入れると引き締まった空間を演出できるでしょう。

グレージュ:上品なお部屋にピッタリ

グレージュはベージュにグレーを混ぜた色で、ダークベージュとは異なる落ち着いた雰囲気と上品さを持っています。黒基調のインテリアにも溶け込みやすく、シックで大人な印象にしたい方にもぴったり。

グレージュだけで統一すると部屋がぼやけた感じになりがちですが、ゴールドやシルバーなどのアクセントカラーを加えると、よりエレガントに仕上げられますよ。

ピンクベージュ:かわいらしい印象に

ピンクベージュはベージュにピンクが混ざった色で、品のあるカラーです。普通のピンクよりも派手すぎないので、ラグにも取り入れやすいでしょう。

シンプルな部屋の差し色にも適しており、グレー系のインテリアとの相性もよいので、あたたかみのある大人かわいい部屋に仕上げたい方におすすめです。

2.柄の有無で選ぶ

ラグには柄が入ったものと、入っていない無地のものがありますが、どちらにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。ここでは、無地のラグならではの魅力と、おすすめの柄を2種類ご紹介します。

無地でシンプルに

「ラグを部屋に置いてみたら、思ったよりも柄が派手で目立ってしまった」という失敗が心配な方は、無地のラグを選ぶのがよいでしょう。

ベージュで無地のラグはどんな部屋にも馴染みやすく、落ち着いたトーンの雰囲気を演出できます。いろいろなベージュの色合いの中から好みのカラーを選んでみてくださいね。

北欧風デザインはインテリアに馴染みやすい

北欧風のラグには、幾何学模様やリーフ柄、花柄などの柄が入っていることが多いです。ベージュのラグを選ぶと、ウッドテイストなインテリアや、あたたかみのある照明にマッチしやすいでしょう。

派手すぎず、やさしい色合いが部屋のアクセントカラーになり、おとなしい、落ち着いた雰囲気を和らげて華やかな印象をもたらしてくれます。

花柄でエレガントな雰囲気に

花柄のラグは、花の種類によっても印象が大きく変わります。バラを使ったラグは高級感あふれるヨーロピアン調で、部屋に敷くとエレガントな印象を与えられるでしょう。

また、さまざまな草花をあしらったボタニカルなラグの中にはポップな雰囲気のものもあり、地味になりがちなベージュのラグに華やかさをプラスできます。

3.形状で選ぶ

ラグには四角、円形、楕円形などいくつかの形状があります。どの形状を選ぶかによって部屋の印象も変わるので、色や柄と一緒にこだわって選びたいポイントです。それぞれの形状の特徴を見てみましょう。

四角:インテリアに馴染みやすい

四角いラグはもっともスタンダードな形状で、部屋のサイズに合わせて選べば無駄なく広々と使える点が魅力です。配置場所にも迷いにくく、すっきりとした印象を与えられますよ。

正方形と長方形どちらかにするかは、ラグを敷きたい場所や家具のサイズなどを計測したうえで、ジャストなものを選ぶようにしてください。

丸(円形):アクセントにも

丸い形状のラグは角がないため、やさしい雰囲気があります。部屋に馴染むというよりは、一つのインテリアとして良いアクセントになるのがメリット。

ベージュの丸いラグは大人っぽく穏やかな印象の部屋に合わせやすいので、ナチュラルテイストな落ち着いた部屋に仕上げたい方はチェックしておくと良いでしょう。

楕円形など個性的な形も

円形のラグは小さな家具の下に敷くのには向いていますが、長めのテーブルだとラグからはみ出してしまうかもしれません。

それでも丸みのあるあたたかい雰囲気のラグが好みの方は、テーブルの長さに合わせて楕円形のラグを選んでみるとよいでしょう。

個性的な形状のアイテムは存在感が出るので、こだわって選んでみるのも良いですね。

4.毛足の長さをチェック

ラグは、商品によって毛足の長さが異なります。毛足の長さが3cm以上のものをシャギーラグと言い、もこもことした質感と存在感が特徴です。部屋に個性を出したいときに最適ですが、掃除がしにくいという点には注意しておきましょう。

部屋にあまり圧迫感を与えずに自然な感じでラグを置きたいと考えている方は、毛足の短いものを選ぶのが無難です。毛足のへたりも気になりにくく、長く愛用しやすいですよ。

5.季節にあわせて素材で選ぶ

一年を通して快適に使いやすいのがウール素材のラグです。断熱性に優れており、床からの冷たい空気を感じにくいため、冬の使用に向いています。一方で、湿度を調節できる効果もあることから、ジメジメした暑い季節でも使いやすいでしょう。

ほかにも、肌触りのよさで選ぶならコットン素材のラグがおすすめです。薄手でボリューム感が出にくいので設置しやすく、ふわふわのファーよりも暑苦しい印象を感じさせません。

6.便利な機能に注目

ラグは身近なアイテムのひとつなので、便利な機能にも注目して商品を選ぶようにしましょう。ここでは、ラグを購入するときにチェックしておきたい2つの機能性をご紹介します。

洗えるタイプならお手入れが楽

ラグは素足で歩いたりご飯を食べこぼしたりしたときに、汚れが付きやすいですよね。特に子どものいる家庭では、洗濯機で洗えるタイプを選んでおくとよいでしょう。

洗濯ができなくても、汚れがしみにくい撥水加工が施されたものであれば、多少の汚れは軽減できます。お手入れの気軽さを重視する方にとってはとても重要なので、ぜひ押さえておきたいポイントです。

床暖房・ホットカーペット対応

自宅が床暖房仕様になっている場合や、ホットカーペットの上にラグを敷きたい場合は「床暖房・ホットカーペット対応」のラグを選ぶようにしましょう。

ラグによっては、床暖房やホットカーペットの熱が原因で劣化してしまうことがあります。安全性を考慮する必要もあるため、床暖房やホットカーペットを使用しながらラグも設置したい方は注意してください。

ベージュのラグのおすすめ10選

ここからは、おすすめのベージュのラグを10商品ご紹介します。部屋の雰囲気に合わせて色味や形状、素材などを選んでみてくださいね。

高密度に敷き詰められた毛足がふわふわとしており、肌触りがよい点が魅力です。クッション性もあるため、そのままラグの上に座ったり、寝転んだりしても心地よいでしょう。毛足は4mm程度と短めで、掃除機をかけやすく、お手入れも簡単。抗菌防臭・防ダニ加工が施されているので、ペットを飼っている家庭にもおすすめですよ。

あたたかみのあるベージュにおしゃれな模様が施されたラグです。トルコ製でウィントン織りという手法で作られています。落ち着きがありつつもインパクトのある模様が部屋を明るい雰囲気にしてくれるでしょう。床暖房やホットカーペットに対応しているので、冬場の寒い時期にも活躍してくれますよ。ナチュラルテイストなラグを探している方はチェックしてみてくださいね。

SAFAVIEH プラッシュエリアラグ ベージュ

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(1,488件)

>

商品情報

ブランド Safavieh
サイズ 122×183×厚さ5cm
材質 ポリエステル 70% 植物繊維(ジュート) 30%

ふかふかな触り心地が特徴で、部屋に比較的馴染みやすいベージュカラーとなっています。しっかりした厚みがあり、専用の機械で織り込んでいるため、パイルの毛が抜けにくいのもメリットでしょう。長く愛用してもふかふかをキープしやすく、寝転んでも毛がまとわりつきにくいのがうれしいですね。足を踏み入れることが多いリビングへの設置にも向いています。

イケヒコ・コーポレーション ラグ ジャガード織 ベージュ

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(2件)

>

商品情報

ブランド イケヒコ・コーポレーション
サイズ 200×240cm
材質 ポリエステル, ポリウレタン

ナチュラルな白基調や木目調の部屋にも馴染みやすいモロッカンスタイルの柄は美しく、程よいアクセントになります。ラグの中材にウレタンが使われているため、クッション性もしっかり感じられるでしょう。ラグの裏面には滑り止め加工が施されており、ずれにくいのもポイントです。

キルト生地のラグは、無地でもシンプルすぎないおしゃれ感を演出できます。ベージュのラグは地味になってしまいがちですが、キルト生地であれば主張しすぎずにナチュラルな存在感を出せるでしょう。薄手に見えますが、中材には硬めの綿が使われているため、床の硬さを感じにくくなっています。ラグに座り込んでもふかふかで心地よいですよ。

ニッセン マイクロファイバー円形カラーラグ ベージュ

Amazonカスタマーレビュー

4.6

Amazonカスタマーレビュー

(3件)

>

商品情報

ブランド nissen(ニッセン)
サイズ 約200cm円形
材質 ポリエステル

円形のラグはインテリアのひとつとして取り入れやすく、選ぶベージュの色味によってはアクセントカラーにも使えるでしょう。シンプルな部屋に個性を出したい方にもぴったりですよ。ラグの表面はマイクロファイバーと呼ばれる素材を使用しており、通気性と保温性に優れています。季節問わず、オールシーズン使える点も大きなメリットです。

ニッセン 洗える防ダニ・抗菌防臭シャギーラグ ベージュ

商品情報

ブランド nissen(ニッセン)
サイズ 約130×185cm(楕円)
材質 ポリエステル

毛足は約25mmと厚手で、ふかふかとした触り心地が特徴です。ボリューム感がある分、部屋に置いた時にしっかり主張してくれるため、ラグで部屋の印象を一気に変えたい方にもおすすめですよ。また、ネットに入れれば洗濯機で洗濯することも可能。抗菌・防臭効果もあるため、よく足を踏み入れる場所に置いても清潔に保ちやすいでしょう。

民族調の幾何学模様が印象的なラグで、部屋に敷くと個性的な雰囲気をプラスできます。中央アジアの伝統的な「キリム柄」というデザインがベージュとほどよくマッチ。ワントーンな部屋の雰囲気をガラッと変えたいと思っている方や、幾何学模様のラグを探している方にも適しています。両端のフリンジがアクセントになって、より部屋のおしゃれ感がアップするでしょう。

タンスのゲン シャギーラグ 円形 ラメ入りベージュ

Amazonカスタマーレビュー

4.0

Amazonカスタマーレビュー

(14件)

>

商品情報

ブランド タンスのゲン
サイズ 140×140cm【丸型】
材質 ポリエステル

ラグの素材に光沢のあるラメ糸が織り込んであり、光が当たる場所に置くとキラッと美しく輝いてくれます。毛足は4cmと長めなので、無地でもシンプルすぎずエレガントな印象を与えられるでしょう。ホットカーペットや床暖房にも対応しているので、季節にかかわらず一年中敷いておけますよ。シャギーラグは寒い時期に活躍するイメージがありますが、さらっとした肌触りで夏場でも使いやすくなっています。

はっきりとしたチェッカーデザインのラグです。主張の強い柄が施されているので、ラグを敷くことで部屋の印象をガラッと変えたい場合にも重宝するでしょう。8~10mmのウレタン入りの表面は、ふわっとした触り心地で底つき感が少なく、長時間の使用でも快適にお過ごしいただけます。摩耗に強く、遊び毛や抜け毛が少ないため長持ちし、新生活や一人暮らしにもぴったりですよ。

ベージュのラグでナチュラルな部屋を作ろう

おすすめのベージュのラグをご紹介しました。ベージュはシンプルな色ながら、毛足の長さや素材、形状によっては、部屋のよいアクセントにもなるでしょう。ベージュのトーンにもいろいろな種類があるので、自宅のインテリアや床、壁の色と合わせて選んでみてください。

こちらもチェック!
ラグ用に使える滑り止めのおすすめ18選!シートやシールタイプなど紹介

ラグやカーペットがズレたり滑ったりするのを防いでくれる「ラグ用の滑り止め」。シートやシールなどさまざまなタイプがあり、どれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。この記事ではラグ用に使える滑り止めのおすすめ商品をご紹介します。滑り止めのタイプやサイズなど選び方についても解説するので、ぜひご覧ください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のインテリア・家具カテゴリー

新着記事

カテゴリー